鳥取名物・梨のすべてが分かる「鳥取二十世紀梨記念館」【鳥取】

鳥取二十世紀梨記念館
鳥取と言えば? 砂丘、水木しげる……そして鳥取名物・二十世紀梨! 倉吉市の鳥取二十世紀梨記念館は、日本で唯一、梨を専門とする珍しい博物館です。梨の全てが分かりますよ。

広告

日本で唯一・梨のテーマミュージアム

鳥取二十世紀梨記念館
パンフレットには「日本で唯一・梨のテーマミュージアム」とあります。出た。「日本で唯一」は珍スポットの重要キーワード。他に日本一(または世界一)なんかも珍の香りが濃厚な言葉ですね。

広告

博物館のシンボル

鳥取二十世紀梨記念館
ホール中央にそびえるどでかい木の根。これはかつて4000個の梨を実らせていたという樹齢74年の巨木。枝のひろがりはおよそ20メートルもあります。迫力がありますね。

現代芸術のような美しい木

鳥取二十世紀梨記念館
レプリカじゃなくて本物の二十世紀梨の木ってのがスゴイね。うねうねした根っこ部分はガラス張りのドームに囲まれていて、現代芸術のオブジェのような美しさ。

ただのマネキンじゃございません

鳥取二十世紀梨記念館
昭和初期の梨農家をイメージしたわらぶき屋根の家は、鳥取の梨作りの歴史を学べるシアターになっています。ただのマネキン人形じゃなく等身大の精巧なロボットなのですよ。すごくリアルで最初役者さんが座っているかと思いました。

ミクロになって梨世界を探検

鳥取二十世紀梨記念館
子供に人気な不思議ガーデンのコーナ。巨大な梨や葉っぱ、芋虫など、まるでミクロの世界に迷い込んだような展示です。お金かかってるなあ~!

日本で唯一?の体験コーナ

鳥取二十世紀梨記念館
梨の袋かけ体験という、キャッチコピー通り、おそらく日本でここだけしかない体験コーナも。作り物の梨に紙でできた袋を取り付けられます。腕上げっぱなしで地味に辛い。農家の人は大変だなあ。

さすがに梨だけでは難しいのか

鳥取二十世紀梨記念館
これは世界の梨が展示されたエリア。たださすがに「梨」というテーマだけで豪華な施設をフルに充実させるのは難しいらしく、後半になってくると展示物が苦しくなってきているなあという印象があります。

梨落としの昔話

鳥取二十世紀梨記念館
如実に表れているのが梨が出てくる民話のオブジェ。

嫁いだ娘が日に日にやつれていく。母が理由を聞くと「おならをがまんしていたから」と娘。母が遠慮するなと言うとすごい爆音が鳴り響き、お母さんは天井にめり込んでしまった。

ある日殿様の行列が梨畑を通りかかり「梨の木についた実を一度に落とせたら100両とらせるぞ」と言った。娘はそれじゃあと一発ぶっ放した。爆音に続いて梨の実がまるで夕立のように落ちてきた。娘は褒美を手にしたとさ。めでたしめでたし。

……なんじゃそら!

この話ポピュラーなのかな

鳥取二十世紀梨記念館
ひょっとしたら「柿バージョン」「蜜柑バージョン」など各地名産品に合わせて全国にひっそりと伝えられているのかもしれないな、この話。梨については当分もうお腹いっぱいというほどの充実展示でした。

オールアバウト梨博物館

鳥取二十世紀梨記念館
珍しい梨の試食や梨料理のレシピ紹介、梨にまつわる美術品の展示など、オールアバウト梨な鳥取二十世紀梨記念館。試食で食べた梨が美味しかったから、お土産に買っていこっと。(2008年05月05日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

鳥取二十世紀梨記念館(とっとりにじゅっせいきなしきねんかん)
住所 :鳥取県倉吉市駄経寺町198-4
電話 :0858-23-1174
時間 :09:00~17:00(入館は16:40まで)
入館料:300円
休業日:第1・3・4月曜日(祝日の場合は=翌日)12月29日~1月3日
駐車場:無料
関連URL:鳥取二十世紀梨記念館
※情報修正2017年07月