謎のストーンサークルと日本最大の弥生古墳「楯築遺跡」【岡山】

楯築遺跡
ストーンサークルといえばストーンヘンジが有名ですが、輪のように丸く並べられた巨石群、環状列石は日本各地にあります。岡山県楯築遺跡は丘の上に石が同心円上に配置されています。

ごく一部のマニアのための記事

楯築遺跡
当ブログでは珍スポットからはややはずれるものの、「古代ロマンシリーズ」として数々の不思議な遺跡を訪ねてレポートしています。ごく一部のマニアの方を除いてほとんど読者さんの反応のないシリーズですが、かまわずガンガンご紹介。

同心円上に並べられた巨石

楯築遺跡
住宅街の真ん真ん中に突然現れる王墓の丘史跡公園。坂を登っていくと頂上部に現れる巨石群。思わず息をのみます。高さは1.5メートル~3.5メートル、幅は30センチ~60センチほどの石が同心円上に配置されています。

弥生時代後期の日本最大の墳丘墓

楯築遺跡
楯築遺跡は弥生時代後期の巨大な墓の一部。しかも当時に作られた墳丘墓としては日本最大のものなんですよ! 中心から北東方向と南西方向に突出部がある特徴的な形(キャンディのような形)は後の前方後円墳の元になっていると言われています。

副葬品もざっくざく!

楯築遺跡
発掘調査により中央部の縦穴からは極めて珍しい木槨木棺墓(もっかくもくかんぼ:木で作られた外箱の中に木棺を置く墓)が出土しており、性別不明の熟年の歯に加え、ひすいの勾玉、鉄剣、朱(水銀朱)などどっさり副葬品が出てきているんです。

特に朱は30キログラムという異常な多さ。日本でとれない朱がこれほどあるとすると、当然大陸との結びつきも考えられるってわけ。

亀石は古代吉備王国の夢を見るか

楯築遺跡
列石の中央には亀石と言われる石が御神体として奉られていたとされ、表面には曲線が渦巻いたような文様(帯状曲線入組文様)が刻まれています。何らかの儀式を行っていたのでしょうか? ひょっとすると古代吉備王国の謎が隠されているのかも!(亀石は楯築神社の御神体となっている)

巨石は何のため? 誰が眠ってるの?

楯築遺跡
巨石は吉備津彦伝説では、鬼である温羅(うら・おんら)と戦ったときに、矢を跳ね返すために作った石の楯(たて)と言われています。でもそれは伝説で、この地方に有力な政治勢力があったのは間違いありません。吉備地方には100メートル以上の巨大古墳が18基もあります。いったい何のためにストーンサークルがあるのか、そして葬られていた人は誰?

ロマン溢れる謎の遺跡

楯築遺跡
当時海岸線がこの近くまであったことや、亀石をはじめ石の表面を加工した跡が見られることから、楯築遺跡は何らかの儀式的または呪術的な空間ではないかと言われています。また葬られていた人物は古代吉備王国の支配者の1人だと考えられます。想像を働かせる余地がある、ロマンいっぱいの遺跡ですね。

古代吉備王国って何だよー!

楯築遺跡
学校の日本史では九州と大和が日本のはじまり──と習いました。でも岡山の地に、当時高度な文明を誇る吉備王国が存在していたという説を主張する人も多いのですよ。歴史は勝利した者が作ると言われますよね。大和政権が統一するまでにも各地にたくさんの王国があったはず遺跡はかつて存在していた文化を雄弁に語ってくれるのです。

なんでこんな貴重な古墳をぶっつぶすの!?

楯築遺跡
このように楯築遺跡は超A級の遺跡にもかかわらず、団地造成でかなりの部分がぶっつぶされて、今は南西部がまるまる給水塔になっています。地域の人の生活の大切さも分かります。でも給水塔は絶対ここに作らねばならなかったのでしょうか……。(2008年05月04日訪問)【麻理】

岡山・吉備津彦関連の地レポート

鬼がたてこもった城、桃太郎と吉備津彦伝説の地「鬼ノ城」【岡山】
   岡山と言えば桃太郎。でも実は桃太郎伝説は日本各地にあります。ではなぜ岡山が桃太郎の地と言われているのでしょうか? 桃太郎の元となった吉備津彦伝説の地・鬼ノ城を訪ねました。
鬼が变化したコイを桃太郎が食べて退治!?「鯉喰神社」【岡山】
   倉敷市の鯉喰神社。岡山県には桃太郎、吉備津彦、温羅に関する伝説の地が点在しています。ここは鵜と变化した吉備津彦がコイ(温羅)を喰いあげ、退治したと言われている神社です。
かまどの下に埋められた鬼の首が吉凶を占う「吉備津神社」【岡山】
   岡山の吉備津神社は伝説の英雄・吉備津彦が陣を張った神社です。ここには吉備津彦に倒された鬼・温羅の首が埋まっており、その首に吉凶を占わせる鳴釜神事が行われることで有名です。
温羅は悪鬼か? それとも吉備の救世主か?「吉備津彦神社」【岡山】
   鬼神・温羅を見事退治した、英雄・吉備津彦。でもこれって本当? 歴史は勝者の言で作られるもの。実はもう一つ別の伝説もあるのです。岡山の吉備津彦神社と温羅についての考察です。
珍度日本一の桃太郎「岡山駅・吉備SA・吉備津彦神社」【岡山】
   吉備王国・岡山には各地に桃太郎像が設置されています。これは吉備津彦神社の桃太郎像。これほど珍な桃太郎像は見たことがありません。犬・サル・キジの造形が素晴らしすぎます。
神武天皇が乗った亀は神武東征伝説の証拠か「亀石神社」【岡山】
   岡山市の亀石神社。亀石というと奈良県明日香村の奇石・亀石を連想しますが、こちらは亀石(かめいわ)。 神武天皇が神武東征の時に乗った亀が化石化したものと言い伝えられています。
山中に石積みピラミッド!? 謎が謎を呼ぶ遺跡「熊山遺跡」【岡山】
   南米インカ帝国のピラミッドかマヤ文明の遺跡か!? 実はこの石積みプラミッドは岡山県赤磐市にある熊山遺跡です。謎が謎を呼ぶ、古代吉備王国のロマンあふれる地を訪ねました。

追記:2008年09月25日

楯築遺跡
この地域に住んでいる方からお叱りをうけました。この記事は決して住人の方を侮辱する意味で書いたのではなく、宅地造成計画を立てる際に、行政はもう少し慎重になってほしいという思いで書きました。何が何でも、給水塔を古墳の上に建てる必要があったのでしょうか? 「文化財を大切にしましょう」という説明書きが皮肉に感じました。

古墳という日本の財産を守るために、別の地域を用意するなど何らかのやり方があったと思うのです。一度失ったものは二度と取り戻せません。古墳に限らず、今後自然環境、歴史的建造物などを破壊する前にぜひ討議を重ねて頂きたいと思っています。

参考文献

地図&情報

楯築遺跡(たてつきいせき)・王墓の丘史跡公園
住所 :岡山県倉敷市矢部
電話 :086-426-3851(倉敷市文化財保護課)
時間 :見学自由
休業日:年中無休
入場料:無料
駐車場:無料
※情報修正2016年09月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。