目の部分は時計! カメの形をしたカワイイ駅舎「亀甲駅」【岡山】

亀甲駅
岡山県美咲町のJR津山線・亀甲駅は、見たまんまカメの形をしている駅です。巨大なカメの頭が甲羅に見立てた屋根から突きだしています。目は時計になっていてキュート!

亀の形をした駅舎

亀甲駅
横から見るとこんな感じ。私の大きさと比べると亀の頭の大きさは3、4メートルはあるでしょうか。屋根にはちゃんと甲羅模様もデザインされているんですよ。

明治33年に亀甲駅に

亀甲駅
きっこうではなくて、かめのこうえきと読むんですね。中国鉄道(明治33年に開通:現JR津山線)の駅名に亀甲と名付けられて以来、亀甲駅は縁起の良い駅として有名になりました。

亀甲岩の不思議な伝説

亀甲駅
でも命名の理由は地名が亀甲だったからではありません。この地に亀甲(かめのこう)岩と不思議な伝説があったからなんです。この写真がその亀甲岩。駅から5分ほど歩いたところにあります。ボコボコしていて、カメの甲羅のようでしょう?

伝説1:巡礼者

亀甲駅
昔々、この地で行き倒れた巡礼者がいました。村人が巡礼者を供養して葬ると、ある月の晩に巡礼者を埋葬した地から大きな岩がせりあがりました。岩の上には弘法大師の尊像が乗っていました。その岩がカメに似ていたことから、亀甲岩と名付けて大切にするようになったそうです。弘法大師、全国に伝説残してますね。

伝説2:原田三河守

亀甲駅
また別の説もあります。稲荷山城主であった原田三河守の娘が新免伊賀守に嫁いだ際、原田三河守は娘に里帰りして欲しかったので別荘を造りました。ある時その別荘に大きな岩が出現し、岩がカメの形をしていることを吉兆として喜んだと伝えられています。巡礼者説にしても、原田三河守説にしてもどちらも心温まる伝説ですね。

愛嬌のある亀の頭

亀甲駅
亀甲駅の亀は目が時計になっています。口元がにやりと笑っているようでなかなか愛嬌のある顔をしています。このデザインをした建築家の方はユーモアセンスがありますね。

周辺にはカメにまつわるオブジェ

亀甲駅
この駅がカメの形になったのは平成7(1995)年のこと。以来カメは地域のシンボルになりました。近隣にはカメにまつわるオブジェや建築物が点在しています。亀の橋にカメの形の看板。

トイレまでカメの形とは!

亀甲駅
なんとカメの形の公衆トイレなんてものもあるんですよ! すごい徹底していますね。カメは建築やデザインに取り入れやすい形をしているのでしょうね。亀井さんや亀山さんなど亀のつくお名前の方はぜひ観光に訪れてほしい地です。

ほのぼのカメコレクション

亀甲駅
駅舎の中にはカメグッズを集めた棚が置かれています。オモチャやフィギュア、ぬいぐるみまで、いろんなカメが大集合。駅の職員の方や住民の方から寄せられたものかしら。ほのぼのしていますね。

本物のカメも飼われている

亀甲駅
一画には本物のカメも飼われていました。もぞもぞしたり、のんびり昼寝中のカメも。地元の小学生がカメを見に来たりするそうですよ。亀甲駅だけでなくぶらぶら散策してカメを見つけてみるのはいかが?(2008年05月06日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

JR津山線・亀甲駅(かめのこうえき)
住所 :岡山県久米郡美咲町原田1748-5
電話 :0868-66-0648
※情報修正2017年07月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。