狛犬じゃなくて足の形の狛足がある鳥居!?「足王神社」【岡山】

足王神社
岡山県足王神社は足の怪我や病気に効くという神様です。狛犬のかわりに足が鳥居の前に奉られているところが変わっています。黒々とした石の足が力強く台座を踏みしめています。

鳥居の前にあるのは……

足王神社
足の形をした狛石はアフリカ産の黒石でできているということです。福井の三方石観音も手足の病気に御利益がある観音様が奉られていましたね。私も珍スポット巡りで足を酷使しますからお参りすることにしました。

手型足型が山のように積まれているお堂「三方石観音」【福井】
   福井県の三方石観音。観音川に沿った参道を上っていくと森の中にひっそりとお堂が建っています。ここは昔から手足の病気や怪我に御利益があり、お堂の中は手足を模した木がぎっしり。

足の裏以外ならなでられます

足王神社
自分の足の痛むところ、悪いところと同じ部分をさすったり、さすった手で患部をなでると良いそうですよ。足の裏を撫でたかったんだけど、台座に固定されているから無理。全体的になでなでしてきました。

祭神は大国主命・手名椎・足名椎

足王神社
江戸時代に梶浦勘助という人が自宅に奉っていたのが始まりだそうです。最初は手名椎(てなづち)・足名椎(あしなづち)の二柱を奉っていたのですが、昭和28年に大国主命が祭神となりました。

日本神話の登場人物

足王神社
この手名椎・足名椎とは誰かというと、神話のヤマタノオロチのお話に出てくる夫婦なんです。ヤマタノオロチに娘を差し出して悲しんでいた、あの夫婦。「ナヅ」というのは撫でるという意味です。娘の手足を愛情を込めて撫でている様子が浮かんできませんか? 手名椎を祀っているということは、手の病気もOKなのかしら。

丈夫な足でありますように

足王神社
残念ながら見ることはできなかったんですが、ここには三方石観音と同じく、ギプスや松葉杖が奉納されています。リウマチ、脚気、捻挫、骨折、痛風などに効くみたい。またカマやハサミも奉納されています。これは「病の根を切る」って意味。どうぞ今後も丈夫な足でありますように☆(2008年05月03日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

足王神社(あしおうじんじゃ)
住所 :岡山県赤磐市和田519
電話 :090-1359-0922(宮司さん・山本栄一さんの携帯電話)
時間 :参拝自由
駐車場:あり(無料)
関連URL:‎足王神社
※情報修正2017年07月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。