美女・楊貴妃は日本に渡っていた!?「楊貴妃の墓・二尊院」【山口】

楊貴妃の墓・二尊院
クレオパトラ、小野小町と並んで世界3大美女と言えば楊貴妃。絶世の美女・楊貴妃が亡くなったと伝えられている地、山口県二尊院で楊貴妃の墓や古文書などを見せていただきました。

山口県・二尊院にある楊貴妃の墓

楊貴妃の墓・二尊院
楊貴妃のお墓がある二尊院。この地には絶世の美女・楊貴妃が戦乱を逃れてたどり着いたという伝説が残っています。そんな歴史ロマンにちなんで、1993年に中国風の公園・楊貴妃の里が作られました。道路標識にもしっかり楊貴妃の里と書かれています。

亡くなった年齢38歳にちなんで3.8メートルの像

楊貴妃の墓・二尊院
中国の馬嵬(ばかい)に立つ像と同じ、大理石造りの楊貴妃像が建っています。頭には牡丹花が彫刻されています。牡丹は中国の国花で美人の代名詞ともなっています。像の高さは3.8メートル。楊貴妃が亡くなった年齢・38歳と同じ数字です(38メートルじゃないの? というツッコミは無視)。

亡骸が見つからなかった楊貴妃

楊貴妃の墓・二尊院
なぜそんな伝説が生まれたのか。一番の理由は楊貴妃の亡骸が見つからなかったことです。安史の乱の兵士たちは原因となった楊貴妃を殺すよう玄宗帝に要求。泣く泣く玄宗帝は馬嵬で楊貴妃を縊死させました。楊貴妃の亡骸はその地に葬られたのですが、これからが問題。

墓にはお香袋だけが残っていた

楊貴妃の墓・二尊院
安史の乱によって洛陽は陥落し、玄宗帝の退位などごたごたが重なり、楊貴妃の墓の改装はなかなか実現しませんでした。やっと内密の勅使が墓を掘り返したところ、遺体はボロボロに崩れており、お香を入れた袋だけが残っているという状態。これでは楊貴妃なんだか、別人なんだか分かりません。(※)

楊貴妃の最期については、紐で絞め殺された、自分で首を絞めて死んだ、黄金の粉を飲んで死んだ……など諸説ある。また中国の墓についても、墓そのものが見つからなかった、墓はからっぽだった、靴だけが入っていた……などこちらも諸説ある。

替え玉? 逃げ延びた?

楊貴妃の墓・二尊院
そのため「息を吹き返して逃げ延びた」「亡くなったのは替え玉だった」などの噂が生まれました。二尊院に伝わる二冊の文書『二尊院由来書』『楊貴妃伝』は、1766年に当時の住職・恵学(けいがく)氏が村の言い伝えを故老から聞いて書き留めたものです。ありがたいことに資料を見せていただくことができました。

異国の地・日本で亡くなった楊貴妃

楊貴妃の墓・二尊院
古文書にはこう書かれています。

唐土玄宗皇帝の愛妃楊貴妃なるもの、空艫船(うつろぶね)にて、当村唐渡口(とうどぐち)という地へ漂着。まもなく死去したまいぬれば、里人相寄、当寺院境内に埋葬

小舟に乗ってたどり着いた楊貴妃。里人が手当したもののその甲斐なく息を引き取ってしまいました。

異国の地・日本で亡くなった楊貴妃

楊貴妃の墓・二尊院
楊貴妃は本当は玄宗皇帝の息子の妃でしたが父親が横取りして妃にしました。傾国の美女とはいうものの、悪女というよりは悲劇のヒロインですね。

二尊院境内の五輪の塔は悲劇の美女・楊貴妃がねんごろに葬られたお墓だと伝えられています。両側には次女の墓もあります。周りの地蔵や大小の石は地元の村人が持ち寄って安置したものです。

玄宗帝の夢枕に立つ

楊貴妃の墓・二尊院
またこんな逸話も書かれています。玄宗帝は楊貴妃が日本で亡くなったことを夢で知り、霊を弔うために使者に2体の仏像を託します。しかしその使者は誤って京都の清涼寺に仏像を預けてしまいます。困った朝廷は全く同じ仏像を日本の仏師に作らせました。以後清涼寺と二尊院で1体ずつ分け合って安置することになったといいます。仏像は撮影禁止なので写真はお見せできません。ごめんなさい。

仏像の作られた年代は鎌倉時代

楊貴妃の墓・二尊院
さてその仏像、現在の副住職・智暁さんのお話によると、どうも唐の時代に作られたものではなく鎌倉時代のものらしいのです。そして京都の清涼寺にはそのような記録も伝承も残っていないとか。ではいったい唐からの仏像はどこに? そもそも五輪の塔の下に埋まっているのは誰?

私も信じていますよ

楊貴妃の墓・二尊院
墓を掘り返して、学術的な調査をする予定があるか聞いてみたところ「そんなことしても誰も得をしませんし、そっとしておいた方が……」と智暁さん。そしてここには楊貴妃が眠っていると信じていますよとニッコリされました。もちろん私も信じていますとも!

西を向いている楊貴妃の墓

楊貴妃の墓・二尊院
この地では昔から韓国や中国から漂流してたどり着いた人が多くいたそうです。このあたりの方言では友達のことを「チングー(韓国語で「友達」)」と言うそうですし、大陸と何らかの関わりがあったのでしょうね。普通五輪の塔は南向きですが、楊貴妃の五輪の塔は西の中国の方向を向いています。懐かしい故郷を眺めているようですね。

美人になる御利益が!

楊貴妃の墓・二尊院
中華風のエキゾチックな楊貴妃の里はトイレも中華風です。でもちゃんとしきりがあって中国風の丸見えトイレではありませんからご安心を。楊貴妃のお墓にお参りすると、綺麗な子供を授かると言われ、安産、子授け、縁結び、美人になる御利益があるとか。美人になりたい方はぜひご来訪を。(2007年12月11日訪問)【麻理】

追記:NHK『未来観測 つながるテレビ@ヒューマン』の取材

楊貴妃の墓・二尊院
楊貴妃の墓は12月16日(日)23:45~24:25放送の、NHK『未来観測 つながるテレビ@ヒューマン』の取材で訪れました。二尊院副住職・智暁さん、スタッフの皆様に大変お世話になりました。以下の記事もぜひどうぞ。

【テレビ】NHK『未来観測 つながるテレビ@ヒューマン』に出演
NHK「未来観測 つながるテレビ@ヒューマン」に出演しました。放送は12月16日(日)23:45~24:25。NHKワールドTVとNHKワールド・プレミアムでも同時放送。

参考文献

地図&情報

楊貴妃の墓・二尊院
住所 :山口県長門市油谷向津具下3539
電話 :0837-34-1065(二尊院)
休業日:不定休(通常は開館。荒天や防犯などで支障があるときは休館)
拝観料:大人200円(二尊仏)、大人100円(楊貴妃の墓)
駐車場:無料(30台)
関連URL:二尊院本堂
※情報修正2016年11月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。