神武天皇が乗った亀は神武東征伝説の証拠か「亀石神社」【岡山】

亀石神社
岡山市亀石神社。亀石というと奈良県明日香村の奇石・亀石を連想しますが、こちらは亀石(かめいわ)。 神武天皇が神武東征の時に乗った亀が化石化したものと言い伝えられています。

亀が動いた時に奈良は海に沈む!?「飛鳥奇石群(7)亀石」【奈良】
   静かに微笑んでいるかのような、カメの形のヘタウマ彫刻。奈良県の亀石は長さ3.6m、幅2.1m、高さ1.8m。何のための石なのかははっきりと分かっていない謎の石造物です。

旧暦6月には亀石祭りを開催

亀石神社
この神社の御神体は亀の形をした岩。旧暦の6月15日の夜には、五穀豊穣を祈る亀石祭りが開かれ、ちょうちんで飾り付けられたシャギリ舟が湾に浮かびます。亀石は直径2メートルほど。この岩は潮が満ちてくると水に浸ってしまいます。

祭りの様子は気まぐれ写真館様の亀石祭りに行ってきました前編後編で写真を見ることができる。

海に面した変わった神社

亀石神社
この神社が変わっているのは、海に面しているところです。広島の厳島神社みたいですね。御神体である亀石は昼間でも半分海水に浸っているような状態で、なるほど亀が首をもたげて水面に浮かんでいるようにも見えます。

神武天皇を案内した亀が岩に

亀石神社
この亀は神武天皇(カムヤマトイワレビコ)が神武東征の時に、大亀に乗った釣り人・字豆毘古(ウズヒコ)が現れ、水先案内をつとめた大亀が化石になったものと伝えられています。ひょっとすると字豆毘古が乗っていたのは世界最大のウミガメ・オサガメだったのかな。なんてね。

神武東征は単なる伝説か?

亀石神社
神武天皇は吉備国で8年(日本書紀では3年)も過ごしています。これは当時の日本人の寿命を考えてもかなり長い滞在です。神武東征は神話であり、東征を行ったかどうか、また神武天皇自体の実在自体も不確かと言われています。しかしこの亀岩をはじめ岡山に点在する遺跡を見てもなんらかの勢力がこの地に存在したことは明らかです。

神武東征が史実であるとする説がある一方、神武東征は単なる神話であり神武天皇も架空の人物であるとも考えられている。つまり神武東征は大和政権の権威付けのために作られた創作物であるという説である。考古学的には九州起源説を証明する資料はまだ見つかっていない。しかし九州から中国地方にかけて有力な勢力が存在し大和の文化的影響があったことは間違いないだろう。

桃太郎伝説、吉備津彦伝説との類似

亀石神社
岡山の『桃太郎』のお話は神武東征のストーリーと構造が似ています。また桃太郎の元となった吉備津彦伝説(吉備地方の温羅を退治する話)にも容易に結びつきます。古代、この地に何らかの戦いがあったのは間違いありません。桃太郎伝説、吉備津彦伝説、神武東征伝説をつなぐものはいったいなんでしょうか。

歴史マニアは乞うご期待

亀石神社
なぜ神武天皇はこの吉備の地を征服しようとしたのか、何が狙いだったのか。そして吉備津彦伝説で討伐された温羅とは何者だったのか。このあたりのことは一連のレポートを通して少しずつ書いていきたいと思います。歴史マニアの胸躍らせる、古代史レポートに乞うご期待☆(2008年05月03日訪問)【麻理】

追記:2012/06/25


Youtubeにkintoto484様が亀石神社の 亀石まつりの様子を動画でアップされていました。夜空と提灯の明かりが幻想的ですね。

岡山・吉備津彦関連の地レポート

鬼がたてこもった城、桃太郎と吉備津彦伝説の地「鬼ノ城」【岡山】
   岡山と言えば桃太郎。でも実は桃太郎伝説は日本各地にあります。ではなぜ岡山が桃太郎の地と言われているのでしょうか? 桃太郎の元となった吉備津彦伝説の地・鬼ノ城を訪ねました。
鬼が变化したコイを桃太郎が食べて退治!?「鯉喰神社」【岡山】
   倉敷市の鯉喰神社。岡山県には桃太郎、吉備津彦、温羅に関する伝説の地が点在しています。ここは鵜と变化した吉備津彦がコイ(温羅)を喰いあげ、退治したと言われている神社です。
かまどの下に埋められた鬼の首が吉凶を占う「吉備津神社」【岡山】
   岡山の吉備津神社は伝説の英雄・吉備津彦が陣を張った神社です。ここには吉備津彦に倒された鬼・温羅の首が埋まっており、その首に吉凶を占わせる鳴釜神事が行われることで有名です。
温羅は悪鬼か? それとも吉備の救世主か?「吉備津彦神社」【岡山】
   鬼神・温羅を見事退治した、英雄・吉備津彦。でもこれって本当? 歴史は勝者の言で作られるもの。実はもう一つ別の伝説もあるのです。岡山の吉備津彦神社と温羅についての考察です。
珍度日本一の桃太郎「岡山駅・吉備SA・吉備津彦神社」【岡山】
   吉備王国・岡山には各地に桃太郎像が設置されています。これは吉備津彦神社の桃太郎像。これほど珍な桃太郎像は見たことがありません。犬・サル・キジの造形が素晴らしすぎます。
神武天皇が乗った亀は神武東征伝説の証拠か「亀石神社」【岡山】
   岡山市の亀石神社。亀石というと奈良県明日香村の奇石・亀石を連想しますが、こちらは亀石(かめいわ)。 神武天皇が神武東征の時に乗った亀が化石化したものと言い伝えられています。
山中に石積みピラミッド!? 謎が謎を呼ぶ遺跡「熊山遺跡」【岡山】
   南米インカ帝国のピラミッドかマヤ文明の遺跡か!? 実はこの石積みプラミッドは岡山県赤磐市にある熊山遺跡です。謎が謎を呼ぶ、古代吉備王国のロマンあふれる地を訪ねました。
謎のストーンサークルと日本最大の弥生古墳「楯築遺跡」【岡山】
   ストーンサークルといえばストーンヘンジが有名ですが、輪のように丸く並べられた巨石群、環状列石は日本各地にあります。岡山県の楯築遺跡は丘の上に石が同心円上に配置されています。

参考文献

地図&情報

亀石神社(かめいわじんじゃ)
住所 :岡山県岡山市水門町
駐車場:なし
関連URL:【亀石まつり】アクセス・イベント情報 – じゃらんnet
※情報修正2017年09月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。