九州一覧

境内の中を電車が走ってる!? 焼き物の街の「陶山神社」【佐賀】

佐賀県の有田町は焼き物の町。住民のうち社会人の約7割が焼き物関係のお仕事をなさっています。そんな有田町のユニークな神社が陶山神社は境内を電車が走っている異色の神社です。

2000のコーヒーカップ、どれを選ぶ?「ギャラリー有田」【佐賀】

お店の中はコーヒーカップでいっぱい。その数なんと2000客! コレクションとしては世界一です。好きなカップでコーヒーを飲むことができる、佐賀県のギャラリー有田へ行きました。

美麗で画期的……でも、これでいいの?「武雄市図書館」【佐賀】

2013年に一躍有名になった佐賀県の武雄市図書館。TSUTAYAやスターバックスを併設したオシャレ図書館として話題になりました。活字中毒の私も足を運んでみたのですが……。

道祖の上にろうそくを絶対に立てないでください「道祖神」【佐賀】

佐賀県武雄市。ここでは昔から道祖神のことを塞神(さやのかみ)と呼び、下の病気や妊娠・安産の神として信仰してきました。地元では道祖神(さやんかみ)さんとして親しまれています。

鍋島の化け猫騒動とは? 伝説の真相に迫る「秀林寺 猫塚」【佐賀】

佐賀県には日本で最も恐ろしく、最も有名な猫の伝説があります。有名な鍋島の化け猫騒動の地、秀林寺 猫塚を訪れました。化け猫騒動とはいったい何だったのか、その真相に迫ります。

日本三大伝説・佐用姫と狭手彦の悲恋物語「佐用姫像」【佐賀】

佐用姫(さよひめ)伝説は、羽衣伝説、浦島太郎伝説と並んで、日本三大伝説の一つに数えられています。佐賀県の厳木にある佐用姫像はちょっと変わった仕掛けがあるんですよ。

美術館より美術感!「M氏の手作りアートハウス」【佐賀】

廃墟? それともお店? 国道263号線にある驚くべき建築物。すべての建材は廃材。 地元アーティストM氏がたった一人で作り上げた仰天のアートハウスをレポートします。

すごく面白そうだったのに……雪で休園「巨石パーク」【佐賀】

佐賀県国道263号沿いにある巨石パーク。「検索すると非常に面白そうな写真・記事がどっさり。元旦だけど年中無休だから大丈夫だなとワクワクしながらクルマを走らせたのですが……

佐賀のダヴィンチ!? 馬場憲治氏の「エッフェル塔」【佐賀】

佐賀県神埼市に突如出現するエッフェル塔。フランスのエッフェル塔の20分の1スケールの高さ22メートル。「暇だったから」という理由で自力で作り上げてしまったというから驚き!

今週から佐賀県珍スポット特集「唐津シーサイドホテル」【佐賀】

佐賀の珍スポットを訪れたのはお正月。雪景色の佐賀でした。ここは吉野ヶ里歴史公園です。九州はあたたかい気候というイメージなのですが、元旦は猛吹雪でベラボーに寒かったです。

(閉鎖)凄すぎ! 日本No.1の秘宝館「嬉野観光秘宝館」【佐賀】

佐賀県の嬉野観光秘宝館は、日本最大の規模を誇るスーパー秘宝館。惜しまれつつ2014年に閉館。かつて日本国中に50ヶ所以上あった秘宝館は現在その半数以上が廃館となりました。※この記事は閉鎖前のレポートです。

巨大な岩石でできた大黒さまと点在する磨崖仏「功徳院」【大分】

大分県の功徳院にある岩に刻まれた巨大な大黒天のレリーフ。ここは高野山真言宗のお寺です。山の中にたくさんの磨崖仏もありました。夕暮れ時でやや不気味な雰囲気でした。

個人の趣味? プロの作家さん? 謎の家「オブジェの家」【長崎】

長崎県西海市の西海楽園を訪れた後に、変わったお宅を発見しました。カラフルな人形オブジェがずらり。一般の住宅なのでモザイクをかけました。追記もぜひご覧ください。

体長4メートルのカブトムシオブジェ「昆虫の里たびら」【長崎】

オランダ街道を走っていると、巨大なカブトムシのモニュメントが目に飛び込んできます。でかい。全長3メートル85センチ、高さは9メートル。長崎県の道の駅、昆虫の里たびらです。

どれが本物のボーリング発祥地?「わが国ボウリング発祥の地」【長崎】

長崎のちゃんぽん発祥の地・四海樓のすぐ近くにあるボウリング発祥の地。しかしながら実は「ボウリング発祥の地」と呼ばれるスポットは全国各地にあるようです。いったいどれが本物?

君も敬礼!「海上自衛隊佐世保資料館(セイルタワー)」【長崎】

長崎県佐世保市の海上自衛隊佐世保資料館 セイルタワーは海上自衛隊の施設です。制服のコスプレをして写真を撮れるコーナ以外は内部の撮影禁止。そこでかわりに広報誌を紹介します。

長崎のB級グルメ?「トルコライスvs佐世保バーガー」【長崎】

最近のB級グルメとして若い人を中心に人気なのがトルコライスと佐世保バーガーです。トルコライスのお店・ツル茶んと・佐世保バーガーのハンバーガーショップをご紹介します。

本場長崎の味と言えば?「四海樓・ちゃんぽんミュージアム」【長崎】

長崎のちゃんぽんは明治32年に長崎で生まれた中華料理。生みの親と言われるのが中華料理店、四海樓の初代・陳平順氏です。四海樓にあるちゃんぽんミュージアムに行ってみました。

ここに来れば違いが分かる人になれる?「遠藤周作文学館」【長崎】

ダバダ~ダ~ダ、ダバダ~ダバダ~♪ 違いが分かる男・遠藤周作。『沈黙』の舞台、長崎市の遠藤周作文学館へ行ってみました。ここへ来ればあなたも違いが分かる人になれるかも?

毎晩飴屋を訪れる幽霊・産女の奇談が伝わる寺「光源寺」【長崎】

長崎市光源寺には産女の幽霊像と言われる不思議な彫像と幽霊の掛け軸が奉られています。毎晩飴を買いに来る幽霊。いったいなぜ飴屋を訪れるのでしょう? 産女伝説をご紹介します。