珍度★ の記事一覧

ペットの名前が書かれた卒塔婆が並ぶお寺「動物観音三仙院」【岐阜】

ペットの名前が書かれた卒塔婆が並ぶお寺「動物観音三仙院」【岐阜】

   岐阜県のペットぬいぐるみ供養のお寺、動物観音三仙院。愛犬、愛猫など愛するペットたちの名前が書かれた卒塔婆がみっちり並んでいます。飼い主さんの愛情が伝わってくるお寺です。

-- 記事を読む Read More--

地味……なのに瑞浪Mioちゃん萌え「瑞浪市化石博物館」【岐阜】

地味……なのに瑞浪Mioちゃん萌え「瑞浪市化石博物館」【岐阜】

   岐阜県の瑞浪市化石博物館を訪れました。瑞浪は貝類、魚類、哺乳類、植物など1000種類に及ぶ化石を産出しています。地味ながら、なぜか萌えキャラMioちゃん推しです。

-- 記事を読む Read More--

恐竜王国・福井のスーパーゴージャス博物館「恐竜博物館」【福井】

恐竜王国・福井のスーパーゴージャス博物館「恐竜博物館」【福井】

   勝山市の恐竜博物館は2000年にオープンしました。福井県で発見された恐竜化石はなんと全国の8割を占めるという恐竜王国です。超ゴージャスなな館内には恐竜の化石がぎっしり!

-- 記事を読む Read More--

日本三大鳥居と土の神様が見守る小学校「氣比神宮・土公塚」【福井】

日本三大鳥居と土の神様が見守る小学校「氣比神宮・土公塚」【福井】

   福井県敦賀市の氣比神宮。主神は伊奢沙別命(いざさわけのみこと)。大鳥居は木造の朱塗り鳥居では広島の厳島、奈良の春日と並んで日本三大鳥居に数えられています。

-- 記事を読む Read More--

住職を次々喰らう妖怪・蟹坊主のなぞかけとは?「長源寺」【山梨】

住職を次々喰らう妖怪・蟹坊主のなぞかけとは?「長源寺」【山梨】

   山梨県にある長源寺の怖い言い伝えをご紹介します。昔々、住職が次々と姿を消すという奇っ怪な噂がありました。新しい住職がやってきても、人知れずいなくなってしまうのです。

-- 記事を読む Read More--

志願兵の養成機関、予科練を学ぶ「予科練記念館・雄翔館」【茨城】

志願兵の養成機関、予科練を学ぶ「予科練記念館・雄翔館」【茨城】

   茨城県の予科練記念館・雄翔館を訪ねました。予科練とは太平洋戦争の時に志願制で青年を募り教育した機関です。厳しい試験をパスした14歳から20歳の青少年が練習生となりました。

-- 記事を読む Read More--

真名の長者の言い伝えと埋蔵金の隠し場所「臼杵磨崖仏」【大分】

真名の長者の言い伝えと埋蔵金の隠し場所「臼杵磨崖仏」【大分】

   大分県には臼杵磨崖仏と呼ばれるたくさんの石仏があり、日本初の国宝磨崖仏として観光名所となっています。ここにはミステリアスな言い伝えと黄金の埋蔵金伝説が残っているんですよ。

-- 記事を読む Read More--

(閉鎖)寒々しく悲惨……あまりにもひどすぎる!「熊牧場」【三重】

(閉鎖)寒々しく悲惨……あまりにもひどすぎる!「熊牧場」【三重】

   三重県の熊牧場は以前よりもさらに寒々しく、悲惨な状況になっていました。これほど胸の痛む場所があるでしょうか。訪れたのを後悔する気持ちでいっぱいです。2013年に閉鎖。

-- 記事を読む Read More--

音楽が流れるお弁当「モー太郎弁当・ドライブインあら竹」【三重】

音楽が流れるお弁当「モー太郎弁当・ドライブインあら竹」【三重】

   三重県松坂牛のお弁当を食べにドライブインあら竹にやってまいりました。ここのモー太郎弁当は全国的に有名です。なんとお弁当から童謡『ふるさと』のメロディが流れるのですよ。

-- 記事を読む Read More--

(閉鎖)デジャブを感じるレトロ博物館「三重県立博物館」【三重】

(閉鎖)デジャブを感じるレトロ博物館「三重県立博物館」【三重】

   子供の頃に訪れた気がする……そんなデジャヴを感じる博物館が、三重県の三重県立博物館です。昭和の香りのするレトロな外観は古き良き博物館のイメージ。リニューアル前の記事です。

-- 記事を読む Read More--

美女がヘビに引きずり込まれる底なし沼とは「浮島の森」【和歌山】

美女がヘビに引きずり込まれる底なし沼とは「浮島の森」【和歌山】

   「街のど真ん中に底なし沼がある」という噂を聞いてやってた、和歌山県の浮島の森。周りは家ばかりで普通の市街地にしか見えないのですが、唐突に森が出現したではありませんか!

-- 記事を読む Read More--

徐福伝説を訪ねる「阿須賀神社・蓬莱山・歴史民俗資料館」【和歌山】

徐福伝説を訪ねる「阿須賀神社・蓬莱山・歴史民俗資料館」【和歌山】

   和歌山県新宮市には前回ご紹介した徐福の墓の他にも、徐福に関連したスポットが点在しています。徐福上陸の地としての紀州熊野、また徐福伝説とは何なのか、考察したいと思います。

-- 記事を読む Read More--

ぽっかり空いた穴から太陽が見える「奇岩(4)円月島」【和歌山】

ぽっかり空いた穴から太陽が見える「奇岩(4)円月島」【和歌山】

   和歌山の奇岩・円月島は、東西35m、南北130mの小島。正式には高島(たかしま)ですが、真ん中に丸く穴が空いているのでそう呼ばれています。太陽がちょうど重なる様は絶景です。

-- 記事を読む Read More--

弘法大師が天邪鬼に作らせた橋!?「奇岩(3)橋杭岩」【和歌山】

弘法大師が天邪鬼に作らせた橋!?「奇岩(3)橋杭岩」【和歌山】

   和歌山奇岩シリーズその3・橋杭岩(はしぐいいわ)。串本の海岸から大島に向かって橋の杭が点々と置かれているようみたいに見えます。この橋杭岩には不思議な伝説があるんですよ。

-- 記事を読む Read More--

断崖絶壁にいる命がけの趣味人「奇岩(2)白浜三段壁」【和歌山】

断崖絶壁にいる命がけの趣味人「奇岩(2)白浜三段壁」【和歌山】

   和歌山県奇岩シリーズその2は白浜三段壁です。長さ2km、高さ50mという大岩壁。『火曜サスペンス劇場』のラストで犯人が告白するシーンによく登場する場所としても有名ですね。

-- 記事を読む Read More--

超童貞&最強ニート・天才南方熊楠「南方熊楠記念館」【和歌山】

超童貞&最強ニート・天才南方熊楠「南方熊楠記念館」【和歌山】

   南方熊楠。和歌山が生んだ博覧強記の天才、博物学の巨星、柳田國男と並ぶ民俗学の父。しかしそんな美辞麗句が並ぶ中、私はあえて言いましょう。彼こそ超童貞・最強ニートであると。

-- 記事を読む Read More--

歴代藩主も訪れた3万点の貝コレクション「貝寺・本覚寺」【和歌山】

歴代藩主も訪れた3万点の貝コレクション「貝寺・本覚寺」【和歌山】

   和歌山県白浜町に貴重な貝をたくさん収集しているお寺があると聞いて本覚寺を訪ねました。地元の方には貝寺と呼ばれて親しまれています。歴代の藩主も訪れている由緒あるお寺です。

-- 記事を読む Read More--

万葉の人々が愛し憧れた紀伊国の地をたずねる「万葉館」【和歌山】

万葉の人々が愛し憧れた紀伊国の地をたずねる「万葉館」【和歌山】

   万葉集と言えば普通は奈良を連想しますね。でも万葉集4516首の中には和歌山を旅した歌が107首もあるんです。万葉の人々が愛し憧れた風光明媚な地、和歌山の万葉館を訪ねました。

-- 記事を読む Read More--

涙なしに見られない悲劇の行軍「八甲田山雪中行軍遭難資料館」【青森】

涙なしに見られない悲劇の行軍「八甲田山雪中行軍遭難資料館」【青森】

   明治35年(1902)に八甲田山で起こった悲劇をご存じですか? 日露戦争の2年前に199名もの兵士が雪山で遭難死した大事件です。青森市八甲田山雪中行軍遭難資料館を訪れました

-- 記事を読む Read More--

縄文時代の豊かな食文化や高度な技術に驚愕「三内丸山遺跡」【青森】

縄文時代の豊かな食文化や高度な技術に驚愕「三内丸山遺跡」【青森】

   縄文時代ってどんな時代? 飢えて貧しい生活? 寒さ暑さに耐える毎日? 青森の三内丸山遺跡へ行けば、現代より豊かな食文化、自然に関する知識、高度な建築技術に驚きますよ。

-- 記事を読む Read More--

珍スポットじゃなくて単なる美しい海岸でした「埋没林」【青森】

珍スポットじゃなくて単なる美しい海岸でした「埋没林」【青森】

   埋没林とは地中に埋もれ朽ちずに残っている樹木。青森の埋没林は世界最大級の規模と聞いていたのですが、地質学素人の私にはどれなのかよく分からず、ただ美しい海を堪能するのみに。

-- 記事を読む Read More--

石清水八幡宮とエジソンの関係とは?「エジソン記念碑」【京都】

石清水八幡宮とエジソンの関係とは?「エジソン記念碑」【京都】

   京都府八幡市の石清水八幡宮のふもとの商店街にはエジソン通りと書かれていてエジソンの銅像まで設置されているのですが……。はて、京都とエジソンの関係はいったい何でしょう?

-- 記事を読む Read More--

いかにも京都な湯豆腐・湯葉料理「祇園円山かがり火」【京都】

いかにも京都な湯豆腐・湯葉料理「祇園円山かがり火」【京都】

   京都円山公園の中にある、祇園円山かがり火へ向かいました。湯豆腐で有名なかがり火は円山公園の中にあります。入り口にかがり火が焚かれているのですぐに分かりますよ。

-- 記事を読む Read More--

タクシーに乗った女が消える京都の心霊スポット「深泥池」【京都】

タクシーに乗った女が消える京都の心霊スポット「深泥池」【京都】

   京都北区の深泥池(みぞろがいけ、みどろがいけ)。日本で3本の指に入る心霊スポットとして有名です。ちょうど雨がシトシト降る逢魔が時。シチュエーション的にはばっちりでした。

-- 記事を読む Read More--

こってり系ラーメンの総本山「天下一品・北白川本店」【京都】

こってり系ラーメンの総本山「天下一品・北白川本店」【京都】

   左京区の天下一品でお昼ご飯。学生時代の日本一周旅行で京都に4日ほど滞在したとき、毎日食べていたのが天下一品です。以来本店の味が忘れられずに再訪を楽しみにしていました。

-- 記事を読む Read More--

金平糖ってどう作る? 日本で唯一の専門店「緑寿庵清水」【京都】

金平糖ってどう作る? 日本で唯一の専門店「緑寿庵清水」【京都】

   金平糖はポルトガル語で砂糖菓子の意味のコンフェイトが名前の由来です。京都・左京区の緑寿庵 清水は日本でただ一軒の金平糖専門店。紀宮様の結婚式で引き出物として採用されました。

-- 記事を読む Read More--

平安時代にオープンした日本最古の和菓子屋「かざりや」【京都】

平安時代にオープンした日本最古の和菓子屋「かざりや」【京都】

   平安時代頃からある日本最古の和菓子店、かざりや。応仁の乱であぶり餅を庶民に振舞ったといういわれがあるんですって。いやはや、京都はどこを向いても「日本最古」ばかりですね。

-- 記事を読む Read More--

幽玄の世界に酔う、竹林と石仏のお寺「化野念仏寺」【京都】

幽玄の世界に酔う、竹林と石仏のお寺「化野念仏寺」【京都】

   京都市右京区にある化野念仏寺の竹林は観光ポスター、CMにもよく使われます。青々とした竹がいかにも京都という風景。8000を越える石仏、石塔は背筋がゾクリとする幽玄の風景です

-- 記事を読む Read More--

住宅街のど真ん中にある京都で最大の巨大石室「蛇塚古墳」【京都】

住宅街のど真ん中にある京都で最大の巨大石室「蛇塚古墳」【京都】

   京都市右京区の蛇塚古墳は住宅街のど真ん中にあります。家と家との間をかき分け、柵に囲まれて座っているような古墳です。でも中に入ればこの通り、巨大な石積みとなっています。

-- 記事を読む Read More--

静寂な雰囲気に背筋がゾクリ!「天塚古墳・伯清稲荷大神」【京都】

静寂な雰囲気に背筋がゾクリ!「天塚古墳・伯清稲荷大神」【京都】

   京都市右京区の天塚古墳・伯清稲荷大神へ行きました。『るるぶ』や『ぴあ』にもほとんど載っていないか、載っていても小さい囲み記事で紹介されるだけの、知る人ぞ知るスポットです。

-- 記事を読む Read More--

気分は川口浩探検隊? 巨大洞窟に震えろ「河内の風穴」【滋賀】

気分は川口浩探検隊? 巨大洞窟に震えろ「河内の風穴」【滋賀】

   滋賀県の市街地からクルマで30分の場所に広がる大自然の神秘。河内の風穴です。入り口からは想像できないような巨大な洞窟が広がっています。鍾乳洞は日本第4位の長さを誇ります。

-- 記事を読む Read More--

中村玉緒村長の心癒されるなつかしの風景「日本昭和村」【岐阜】

中村玉緒村長の心癒されるなつかしの風景「日本昭和村」【岐阜】

   岐阜県美濃加茂市にある日本昭和村へ足を伸ばしました。昭和30年代の里山の風景を再現したテーマパークです。村長は中村玉緒さん。玉緒さんの娘時代の写真が満載の玉緒の家は必見。

-- 記事を読む Read More--

(閉鎖)もう見られない失われた珍スポット「伊賀流忍者の里」【三重】

(閉鎖)もう見られない失われた珍スポット「伊賀流忍者の里」【三重】

   「伊賀流忍者の里はつぶして温泉にしちゃったよ」おみやげ物屋のおばちゃんの言葉に目の前が暗くなりました。ああなんてこった。唯一残っていた顔出し看板だけが寂しく残っていました。

-- 記事を読む Read More--

天使探知機にうっとりした「横浜トリエンナーレ2005」【神奈川】

天使探知機にうっとりした「横浜トリエンナーレ2005」【神奈川】

   横浜トリエンナーレレポ。天使探知機は観客が黙って部屋の中が完全な静寂になると、電灯が小さく光るアート。フランスでは会話がとぎれた時「天使がそばに来ている」というのです。

-- 記事を読む Read More--

関ヶ原観光で戦国武将気分「古戦場・焼肉藤太」【岐阜】

関ヶ原観光で戦国武将気分「古戦場・焼肉藤太」【岐阜】

   せっかく岐阜に来たのだから珍スポットめぐりだけでなく、ちゃんとした観存もしてみたいもの。関ヶ原の古戦場と岐阜名産の味も楽しんできました。

-- 記事を読む Read More--

2004年にリニューアル! 感動・感激「国立科学博物館」【東京】

2004年にリニューアル! 感動・感激「国立科学博物館」【東京】

   東京・上野の国立科学博物館。2004年11月にグランドオープン。学生時代に通った旧みどり館と本館の展示物が新館に移動。以前よりもずっと素晴らしい展示になっていますよ。

-- 記事を読む Read More--

1 2 3 4 5