晴れた日にはチマチョコゴリで「日韓友好交流公園 風の丘」【鳥取】

風の丘
鳥取県日韓友好交流公園・風の丘は名前の通り日韓友好のために建設された施設。なぜ鳥取と韓国に関連があるのかというと、1819年に韓国船が難破して赤崎沖に漂着したからだとか。

あまりお客さんは入っていない様子

風の丘
入館無料ということなのですが、隣の道の駅に比べると全然人が入っていません。何となく入りづらい雰囲気なのは、入口しかガラス窓がないので中の様子が分かりにくいからでしょうか。観光客のみなさんは隣のトイレを利用するとそそくさと帰ってしまいます。

韓国と地域に関する歴史資料

風の丘
物産館の方は韓国のお土産品や食料品が並んでいるごく普通のお店。ざっと見るだけで奥の資料館へ。資料館は1室のみで、韓国とこの地域に関する歴史資料が展示されています。

1819年の韓国船の難破がきっかけ

風の丘
1819年に韓国船が難破してこの地・赤崎沖に漂着した時に、地域の人々が船長や乗組員を手厚くもてなしたことが日韓の交流のきっかけとなったんだそうです。

韓国様式の公園・風の丘

風の丘
資料館の隣には風の丘と呼ばれる記念公園が建設されました。韓国様式の建築物やオブジェが点在する広々とした公園で、天気の良い日には海を臨んですがすがしい気持ちになれるスポット。

無料のハンボク試着体験も

風の丘
ですがこの日はあいにくの雨。資料館では無料でハンボク(韓国の服)を試着できるので、晴れていたらチマチョゴリを来て韓国旅行気分を味わえたのになあ。残念。

いろいろもめている模様

風の丘
このレポートが今ひとつ精彩を欠くのは理由がありまして。それはこの風の丘に設置された碑文が争議の的になっているからなのです。どうも「日本海」と書くか「東海」と書くかでもめ事が起こっているんですね。

アクセスアップも良し悪し

風の丘
このブログでは政治的、宗教的な論争は避けたいと思っているのですが、ちゃかすつもりはなくても読者の方に興味をもってもらうために面白おかしく書いて、裏目に出てしまうこともあります。韓国問題はかなり書き方が難しいので、ここでは風の丘の紹介にとどめることにしました。

個人的理由で暗くてゴメン

風の丘
筆が鈍るというのはこういうことなんだなあ。でも当たり障りのないレポートを書いているのもつまらないんですよね。……。暗い……。なんだこのレポート。ごめんね。(2008年05月05日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

日韓友好交流公園(にっかんゆうこうこうりゅうこうえん)・風の丘(かぜのおか)
住所 :鳥取県東伯郡琴浦町大字別所167-1
電話 :0858-55-7049
時間 :09:30~18:00 9:30~17:30(12月~02月)
休館日:無料
休業日:水曜
関連URL:琴浦町観光協会へようこそ ~ー恋人の聖地ー 日韓友好交流公園「風の丘」~
※情報修正2017年07月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。