手づくり絵馬のおっぱいがいっぱい「乳神様・軽部神社」【岡山】

乳神様・軽部神社
おっぱい絵馬がいっぱい! ここは岡山県軽部(かるべ)神社です。またの名を乳神様。そう、おっぱいに関する神社なのです。いろんなおっぱい絵馬が奉納されているんですよ。

おっぱいのお寺は愛知県にも

乳神様・軽部神社
「ん? おっぱい関連の記事見たことあるぞ」というあなた、実に記憶力が良いですね。愛知県の龍音寺・間々観音(ままかんのん)もおっぱいに関するスポットでした。あっちはお寺で、ここは神社。おっぱいに関する願いは女性(男性も?)共通なのですから、全国あちこちにあってもおかしくはありません。

おっぱいがいっぱい「間々(まま)観音」【愛知】

切実な祈りが込められた場所

乳神様・軽部神社
もちろんふざけた場所ではありませんよ。「赤ちゃんにたくさんおっぱいがあげられますように」「おっぱいの病気が治りますように」と切実に願いを込めてお祈りする神社です。

のんびりした田舎の神社

乳神様・軽部神社
辺りは田んぼと山と川。心和む自然がいっぱい。鳥居をくぐって石段を上ってみましょう。木々が生い茂っていて、いかにも「のんびりした田舎の神社」といった風景。ステキです。

地元の方に大切にされている様子

乳神様・軽部神社
こちらはお堂。古びた風情ですが掃除が行き届いている感じなので、きっとこのあたりの住民の方々にも大切にされているのでしょうね。

手作りの味があるおっぱい

乳神様・軽部神社
おっぱいの絵馬は布に綿をつめて縫い縮めて作られたものが多いです。いわゆる、ぬいぐるみみたいなものですね。紙粘土で作られたおっぱいもありました。大きいおっぱい、小さいおっぱい。手作りの味があります。

病気の方が癒えますように

乳神様・軽部神社
赤ちゃんを思うお母さんの絵馬は思わず笑みがこぼれますが、病気の方の絵馬を見ると「どうかこの人の病が癒えますように」と手を合わせずにいられません。間々観音と比べると軽部神社はひっそりしている分、より真摯な気持ちなります。

巨木・垂乳根の桜

乳神様・軽部神社
境内に途中から切られて根だけがのこっている桜があります。これは「垂乳根の桜(たらちねのさくら)」という大木です。昭和15年ごろ枯死したそうです。花が咲いていた時はさぞ見事だったでしょうね。

神社の入り口のたらちね橋

乳神様・軽部神社
帰り道にふと橋を見てみるとたらちねばしと書かれていました。たらちねは「垂乳根」と書くことから、一般には「垂れたおっぱいのこと」と解釈されることが多いようですね。

男子のあなたも満ち足りる

乳神様・軽部神社
しかし「たらち」は「満ち足りた」という意味の言葉で、必ずしもお母さんだけを差すのではなく「お父さん・両親」という意味もあります。だから男子諸君もお参りに行って全然ダイジョーブ! 美しい自然にも満ち足りた気持ちになりますよ。(2008年05月04日訪問)【麻理】

追記

乳神様・軽部神社
軽部神社絵馬奉納キットが発売されたそうだ(軽部神社絵馬奉納キット)。ご祈念済み「ストラップ御守り」付で税込み2000円! 手作りに自信のないあなたもこれで安心☆

参考文献

地図&情報

乳神様(ちちがみさま)・軽部神社(かるべじんじゃ)
住所 :岡山県総社市清音軽部
電話 :0866-92-8277(総社市商工観光課 観光プロジェクト係)
休業日:年中無休
拝観料:無料
駐車場:なし
関連URL:軽部神社
※情報修正2017年07月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。