君が代のさざれ石っていったいどんな石?「吉備津彦神社」【岡山】

吉備津彦神社・さざれ石
君が代は千代に八千代に さざれ石のいわおとなりて。岡山県吉備津彦神社内のさざれ石。正確にはさざれ石そのものではなくて「さざれ石の巌」となったものです。

広告

正確には「さざれ石の巌」

吉備津彦神社・さざれ石
さざれ石と書いてありますが、実は正確にはさざれ石そのものではなくて、さざれ石の巌となったものなんです。さざれ石とは小さい砂利、小石です。この写真のものは小石(さざれ石)の石灰質が雨などで凝縮し、ぎっちり固まった岩石です。

広告

岩石と鉱物の違いを知ってますか?

吉備津彦神社・さざれ石
ついでに岩石鉱物の違いをご説明すると、岩石というのは鉱石などいろんな成分を含んだものです。岩石は小さい石がたくさん集まったもの。一方鉱物とは一つの単体でできてます。

たとえば鉱物であるダイヤモンドはどんどん小さく割っても炭素の同素体であるダイヤモンドそのものですが、岩石であるさざれ石は、細かく細かくしていくといろんな鉱物に分かれる石含石なのです。

小石が大きくなって大岩になるまで

君が代は、「細かい石がどんどん固まり続けて、やがて大きな巌(いわお)となって、コケが覆うようになるような長い年月、ずっと君が代が続きますように」という歌詞です。

さざれ石の岩石は全国あちこちに奉られていますので、あなたの住む街の神社の境内にもあるかもしれませんよ。(2008年05月03日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

吉備津彦神社(きびつひこじんじゃ)
住所 :岡山県岡山市一宮1043
電話 :086-284-0031
休業日:年中無休
拝観料:無料
駐車場:無料
関連URL:吉備津彦神社
※情報修正2017年07月

広告