700万のウシとブタの命に感謝「鼻ぐり塚・福田海本部」【岡山】

鼻ぐり塚
何か分かりますか? 直径10センチほどのカラフルなプラスチックの輪がうずたかく積み重なっています。その数700万個。岡山市の宗教団体・福田海本部内にある鼻ぐり塚です。

山と積まれた700万個の鼻ぐりとは?

鼻ぐり塚
あまりの数に圧倒されます。山のように積まれたこの輪っかは鼻ぐりです。鼻ぐりは牛の鼻にはめられた鼻輪のことです。

ウシの恩に報いるために鼻輪を集めて奉納

鼻ぐり塚
人間のために労働したり、食べられたりした牛の恩に報いるために、鼻輪を集めて供養しているのがこの鼻ぐり塚なのです。700万というのはその牛たちのほんの一部。それ以上のお肉を我々は食べているんですね。

毎年数万個が奉納される

鼻ぐり塚
鼻ぐり塚はもともとは円墳で、その上に鼻ぐりを積みあげています。大正14年に作られて以来、毎年数万個の鼻輪が奉納されているとか。この年々巨大化してるんでしょうか。

牛さん豚さんありがとう

鼻ぐり塚
ブタの供養もされていて、ブタのブロンズ像も立っています。私は焼肉大好きなので念入りに念入りにお参りしました。ありがとう、牛さん、豚さん。

牛・豚はどうやって精肉になるの?

鼻ぐり塚
無数の鼻ぐりを見ると、肉は動物を屠(ほふ)ることで得られるのだなと改めて実感します。でも牛やブタの肉が精肉売り場に並ぶまでどんな過程を経るのか、一般に全然知られていないんですよね。

差別用語だから変換できない?

鼻ぐり塚
このレポートを書いて気づいたのですが、「屠殺(とさつ)」という言葉がATOKで漢字変換できませんでした。差別問題などいろいろなことが絡んでいるのは分かるんですが、毎日食べているものなのに口に出しちゃダメとか、精肉加工の工程をまるで分かってないとか変じゃないかなあ。

屠殺は「屠畜」と言い換えられているが、一般には浸透していない状況。でも特に言い換える必要はないのではと個人的に思う。

鼻ぐりの前で頭を垂れる

鼻ぐり塚
スーパーにパック詰めされた肉ばかり見ていると忘れがちですが、私たちは牛や豚の命をいただいているんですよね。山積みの鼻ぐりの前に立てば、動物たちに感謝せずにはいられません。(2008年05月03日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

鼻ぐり塚・福田海本部
住所 :岡山県岡山市吉備津795
電話 :086-287-3008
時間 :参拝自由
拝観料:100円(護摩木料)
駐車場:無料
関連URL:Japan Geographic
※情報修正2016年09月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。