珍度★★ の記事一覧

とびだし注意! 東洋のガラパゴスの道路「西表島道路」【西表島】

とびだし注意! 東洋のガラパゴスの道路「西表島道路」【西表島】

   東洋のガラパゴス、日本最後の秘境──と言えば、沖縄県八重山諸島の西表島です。イリオモテヤマネコ、カンムリワシ、サキシマスオウノキなど動植物の楽園として知られています。

-- 記事を読む Read More--

高確率でウミガメと一緒に泳げる海「トカシクビーチ」【渡嘉敷島】

高確率でウミガメと一緒に泳げる海「トカシクビーチ」【渡嘉敷島】

   沖縄座間味諸島の渡嘉敷島でウミガメと泳いでみませんか? 野生のウミガメはどこの海にも生息しているのですが、「ウミガメと直に遭遇できるビーチ」となるとほとんどありません。

-- 記事を読む Read More--

転倒注意! 今そこにある危険に気をつけろ「森林公園」【渡嘉敷島】

転倒注意! 今そこにある危険に気をつけろ「森林公園」【渡嘉敷島】

   沖縄県慶良間諸島の渡嘉敷島の森林公園。森林公園で目を引くのがこの大滑り台です。広々とした公園内をぐるっと左にカーブして下りていくローラー式の滑り台で結構な長さがあります。

-- 記事を読む Read More--

闇にそびえるバベルの塔?「熱帯ドリームセンター」【沖縄本島】

闇にそびえるバベルの塔?「熱帯ドリームセンター」【沖縄本島】

   美ら海水族館からの帰り道。すっかり日が暮れて辺りが真っ暗な中に、黄緑色に光る不思議な塔をみかけました。いったい何だ? 妖しく光る螺旋の塔はまるで、聖書に登場するバベルの塔!

-- 記事を読む Read More--

日本一癒されるラビリンスのような市庁舎「名護市庁舎」【沖縄本島】

日本一癒されるラビリンスのような市庁舎「名護市庁舎」【沖縄本島】

   沖縄県名護市は沖縄本島で最も北に位置する市です。2000年にはサミットも開かれました。名護市庁舎は1981年に総工費約10億円かけて建てられた、迷宮のような外観の建築物。

-- 記事を読む Read More--

(閉鎖)ツリーハウスの上のレストラン「がじゅまる」【沖縄本島】

(閉鎖)ツリーハウスの上のレストラン「がじゅまる」【沖縄本島】

   沖縄県那覇市では知らない人のいない巨大な木の上のレストランがじゅまる。那覇空港から5分ほどのバンヤンタウンにあります。那覇名物でしたが残念ながら2015年に取り壊されました

-- 記事を読む Read More--

報道されずに良かった?「漫湖公園2・クジラ遊具」【沖縄本島】

報道されずに良かった?「漫湖公園2・クジラ遊具」【沖縄本島】

   沖縄県那覇市の漫湖公園(まんここうえん)は別名クジラ公園。巨大なクジラの形をした遊具が設置されているからです。しかし数年前に大変不名誉なことで有名になってしまいました。

-- 記事を読む Read More--

不気味な休息ベンチ「漫湖公園1・カニモニュメント」【沖縄本島】

不気味な休息ベンチ「漫湖公園1・カニモニュメント」【沖縄本島】

   海から上がってくる謎の怪獣……映画『パシフィック・リム』みたいですが、こちらは沖縄県那覇市にある、漫湖公園の休息所。東屋(あずまや)の屋根がカニの形をしてるんですよ。

-- 記事を読む Read More--

ゾウに乗ってトレッキング「ナンムアンサファリパーク」【タイ】

ゾウに乗ってトレッキング「ナンムアンサファリパーク」【タイ】

   タイのサムイ島には、ゾウに乗ってトレッキングする、エレファント・トレッキングができる場所が数箇所あります。ナンムアン・サファリパークは空港から10分ほどの場所にあります。

-- 記事を読む Read More--

住宅街に突如現れるエキゾチックなピラミッド「頭塔」【奈良】

住宅街に突如現れるエキゾチックなピラミッド「頭塔」【奈良】

   奈良県奈良市。下町のどまんなかに唐突に現れるピラミッド、頭塔(ずとう)。石積みのエキゾチックな外観はどこか異国の風景のよう。この頭塔は何のために建てられたのでしょうか?

-- 記事を読む Read More--

三つ目族・写楽保介の名推理!?「飛鳥奇石群(1)酒船石」【奈良】

三つ目族・写楽保介の名推理!?「飛鳥奇石群(1)酒船石」【奈良】

   君は『三つ目がとおる』を知ってるかい? 今回からしばらく続く古代ロマンシリーズ・奈良県飛鳥奇石群の最初は酒船石(さかふねいし)。写楽くんの名推理とともにご紹介しましょう。

-- 記事を読む Read More--

時代が早すぎた……天才的な加賀の豪商「銭屋五兵衛記念館」【石川】

時代が早すぎた……天才的な加賀の豪商「銭屋五兵衛記念館」【石川】

   江戸時代後期の加賀。「海の百万石」と呼ばれた、天才的な豪商がいました。彼の名は銭屋五兵衛(ぜにやごへえ)、通称・銭五。全資産は300万両(約100億円)とも言われました。

-- 記事を読む Read More--

加賀の平賀源内・大野弁吉「金沢港大野からくり記念館」【石川】

加賀の平賀源内・大野弁吉「金沢港大野からくり記念館」【石川】

   からくりとは糸やゼンマイなどの動力を使って、人形や仕掛けなどを動かすこと。石川県金沢市、金沢港の先に、金沢港大野からくり記念館があります。からくり好きなら行くしかない!

-- 記事を読む Read More--

Do you know DOCHU?「阿波の土柱」【徳島】

Do you know DOCHU?「阿波の土柱」【徳島】

   徳島県の阿波の土柱は「世界三大奇勝」と称されています。アメリカのロッキー山脈、イタリアのチロル、そして徳島県阿波市しか存在しない、大変貴重な風景なんですって。

-- 記事を読む Read More--

ひとりで歩くのが怖い……等身大の木像五百羅漢「地蔵寺」【徳島】

ひとりで歩くのが怖い……等身大の木像五百羅漢「地蔵寺」【徳島】

   徳島県板野郡板野町にある地蔵寺。四国八十八ヶ所霊場の五番札所です。見どころは等身大の五百羅漢が並んだ回廊。ポール・デルヴォーの『人魚の村』のようなゾクゾクする体験です。

-- 記事を読む Read More--

敵国ドイツ兵と鳴門市民の友好の歴史を知ろう「ドイツ館」【徳島】

敵国ドイツ兵と鳴門市民の友好の歴史を知ろう「ドイツ館」【徳島】

   鳴門市にはかつて第一次世界大戦におけるドイツ兵俘虜の収容施設がありました。当時捕らえられたドイツ兵5000名弱のうち約1000名が、この板東俘虜収容所に収容されていました。

-- 記事を読む Read More--

(休館)漁師さんが作るほのぼの手作り水族館「モラスコむぎ」【徳島】

(休館)漁師さんが作るほのぼの手作り水族館「モラスコむぎ」【徳島】

   徳島県のモラスコむぎは、世界中の貝の標本6000点を集めた貝の資料館と、地元の漁師さんが捕まえた生き物を展示する手づくり系の水族館。ほのぼのした味わいに癒やされます。

-- 記事を読む Read More--

みんなウェルかめ! ウミガメ天国「日和佐うみがめ博物館」【徳島】

みんなウェルかめ! ウミガメ天国「日和佐うみがめ博物館」【徳島】

   徳島の日和佐うみがめ博物館カレッタ。アカウミガメの学名「Caretta caretta」から命名されました。2009年のNHKドラマ『ウェルかめ』の舞台にもなりましたよ。

-- 記事を読む Read More--

2匹のカモメが飛ぶ橋「かもめ橋」(※リニューアル前)【徳島】

2匹のカモメが飛ぶ橋「かもめ橋」(※リニューアル前)【徳島】

   この橋は一風変わった形をしています。橋全体が羽を広げたかもめの形なんですよ。徳島県の最南端、海陽町宍喰(ししくい)地区にある通称かもめ橋です。正式名称は宍喰橋と言います。

-- 記事を読む Read More--

卑弥呼の墓はなんと徳島にあった!?「八倉比賣神社」【徳島】

卑弥呼の墓はなんと徳島にあった!?「八倉比賣神社」【徳島】

   邪馬台国はどこにあったのか? 現在では主に畿内説と九州説にわかれていますが、実は徳島にあったという驚きの説があります。卑弥呼の墓と言われている八倉比賣神社を訪ねました。

-- 記事を読む Read More--

たった1分で山頂まで行ける日本一低い自然の山「弁天山」【徳島】

たった1分で山頂まで行ける日本一低い自然の山「弁天山」【徳島】

   山ガールなんて言葉も定着した一方、高齢者の遭難事故などもあって、気軽な気持ちで登山するのも考えもの。しかし、徳島市の弁天山ならお気軽登山OK。たった1分で登頂できるんです。

-- 記事を読む Read More--

謝りたくなるごめん駅で、ごめんごめんごめん「後免駅」【高知】

謝りたくなるごめん駅で、ごめんごめんごめん「後免駅」【高知】

   待ち合わせに遅れなくても、謝りたくなる駅ってなーんだ? 答えはごめん(後免)駅。高知県南国市の後免駅は高知県内では高知駅の次に多く利用されている駅なんですよ。

-- 記事を読む Read More--

島まるごと神の領域となっている神秘の島「江須崎島」【和歌山】

島まるごと神の領域となっている神秘の島「江須崎島」【和歌山】

   和歌山県の南紀白浜と言ったら、温泉や海水浴場が楽しめる一大観光地。しかし観光客もおらずひっそりとした佇まいの江須崎島は、島全体が神の聖域となっている神秘的な島なのです。

-- 記事を読む Read More--

羅漢がズラリ! ラカン愛いっぱいのお寺「五百羅漢寺」【和歌山】

羅漢がズラリ! ラカン愛いっぱいのお寺「五百羅漢寺」【和歌山】

   和歌山市の五百羅漢寺をご紹介します。地元の方から奉納された羅漢がずらりと並んでいます。古く塗装がはげた像もあれば、原色で彩られた美しいものも。ばらつきがあるのはなぜ?

-- 記事を読む Read More--

体長4メートルのカブトムシオブジェ「昆虫の里たびら」【長崎】

体長4メートルのカブトムシオブジェ「昆虫の里たびら」【長崎】

   オランダ街道を走っていると、巨大なカブトムシのモニュメントが目に飛び込んできます。でかい。全長3メートル85センチ、高さは9メートル。長崎県の道の駅、昆虫の里たびらです。

-- 記事を読む Read More--

敦賀の安倍晴明と、小窓から覗いて拝むご神体「晴明神社」【福井】

敦賀の安倍晴明と、小窓から覗いて拝むご神体「晴明神社」【福井】

   陰陽師といえば安倍晴明。晴明に関する神社は京都や大阪に多いのですが、この清明神社は福井県敦賀市にあります。ご神体を祭壇の下にある小窓から覗いて拝む変わった参拝方法です。

-- 記事を読む Read More--

「吊り橋理論」で本当に恋人ができるのか?「かずら橋」【福井】

「吊り橋理論」で本当に恋人ができるのか?「かずら橋」【福井】

   吊り橋理論をご存知ですか? 渓谷にかかる揺れる吊り橋で話をした男女が恋に落ちやすいという学説。福井県にあるのですよ、うってつけの揺れる吊り橋が。その名もかずら橋です。

-- 記事を読む Read More--

ずぶ濡れの冒険的川下りに挑戦!「アドベンチャーボート」【福井】

ずぶ濡れの冒険的川下りに挑戦!「アドベンチャーボート」【福井】

   福井県の足羽川(あすわがわ)のアドベンチャーボートにチャレンジしました。ゴムボートに乗って、全長2.1キロのラフティングをする冒険的川遊びです。05月〜09月限定イベント。

-- 記事を読む Read More--

爽快100%! ボードを操って激流下り「リバーボード」【三重】

爽快100%! ボードを操って激流下り「リバーボード」【三重】

   激流をエアボディーボードにつかまってくだっていく川の遊び、リバーボード。水面に近い目線で、激しい川の流れに巻き込まれるからスリルたっぷりですよ。三重県で体験しました。

-- 記事を読む Read More--

川にジャンプ! 子供の頃に戻れる冒険「キャニオンスイミング」【滋賀】

川にジャンプ! 子供の頃に戻れる冒険「キャニオンスイミング」【滋賀】

   あなたが最後にお腹の底から笑い、叫び、はしゃぎ、転げまわったのはいつですか?──岩に登り、川に飛び込んでたっぷり一日楽しめる、滋賀県のキャニオンスイミングを体験しました。

-- 記事を読む Read More--

(閉鎖)野生のイルカと泳げる海「能登島ドルフィンスイム」【石川】

(閉鎖)野生のイルカと泳げる海「能登島ドルフィンスイム」【石川】

   野生のイルカと泳げる海は小笠原諸島、御蔵島が有名。でもちょっと訪れるのが大変……。そこで国内でイルカと泳げる、石川県・能登島に行ってみました。野生のイルカと大接近!

-- 記事を読む Read More--

(期間限定)高速道路を歩いても大丈夫「名二環夢ウォーク」【愛知】

(期間限定)高速道路を歩いても大丈夫「名二環夢ウォーク」【愛知】

   高速道路は一般人が決して歩くことはできない場所。しかし高速道路が開通される前にイベントが開催されることがあります。名二環の開通前に高速道路を歩く、珍しい体験をしました。

-- 記事を読む Read More--

10年目の超メジャーイベント「世界コスプレサミット」【愛知】

10年目の超メジャーイベント「世界コスプレサミット」【愛知】

   愛知県名古屋市で毎年開催されている世界コスプレサミットはテレビ愛知が開催している大規模なコスプレイベントです。世界各国から人気コスプレイヤーが集合し世界一を競い合います。

-- 記事を読む Read More--

2010年にできた日本で一番南にある神社「宮古神社」【宮古島】

2010年にできた日本で一番南にある神社「宮古神社」【宮古島】

   当ブログでは便宜上、御嶽に「神社」というタグをつけていますが、厳密に言うと両者は別。宮古島の宮古神社は御嶽を除けば、おそらく島唯一の神社、それも日本で一番南にある神社です。

-- 記事を読む Read More--

あまりにも美しすぎる墓3つと離島の歴史「豊見親墓」【宮古島】

あまりにも美しすぎる墓3つと離島の歴史「豊見親墓」【宮古島】

   あまりにも美しすぎる宮古島アトンマ墓。ツタに覆われ森の奥深くに眠るアンコールワット遺跡のよう。18後半〜19世紀前半の築造と言われています。アトンマとは後妻の意味です。

-- 記事を読む Read More--

宮古島の人々はどこから来たのか?「上比屋山遺跡」【宮古島】

宮古島の人々はどこから来たのか?「上比屋山遺跡」【宮古島】

   宮古島の言葉は非常に特徴的で、沖縄本島出身の人でさえリスニングが難しいと言われます。独特の言葉を持つ宮古島の人々はどこから来たのか? 歴史ロマンに浸れる場所をご紹介します。

-- 記事を読む Read More--

1 2 3 4 5 6