かまどの下に埋められた鬼の首が吉凶を占う「吉備津神社」【岡山】

鬼ノ城・鯉喰神社・吉備津神社
岡山の吉備津神社は伝説の英雄・吉備津彦が陣を張った神社です。ここには吉備津彦に倒された鬼・温羅の首が埋まっており、その首に吉凶を占わせる鳴釜神事が行われることで有名です。

不思議な景観の回廊

鬼ノ城・鯉喰神社・吉備津神社
吉備津彦はこのあたりに館を持ち、温羅退治の後数百歳まで生きたとか。本殿と末社などをつなぐ回廊が延々と延びていますよ。総延長は398メートル。ゆるやかなスロープ、規則正しい配置の柱。人がいなくなるとまるでRPGのCGの中にいるような気がしてくる不思議な景観です。

温羅の首が埋まっている御竈殿

鬼ノ城・鯉喰神社・吉備津神社
回廊の途中にある御竈殿(おかまでん)です。この内部にあるかまどの下、2.4メートルには、温羅の首が埋められているんですよ。吉備津彦に首をはねられてさらし首にされても、うなりつづけたという温羅。うるさいので犬に喰わせたけれど(ヒドイね)、骨になってもうなり続けたそうです。

世の吉凶を占う鬼の首

鬼ノ城・鯉喰神社・吉備津神社
仕方なく吉備津神社の御竈殿に頭蓋骨を埋めたものの、13年間もうなり声が止みませんでした。ある夜、温羅が吉備津彦の夢に現れて、釜で神饌(しんせん:神への供物)を炊けば、世の吉凶を占うと約束します。

鳴釜神事の由来

鬼ノ城・鯉喰神社・吉備津神社
これが釜に湯を沸かして吉凶を占う鳴釜神事(なるかましんじ)の由来です。上田秋成の『雨月物語(吉備津の釜)』にも登場する有名な神事です。私が御竈殿を訪れたとき、ちょうど鳴釜神事が行われていました。実際に釜はウォーン、ボーッという音をたてるのです。

内部は撮影禁止なのでこの写真は御竈殿前に掲示されていた説明書きのものです。

今でも行われている占い

鬼ノ城・鯉喰神社・吉備津神社
中を覗くと、巫女さん、神主さんがご家族の前で祝詞をとなえて占いをしていました。岡山では数千年前の吉備津彦伝説が今も生活に息づいているんですね。このような神事が現代でも岡山で綿々と行われていることに感激しました。

名物「桃太郎蕎麦」を食べながら

鬼ノ城・鯉喰神社・吉備津神社
吉備津神社の前にあるお土産屋さんで一休み。名物の「桃太郎ソバ」を食べながら伝説について想像に耽りました。

百済からやってきたという鬼・温羅とはいったい誰だったのか? かつて大和朝廷に匹敵するほどの強大な勢力、高度な文明を持つ国があったという「古代吉備王国」説。古事記・日本書紀にも「吉備津彦」の文字はあるのに、その後正史から消えてしまったのはなぜなのか?

桃太郎は吉備津彦なのかは論争の的。桃太郎の民話の成立は一番古くても室町時代ぐらいと言われているし、全国に同じ形態の話が存在するため。吉備津彦伝説とはたまたま類似しているだけなのかもしれない。

キジ肉入りはありなのか?

鬼ノ城・鯉喰神社・吉備津神社
気になるのは、実は吉備津彦伝説にはもう一つ別のお話があるということ。それについては次回のレポートでお話しましょう。ところで桃太郎ソバの中の具にキビ団子とキジ肉が入ってました。キビはいいけど、けらいを食べちゃっていいのか。美味しいけど。(2008年05月04日訪問)【麻理】

温羅は悪鬼か? それとも吉備の救世主か?「吉備津彦神社」【岡山】
    鬼神・温羅を見事退治した、英雄・吉備津彦。でもこれって本当? 歴史は勝者の言で作られるもの。実はもう一つ別の伝説もあるのです。岡山の吉備津彦神社と温羅についての考察です。

岡山・吉備津彦関連の地レポート

鬼がたてこもった城、桃太郎と吉備津彦伝説の地「鬼ノ城」【岡山】
    岡山と言えば桃太郎。でも実は桃太郎伝説は日本各地にあります。ではなぜ岡山が桃太郎の地と言われているのでしょうか? 桃太郎の元となった吉備津彦伝説の地・鬼ノ城を訪ねました。
鬼が变化したコイを桃太郎が食べて退治!?「鯉喰神社」【岡山】
    倉敷市の鯉喰神社。岡山県には桃太郎、吉備津彦、温羅に関する伝説の地が点在しています。ここは鵜と变化した吉備津彦がコイ(温羅)を喰いあげ、退治したと言われている神社です。
温羅は悪鬼か? それとも吉備の救世主か?「吉備津彦神社」【岡山】
    鬼神・温羅を見事退治した、英雄・吉備津彦。でもこれって本当? 歴史は勝者の言で作られるもの。実はもう一つ別の伝説もあるのです。岡山の吉備津彦神社と温羅についての考察です。
珍度日本一の桃太郎「岡山駅・吉備SA・吉備津彦神社」【岡山】
    吉備王国・岡山には各地に桃太郎像が設置されています。これは吉備津彦神社の桃太郎像。これほど珍な桃太郎像は見たことがありません。犬・サル・キジの造形が素晴らしすぎます。
神武天皇が乗った亀は神武東征伝説の証拠か「亀石神社」【岡山】
    岡山市の亀石神社。亀石というと奈良県明日香村の奇石・亀石を連想しますが、こちらは亀石(かめいわ)。 神武天皇が神武東征の時に乗った亀が化石化したものと言い伝えられています。
山中に石積みピラミッド!? 謎が謎を呼ぶ遺跡「熊山遺跡」【岡山】
    南米インカ帝国のピラミッドかマヤ文明の遺跡か!? 実はこの石積みプラミッドは岡山県赤磐市にある熊山遺跡です。謎が謎を呼ぶ、古代吉備王国のロマンあふれる地を訪ねました。
謎のストーンサークルと日本最大の弥生古墳「楯築遺跡」【岡山】
    ストーンサークルといえばストーンヘンジが有名ですが、輪のように丸く並べられた巨石群、環状列石は日本各地にあります。岡山県の楯築遺跡は丘の上に石が同心円上に配置されています。

参考文献

地図&情報

吉備津神社
住所 :岡山県岡山市吉備津931
電話 :086-287-4111
休業日:年中無休
時間 :08:30~18:00
駐車場:無料
関連URL:吉備津神社
※情報修正2016年09月

スポンサーリンク

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。