珍度★★★ の記事一覧

クルママニア・エンスーの心のふるさと「日本自動車博物館」【石川】

クルママニア・エンスーの心のふるさと「日本自動車博物館」【石川】

   あの娘をペットにしたくって ニッサンするのはパッカード♪ 小林旭の『自動車ショー歌』に出てくるクルマを全部いっぺんに見られる夢の施設が、石川県の日本自動車博物館です。

-- 記事を読む Read More--

AOMORIのAの形・正三角形の仰天建築「アスパム」【青森】

AOMORIのAの形・正三角形の仰天建築「アスパム」【青森】

   青森市内ににょっきり立つ不思議な建物。この三角で平ぺったいビルはアスパムの名前で親しまれている青森県の観光物産館です。AOMORIの「A」の文字を表現しているんですって。

-- 記事を読む Read More--

メメントモリ的な日本一の巨大青銅大仏「青龍寺・昭和大仏」【青森】

メメントモリ的な日本一の巨大青銅大仏「青龍寺・昭和大仏」【青森】

   青森市青龍寺の昭和大仏は、奈良や鎌倉の大仏よりずっと大きい大仏です。青銅製の坐像仏としては日本一の巨大仏。体内巡りや水子地蔵を見てメメント・モリな気持ちになれます。

-- 記事を読む Read More--

まるで夢の風景! 赤い鳥居のトンネルを進め「高山稲荷神社」【青森】

まるで夢の風景! 赤い鳥居のトンネルを進め「高山稲荷神社」【青森】

   青森県つがる市にある高山稲荷神社。あまりにファンタジックな赤い鳥居のトンネルは、まるで夢の中の風景のよう。トンネルを抜けたらどこか知らない場所にたどり着きそうです。

-- 記事を読む Read More--

恐山よりディープな霊場スポット「川倉賽の河原地蔵尊」【青森】

恐山よりディープな霊場スポット「川倉賽の河原地蔵尊」【青森】

   「青森と言えば恐山のイタコの口寄せ」と連想するあなたへ。恐山ばかりが青森の霊場ではありません。ここ川倉賽の河原地蔵尊はある意味恐山よりもずっとずっとディープなスポットです。

-- 記事を読む Read More--

青森山中にピラミッドを発見!? 「大石神ピラミッド」【青森】

青森山中にピラミッドを発見!? 「大石神ピラミッド」【青森】

   ピラミッドと聞いて思い浮かべるのはエジプト? でも日本にもたくさんあるんですよ。エジプトよりもずっと前の数万年前のものと伝えられている青森県の大石神ピラミッドを取材。

-- 記事を読む Read More--

落書き大歓迎!? 落書き祈願のお寺「らくがき寺(単伝寺)」【京都】

落書き大歓迎!? 落書き祈願のお寺「らくがき寺(単伝寺)」【京都】

   文化財に落書きするのはご法度。でも京都八幡市の単伝庵はは「どうぞ落書きしてください!」という仰天のお寺なんですよ。 願いごとを壁に書く落書き祈願の寺として知られています。

-- 記事を読む Read More--

ワクワクする不思議石「石ふしぎ博物館・益富地学会館」【京都】

ワクワクする不思議石「石ふしぎ博物館・益富地学会館」【京都】

   石なんかどこが面白いの? 地学って地味でつまんなさそう──なんておっしゃるあなた、京都市上京区の石ふしぎ博物館へ行ってみましょう。石に対する見方がガラっと変わりますよ。

-- 記事を読む Read More--

現代人には理解不能すぎるおかめ伝説「千本釈迦堂・大報恩寺」【京都】

現代人には理解不能すぎるおかめ伝説「千本釈迦堂・大報恩寺」【京都】

   ふっくらほっぺにぺちゃんこ鼻。京都上京区の千本釈迦堂はおかめ伝説の発祥のお寺です。この地に伝わるおかめの伝説と、ちょっぴりエロなおかめコレクションをご紹介しましょう。

-- 記事を読む Read More--

不思議な赤の迷宮・4キロ続く千本鳥居「伏見稲荷大社」【京都】

不思議な赤の迷宮・4キロ続く千本鳥居「伏見稲荷大社」【京都】

   京都の伏見稲荷といえば無数に連なる赤の鳥居。ふもとから山の上まで4キロも続く千本鳥居です。新緑に鳥居の朱色が映えて壮観な眺めです。実は千本どころか1万基もあるんですよ。

-- 記事を読む Read More--

立ち上がる炎! 火を吹くネギラーメン「めん馬鹿一代」【京都】

立ち上がる炎! 火を吹くネギラーメン「めん馬鹿一代」【京都】

   京都市上京区のめん馬鹿一代。名物ラーメンはなんと器から炎が立ち上がるという火を噴くラーメン。火を吹く器、はぜる油、立ち上がる煙、店内に轟くジュワーっという音は大迫力!

-- 記事を読む Read More--

キリスト教との関係? 世にも奇妙な三柱鳥居「蚕の社」【京都】

キリスト教との関係? 世にも奇妙な三柱鳥居「蚕の社」【京都】

   右京区の木島坐天照御魂神社。読み方はこのしまにますあまてるみたまじんじゃ。地元の方は蚕の社、木嶋神社と呼んでいます。世にも奇妙な三本足の鳥居、三柱鳥居をご覧ください。

-- 記事を読む Read More--

(閉館)皇族に伝わる超極秘の神事「國學院大學・神道資料館」【東京】

(閉館)皇族に伝わる超極秘の神事「國學院大學・神道資料館」【東京】

   「日本ノ神ハ何?」と外国人に尋ねられたとき説明できますか? 「八百万の神が」の後が続かない方は東京都渋谷区の國學院大學神道資料館へGO! ※リニューアル前のレポです。

-- 記事を読む Read More--

マイナス30度の極寒に震えが止まらない「アイスワールド」【神奈川】

マイナス30度の極寒に震えが止まらない「アイスワールド」【神奈川】

   神奈川県横浜みなとみらいは人気のデートスポット。そんなカップル満載の場所にも珍スポットは存在します。みなとみらいのアイスワールドではマイナス30度の極寒世界を体験できます。

-- 記事を読む Read More--

カップル満載なので決して一人では来ないで下さい「恋人岬」【静岡】

カップル満載なので決して一人では来ないで下さい「恋人岬」【静岡】

   静岡県伊豆の恋人岬は、決して一人で訪れてはいけない場所です。周りはほぼ100%カップル。特に夕暮れ時のロマンチックな雰囲気には耐えられません。逆にリア充カップルにはオススメ

-- 記事を読む Read More--

フランス風味「東洋のコートダジュールと富士見彫刻ライン」【静岡】

フランス風味「東洋のコートダジュールと富士見彫刻ライン」【静岡】

   ボンジュール。コマンタレヴ? 今日はコートダジュールにやってきました。でも実は『南仏の』コートダジュールではなく、静岡県伊豆にある『東洋の』コートダジュールなのです。

-- 記事を読む Read More--

さすってまたいで参拝! トイレと下半身の神様「明徳寺」【静岡】

さすってまたいで参拝! トイレと下半身の神様「明徳寺」【静岡】

   シモのお世話にはなりたくない、下半身にはいつまでも元気でいてほしいと願うもの。そんなときにお参りしたいのが静岡県伊豆の明徳寺。ここはトイレの神様を奉ってあるんですよ。

-- 記事を読む Read More--

(閉鎖)12年に1度必ずブレイクする「天城いのしし村」【静岡】

(閉鎖)12年に1度必ずブレイクする「天城いのしし村」【静岡】

   12年に一度、干支の亥年が来るたびに人気となる、静岡県伊豆の天城いのしし村へ時代を先取りしてやってきました。猪のサーカスなど呼び物もありましたが、2008年に閉園しました。

-- 記事を読む Read More--

ガバッと口をあける巨大な獅子頭の能舞台「難波八坂神社」【大阪】

ガバッと口をあける巨大な獅子頭の能舞台「難波八坂神社」【大阪】

   訪れたのは大阪なんば駅から歩いて5分ほどの難波八坂神社です。東の鳥居から入ると、がばっと口を開いて吠えているでっかい獅子頭。なんじゃこりゃ! 巨大な獅子頭舞台をご覧あれ。

-- 記事を読む Read More--

外国人観光客にぜひお勧めしたい物件「伊賀流忍者博物館」【三重】

外国人観光客にぜひお勧めしたい物件「伊賀流忍者博物館」【三重】

   外国人観光客をまとめて連れて行きたい。そんな場所が三重県伊賀上野の伊賀流忍者博物館です。くノ一のお姉さんがからくり満載の忍者屋敷を案内しつつ解説。手裏剣体験や忍者ショーも。

-- 記事を読む Read More--

たたずむ知多半島の兵馬俑「軍人墓地(中之院 たぬき寺)」【愛知】

たたずむ知多半島の兵馬俑「軍人墓地(中之院 たぬき寺)」【愛知】

   ずらりと並んだ軍人像。100体ぐらいあるでしょうか。等身大の2メートル近い像、胸の部分までの像。それぞれ軍服も顔つきも全て違います。ここは愛知県知多半島の中之院境内です。

-- 記事を読む Read More--

1 4 5 6 7