強風注意! 夫婦の悪龍が通った赤黒い2本の跡「長尾鼻」【鳥取】

長尾鼻
鳥取県鳥取市青谷の長尾鼻。岬の岩肌に大蛇がのたくったような赤黒い2本の跡があり、それは夫婦の悪龍が岸へと向かった通り道だと言われています。なんとも不気味な言い伝えですね。

強風の夕暮れ時の長尾鼻

長尾鼻
訪れたのは夕暮れ時。かなり風が強く海から吹き付ける風に体がゆらりと揺れるほどでした。悪竜の赤黒い通り道なんて怖そうな伝説の地を訪れるには絶好の天候かもしれません。

風と雨がすごい!

長尾鼻
すこし雨も降ってきました。最初はパラパラ状態だったのですが、これからさらに強く降ってきそうです。風だけでなく、道も岩でごつごつしているので下の方へ進むにつれ、ヨロヨロと危なっかしい足取りになってきました。

下に行くほどものすごい風!

長尾鼻
はてどれがその赤黒い這い跡だろうかと延々続く階段を下ってまいりますと、下に行くほどますます風が強く吹きつけます。踊り場がない数百続く階段は相当怖い。手すりにつかまりながらおっかなびっくりで足を進めます。

ん? あの下で動いているのは?

長尾鼻
心臓バクバクですが、せっかく来たのだからと膝を震わせながらも下りました。ここが徳の高いお坊様が夫婦の悪龍を折伏したという場所でしょうか。険しい岩肌に荒波が叩きつけられていて、水しぶきが飛んできます。そこで遙か下方に白いモノが動いているのに気づきました。

こんなところに釣りバカさんが!

長尾鼻
ひいいい、こんな強風の中釣りしてる人がいる──っ! こんな風景どこかで見たことがある。そう、和歌山の白浜三段壁でも遭遇した「釣りバカ(もちろん良い意味での「バカ」)」さんだ!

断崖絶壁にいる命がけの趣味人「奇岩(2)白浜三段壁」【和歌山】
    和歌山県奇岩シリーズその2は白浜三段壁です。長さ2km、高さ50mという大岩壁。『火曜サスペンス劇場』のラストで犯人が告白するシーンによく登場する場所としても有名ですね。

太公望さん、お気を付けて

長尾鼻
よく見ると離れ小島になっている岩場にもご一同が決死のフィッシング中。ネットで調べてみると長尾鼻は絶好の釣り場である一方、天候によっては非常に危険な場所で、転落者・水死者も出てるんですね。水死体を発見したなどの噂も絶えず、心霊スポットにもなってるみたいです。太公望の皆様、どうぞご用心なされますよう~。(2008年05月05日訪問)【麻理】

またこの近くに血止めが池という伝説の池もある。大黒様と八上姫にまつわる恋物語の言い伝えだそうだが名前のインパクトで地元の若人の肝試しスポットになっている模様。

参考文献

地図&情報

長尾鼻
住所 :鳥取県鳥取市青谷町青谷
電話 :0857-85-0015(鳥取市青谷町総合支所 産業建設課)
関連URL:鳥取県の東部[因幡]と兵庫県の北部[但馬]の観光情報検索サイト
※情報修正2016年09月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。