関東一覧

あまりにマニアックな再現度!「松戸市立博物館・常盤平団地」【千葉】

1964年(昭和37)のとあるお宅にお邪魔しました。ここは千葉県松戸市立博物館内にある常盤平団地の再現コーナー。そのあまりに細かい設定とリアルすぎる再現度にびっくり! 

日本一トーテムポールが乱立する公園「流山市総合運動公園」【千葉】

あっちもこっちもトーテムポール! 千葉県の流山市総合運動公園にはいたるところにトーテムポールが点在しています。どれも手作り感あふれる個性的な作品ばかり。いったいなぜ?

奈良時代の絶世の美女・手児奈「弘法寺・手児奈霊神堂」【千葉】

千葉県市川市の弘法寺には、常に濡れている涙石の他にもう一つ不思議ないわれのある場所があります。それは手児奈霊神堂。絶世の美女手児奈にまつわる、悲しい伝説をご紹介しましょう。

どんな晴天でも常に濡れている不思議な石「弘法寺・涙石」【千葉】

弘法寺は千葉県市川市の真間山という丘にある古刹。しかしその石段に一風変わった言い伝えがあることを知る人はあまりいません。どんな晴天の日でも常に湿っている涙石のお話です。

足を踏み入れたら二度と出られない森「八幡の藪知らず」【千葉】

入ると二度と出られないと言われる不思議な森が千葉県市川市にあることをご存知ですか? その名は八幡の藪知らず(不知八幡森)。交通量の多い街のど真ん中にある森を訪ねました。

(閉鎖)さらば! ありし日の蝋人形館「東京タワー」【東京】

かつての東京のシンボルと言えば東京タワー。その中に1970年から2013年まで異彩を放っていた名珍スポット・蝋人形館がありました。ずっとお蔵入りしていたレポをどうぞ。※この記事は閉鎖前のレポートです。

不死鳥のごとく何度も蘇った関帝廟「横浜中華街・関帝廟」【神奈川】

関帝廟は『三国志』でおなじみの関羽が神格化され祀られている宗教施設です。神奈川県横浜市の中華街にある関帝廟は豪華絢爛! 3度の消失にもかかわらず1990年に美しく蘇りました。

足の速い人は美女と出会える!「野火止塚と業平塚・平林寺」【埼玉】

足の速さに自信がある? 俊足自慢の男性は埼玉県新座市の平林寺へGO!「野火止塚の周りを息を止めて三周走ることができれば、近々絶世の美女と出会える」という伝説があるお寺です。

なぜ唐突に翼竜が!?「東原親水公園・プテラノドン休息所」【埼玉】

住宅街にプテラノドンが出現! マンションを背景にのどかな公園を舞う翼竜はなんともシュール。なぜプテラノドン? 埼玉県ふじみ野市の東原親水公園に設置された休息所です。

トイレから防災倉庫へと再利用「福岡中央公園の新幹線」【埼玉】

埼玉県ふじみ野市の福岡中央公園に変わったトイレがあるときいて訪れました。グリーンとホワイトに塗り分けられた新幹線。2016年にトイレから防災倉庫へと生まれ変わりました。

目がくらむほどドハデ! 関東で一番近い台湾「聖天宮」【埼玉】

你好! 今私は台湾に旅行中です──なんてことはなくて、ここは埼玉県坂戸市です。聖天宮は5千頭の龍で装飾された道教のお宮です。コスプレ撮影会も開かれる超ドハデ中国建築ですよ。

なでると一つだけぬくもりを感じる像「喜多院・川越大師」【埼玉】

川越大師の名前で人気のお寺、埼玉県の喜多院にはさまざまな七不思議が伝えられています。七不思議の一つ五百羅漢は、なでるとたった一つだけぬくもりを感じる像があるんですよ。

疲れたあなたに音と香りの癒やしを「彩の国音かおりの里」【埼玉】

埼玉県さいたま市の彩の国音かおりの里は、様々な音のしかけと香りを楽しめる公園。緑の中でいろんな音に耳を澄まし花の香りを吸い込めば、日頃のストレスが癒やされますよ。

あの金色に輝くロケットは何だ?「大宮駅のロケットビル」【埼玉】

埼玉県の大宮駅近くに一風変わった形の建物があります。金色にピカピカと輝くロケット型のビル。遠くからでもかなり目立つこのロケットはいったい何? 夕暮れ時に訪れてみました。

まさにフリーダム! 手作り感あふれる羅漢像「定福院」【埼玉】

羅漢、羅漢、羅漢! 羅漢の石像が700体以上も境内にひしめいています。ここは埼玉県久喜市の定福院。これらの羅漢像は地域の「羅漢を彫る会」の方々による手作りの石像なんですよ。

住宅街に突如出現する黄金の仏像「弥勒大仏・天道 聖明王院」【埼玉】

埼玉県加須市の住宅街にいやが上にも目立ってしまう、黄金の仏像が浮かんでいます。キラキラと輝く布袋様? これはいったい何!? 天道聖明王院の信者さんにお話をうかがいました。

ここはインカかマヤか? 古代神殿を探検「八幡山古墳」【埼玉】

インカ神殿? マヤ遺跡? いいえ埼玉県行田市の八幡山古墳です。巨大石室に入れば南米の古代神殿を探検しているかのような気分にひたれます。埋葬者はいったい誰か、謎に迫ります。

6000体の性器を赤く塗られた猿と大ケヤキ「三ツ木神社」【埼玉】

6000体もの猿の像が奉納されている、埼玉県鴻巣市の三ツ木神社。猿はどれも性器が彫刻されており赤い粉がかけられています。いったいなぜ真っ赤? 猿の像のいわれと大欅について。

財宝が埋まっている場所がポンポンと鳴る!?「ポンポン山」【埼玉】

吉見百穴で知られる埼玉県比企郡吉見の北に、ポンポン山という面白い名前の山があります。この山頂に立って足を踏み鳴らすと「ポンポン」という音がするんですよ。いったいなぜ?

まるで宮殿! 明治・大正のセルフビルド建築「岩窟ホテル」【埼玉】

埼玉県の吉見百穴、岩室観音の近くに奇妙な廃墟があります。これこそセルフビルドの元祖・岩窟ホテル。今から110年以上前、1904年に高橋峰吉氏自らが掘り始めた岩の宮殿です。