珍度日本一の桃太郎「岡山駅・吉備SA・吉備津彦神社」【岡山】

桃太郎
吉備王国・岡山には各地に桃太郎像が設置されています。これは吉備津彦神社の桃太郎像。これほど珍な桃太郎像は見たことがありません。犬・サル・キジの造形が素晴らしすぎます。

JR岡山駅前の桃太郎像

桃太郎
こちらは超有名・正統派のJR岡山駅前の桃太郎像。岡山の旅番組では必ず登場する桃太郎だから、あなたも見たことがあるはず。待ち合わせ場所としても人気で、若人が集うこの広場で写真を撮るのはヒジョーに恥ずかしかったです。

ハトまっしぐらの桃太郎

桃太郎
この桃太郎は若者だけじゃなくて、ハトにも大人気。写真だと2匹しか見えないけど、ハトがひっきりなしに飛んできて止まっているので、全身フンだらけなんですよ。撥水加工でコーティングして雨で流れるようにしてあるらしいんですが、あちこちが白いフンで汚れていてちょっとカワイソ。

地図&情報

JR岡山駅前の桃太郎像
住所 :岡山県岡山市駅元町1-1
電話 :086-225-9223(岡山駅 総合案内所)

吉備サービスエリアの桃太郎像

桃太郎
次に吉備サービスエリアの桃太郎像。カラフルに彩色されていて、なかなか凛々しいお顔だち。イヌ、サル、キジの他にも子供をお供にひきつれてます。

お供の3匹の遊具も

桃太郎
広い敷地内にはお供のけらいたちの遊具もありました。レトロな自動販売機をバックにしばし憩いの一時をどうぞ。

名物・赤鬼ソフト&桃太郎ソフト

桃太郎
吉備SA(下り線)の珍名物は赤鬼ソフトクリーム桃太郎ソフトクリーム。次々にお客さんがカウンターに向かっています。260円なり。両方食べてみましょう。

赤鬼の方がお薦めかな

桃太郎
赤鬼ソフトは唐辛子入りのイチゴソフトで鬼の金棒付き。時々ピリリと舌を刺す刺激が甘さと妙に合います。桃太郎ソフトはバニラ味で本きびと吉備団子のトッピング。ソフト自体は普通ですが、ポリポリしたきびの食感が新鮮。赤鬼の方が面白い味です。

地図&情報

吉備サービスエリアの桃太郎像
住所 :岡山県岡山市今岡476
電話 :086-284-8618
休業日:年中無休
駐車場:無料
関連URL:吉備(きび)サービスエリア(下り線)

吉備津彦神社の桃太郎像

桃太郎
最後にご紹介するのが、究極の珍像吉備津彦神社の桃太郎像。吉備津彦神社は以前温羅についての考察を書きました。この桃太郎像は駐車場の隅っこにひっそり立っているので見逃しがちですが、これぞ珍スポマニアにはぜひ見て頂きたいという逸品!

温羅は悪鬼か? それとも吉備の救世主か?「吉備津彦神社」【岡山】
   鬼神・温羅を見事退治した、英雄・吉備津彦。でもこれって本当? 歴史は勝者の言で作られるもの。実はもう一つ別の伝説もあるのです。岡山の吉備津彦神社と温羅についての考察です。

こんな桃太郎見たことない!

桃太郎
かつてこれほどエキセントリックな桃太郎像をワタクシは見たことがありません。特にお供の3匹。その素晴らしいへなちょこ感に脱力しきりです。こんなに頼りなくて果たして鬼と闘えるのでしょうか。

絶妙な味のイヌ・サル・キジ

桃太郎
桃太郎の着物の裾をつかんでおびえ気味に立ってるサル。その姿はまるで捕まえられた宇宙人。そして何の役にも立ちそうにない痩せたキジ。

特に犬がやばい

桃太郎
特にヤバイのが、目が段違い平行になってあらぬ方向を見つめているイヌ、なぜ彼らをお供に選んだのか、桃太郎よ。私は今後3匹のお供の像を思い出すことで、どんな苦しい時にも笑うことができる、そんな気がする。

レッツ桃太郎ウォッチング

桃太郎
岡山にはいたるところに桃太郎像や桃太郎イラストがあります。岡山観光の際、いろんなバージョンの桃太郎ウォッチングも楽しいかと思います。(2008年05月03日訪問)【麻理】

岡山・吉備津彦関連の地レポート

鬼がたてこもった城、桃太郎と吉備津彦伝説の地「鬼ノ城」【岡山】
   岡山と言えば桃太郎。でも実は桃太郎伝説は日本各地にあります。ではなぜ岡山が桃太郎の地と言われているのでしょうか? 桃太郎の元となった吉備津彦伝説の地・鬼ノ城を訪ねました。
鬼が变化したコイを桃太郎が食べて退治!?「鯉喰神社」【岡山】
   倉敷市の鯉喰神社。岡山県には桃太郎、吉備津彦、温羅に関する伝説の地が点在しています。ここは鵜と变化した吉備津彦がコイ(温羅)を喰いあげ、退治したと言われている神社です。
かまどの下に埋められた鬼の首が吉凶を占う「吉備津神社」【岡山】
   岡山の吉備津神社は伝説の英雄・吉備津彦が陣を張った神社です。ここには吉備津彦に倒された鬼・温羅の首が埋まっており、その首に吉凶を占わせる鳴釜神事が行われることで有名です。
温羅は悪鬼か? それとも吉備の救世主か?「吉備津彦神社」【岡山】
   鬼神・温羅を見事退治した、英雄・吉備津彦。でもこれって本当? 歴史は勝者の言で作られるもの。実はもう一つ別の伝説もあるのです。岡山の吉備津彦神社と温羅についての考察です。
神武天皇が乗った亀は神武東征伝説の証拠か「亀石神社」【岡山】
   岡山市の亀石神社。亀石というと奈良県明日香村の奇石・亀石を連想しますが、こちらは亀石(かめいわ)。 神武天皇が神武東征の時に乗った亀が化石化したものと言い伝えられています。
山中に石積みピラミッド!? 謎が謎を呼ぶ遺跡「熊山遺跡」【岡山】
   南米インカ帝国のピラミッドかマヤ文明の遺跡か!? 実はこの石積みプラミッドは岡山県赤磐市にある熊山遺跡です。謎が謎を呼ぶ、古代吉備王国のロマンあふれる地を訪ねました。
謎のストーンサークルと日本最大の弥生古墳「楯築遺跡」【岡山】
   ストーンサークルといえばストーンヘンジが有名ですが、輪のように丸く並べられた巨石群、環状列石は日本各地にあります。岡山県の楯築遺跡は丘の上に石が同心円上に配置されています。

参考文献

地図&情報

吉備津彦神社(きびつひこじんじゃ)
住所 :岡山県岡山市一宮1043
電話 :086-284-0031
休業日:年中無休
駐車場:無料(100台)
関連URL:吉備津彦神社
※情報修正2017年07月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。