珍度★一覧

幻想的な洞窟に揺らめく無数のろうそくに祈る「迫間不動」【岐阜】

岐阜県関市。迫間不動(はさまふどう)へやってきました。ご本尊を不動明王とする岩窟系の寺院。今流行のパワースポットと言うべきでしょうか、素晴らしく神秘的で荘厳な場所です。

お知恵を拝借! 河童の銅印の謎を解いてください「S寺」【福井】

福井県のお寺に伝わる河童の銅印。水の中にひきずりこまれるなど河童の害に合うこともなく、あらゆる水難から守ってくれるという銅印です。ツイッターでの謎解きの協力を仰ぎました。

(終了)イルカと一緒に泳ごう「南知多ビーチランド」【愛知】

愛知県の南知多ビーチランドでイルカと一緒に泳ぎました。水中でキリキリというイルカのソナーを感じるのは不思議な体験。イルカのティーラちゃんは背びれにつかまらせてくれました。

宮古島で絶品ソーキそばを食べるならここ「丸吉食堂」【宮古島】

宮古島の沖縄そばのお店、丸吉食堂です。ガイドブックに必ず載っている超有名店です。たくさんある沖縄そば店の中でもかなり大満足できるお店。たっぷりジューシーなソーキそばは絶品。

宮古島一の霊場・御嶽と蛇婿入りの民俗学「漲水御嶽」【宮古島】

宮古島に到着した最初の日に漲水御嶽で旅の無事を祈りました。八重山にはたくさんの御嶽がありますが、ここは宮古島で最も格式の高い霊場。現在も地元の人々に厚く信仰されています。

宮古島の龍宮伝説・エイと契った男とは?「龍宮城展望台」【来間島】

日本各地に伝わる龍宮伝説は沖縄にも存在します。でもその物語は内地の浦島物語とは違っていてユニーク。今回は来間島にある龍宮展望台と、宮古の龍宮伝説についてお話しましょう。

過酷な税制が引き起こした悲劇「人頭税石(賦測石)」【宮古島】

1637年〜1903年に260年以上も沖縄の人々を苦しめ続けた過酷な税金・人頭税。琉球王府が取り立てる税金はあまりに重く、離島では村人どうしの間引き、殺人まで行われました。

美しすぎるって不幸なことね「マムヤの墓・東平安名崎(ひがしへんなざき)」【宮古島】

かつて宮古島にいたという絶世の美女・マムヤ。そのあまりに美しすぎる美貌は彼女に不幸をしてしまいました。彼女を襲った悲劇とはなにか、マムヤの墓がある東平安名崎を訪ねました。

あまりにも美しすぎる洞穴井戸「ぶとぅらがーと大和井」【宮古島】

宮古島の井戸の跡は水汲み作業がどんなに過酷な重労働だったかを実感できる場所です。でも下から見上げる地上の光は美しく、木の根が岩肌を這っている様はファンタジックです。

海に岩がゴロゴロ!まるで別の惑星の風景「佐和田の浜」【伊良部島】

日本の渚・百選に認定されている、沖縄県伊良部島の佐和田の浜は海にゴロゴロと転がる無数の津波石が特徴的なビーチです。まるで別の惑星に来たかのような不思議な風景が見られます。

数十トンの巨岩を陸に打ち上げる、恐怖の大津波「帯岩」【下地島】

高さ12.5m、周囲約60m。総重量数十トン。沖縄県下地島の帯岩は大津波で打ち上げられた巨岩です。津波による死者、行方不明者の合計はなんと1万2000人にものぼりました。

ユナイタマの人魚伝説と母体回帰の池「通り池・鍋底池」【下地島】

沖縄県伊良部島の西にある下地島。西側海岸沿いに、不思議な人魚伝説が残る通り池があります。ダイバー憧れのダイビングスポットであり、またパワースポットとして人気を集めています。

ヤギの妖怪が出る交差点「ガングルユマタの片足ピンザ」【宮古島】

宮古島のとある交差点に現れるという妖怪を知っていますか? それは全速力で走って人間を襲う片足ピンザ。ピンザとは宮古島方言でヤギのこと。知る人ぞ知るオカルトスポットです。

宮古島の珍モニュメント6「マリンガーデンの牛」【宮古島】

宮古島モニュメント6は宮古牛。場所は宮古島南部のインギャー(イムギャー)マリンガーデンを見下ろす丘の上にあります。昔は屋根の上にいましたが今は東屋のそばに立っています。

宮古島の珍モニュメント4「池間島のカツオ」【池間島】

宮古島の4つ目のモニュメントは池間島のカツオ。公園のベンチの屋根部分なのですが、カツオだけでなく波も造形されていて、生き生きとした動きのあるモニュメントになっています。

世界でたった30頭しかいない孤独な在来馬「宮古島牧場」【宮古島】

宮古島北の宮古馬牧場。広々とした囲いに馬が放し飼いにされています。自由に草をはんだりポクポク歩いたりして実にのどかな風景。宮古馬は日本で最も数が少ない在来馬です。

明治時代に作られたDIYフルスクラッチ時計「野良時計」【高知】

フルスクラッチとは、模型などで既存の部品を使わずに一から作り上げることを指します。高知県安芸市の野良時計は、明治時代に手づくりで組み立てられたフルスクラッチの時計です。

天才・平賀源内先生ゆかりの地巡り「平賀源内記念館」【香川】

天才・平賀源内は、奔走学者・蘭学者・発明家・芸術家・小説家──と名刺が肩書きでびっしり埋まってしまいそうな才能の持ち主。源内先生の生誕の地、香川県さぬき市を訪ねました。

八百比丘尼の不老不死伝説と勝造寺層塔「八百比丘尼の塔」【香川】

人魚の肉を食べて不老不死を得た八百比丘尼は全国を行脚したと言われるため、各地にゆかりのスポットが存在します。香川県にも八百比丘尼の塔・勝造寺層塔があるんですよ。

差別って何だろう? 「大阪人権博物館 リバティおおさか」【大阪】

大阪人権博物館リバティおおさか。部落問題を中心とする人権問題専門の博物館です。メディアがあまり取材することがないスポットですが、存在を知っていただきたく思い足を運びました。