(閉鎖)野生のイルカと泳げる海「能登島ドルフィンスイム」【石川】

能登島ドルフィンスイム
野生のイルカと泳げる海は小笠原諸島、御蔵島が有名。でもちょっと訪れるのが大変……。そこで国内でイルカと泳げる、石川県能登島に行ってみました。野生のイルカと大接近!

現在閉鎖している施設です。ご注意ください。大変残念です。楽しい想い出をありがとうございました。
(終了)イルカと一緒に泳ごう「南知多ビーチランド」【愛知】
    愛知県の南知多ビーチランドでイルカと一緒に泳ぎました。水中でキリキリというイルカのソナーを感じるのは不思議な体験。イルカのティーラちゃんは背びれにつかまらせてくれました。

8頭のイルカが生息

能登島ドルフィンスイム
能登島は石川県の七尾市にあります。1982年に七尾市和倉温泉と能登島が橋で結ばれ、温泉の楽しめる観光地として人気です。そんな能登島に2001年ぐらいから2頭のイルカが住み着き、2011年までに6頭が生まれ、現在は8頭のイルカが生息しているんですよ。

イルカと泳げるのは能登島イルカ海洋研究所だけ

能登島ドルフィンスイム
2004年からはイルカウォッチングが始まり、地元の方々の努力によりイルカの保護や環境保全が勧められています。そしてそのイルカたちとの自然体験プログラムを企画しているのが能登島イルカ海洋研究所です。能登島では、イルカと泳げるツアーはここでしか行なっていません。

野生のイルカは触れません

能登島ドルフィンスイム
能登島に生息しているのはミナミハンドウイルカです。研究所ではイルカを傷跡で識別して愛称をつけて呼んでいます。もちろんこの傷跡は自然についたもので、人が傷つけたものではありませんよ。

事前にスタッフの方からイルカの識別の仕方、注意事項など説明があります。能登島のイルカは野生のイルカなので触ることはできませんイルカに限らず野生動物との接触は共通の感染症にかかるおそれがありますからね。

晴天よりは曇天の方がイルカ日和

能登島ドルフィンスイム
ウェットスーツに着替えて軽器材をクルマに詰め込んだら港に向かいます。今日船を出してくださる地元の船長さんにご挨拶。天気は薄曇りです。でも快晴よりも曇りの方がイルカ日和。あまりに天気がよすぎると水面がきらめいて、イルカの背びれが見つけにくいからなんです。

みんなでイルカ探し

能登島ドルフィンスイム
この日はドルフィンスイムを行うのはこの船だけした。でもベテラン女性スタッフのMさんと研修生のK君がしっかりサポート、説明してくださるので安心です。みんなで海面を見回し、イルカはどこかなと探します。

2匹のイルカ発見!

能登島ドルフィンスイム
こんな広い海でたった8頭のイルカを探せるものかなあと不安になりだしたころ、見つけましたよ! 2匹のイルカがちょこんと背びれをのぞかせて泳いでいます。視力がとても良いMさんは「あれはチャコみたい。背びれに特徴があるから」と見分けがついています。さすが!

【動画】イルカを見つけられますか?


動画でイルカの様子をご覧ください。イルカがちらりと背びれ・尾びれをのぞかせて泳いでいるのがわかりますか? こんな感じでほんの一瞬現れるイルカを海で探すのです。

いよいよドルフィンスイム

能登島ドルフィンスイム
他の船も続々とイルカの近くに集まり始めました。これらの船は能登島イルカ海洋研究所とは別のツアーに参加している観光客のみなさん。海には入らず船の上からイルカを見るドルフィンウォッチングですね。たくさんの方々に見守られながら(?)、いよいよドルフィンスイムの始まりです。

【1】イルカを発見したら速やかにエントリー

能登島ドルフィンスイム
ここからは私のヘッタクソなイラストで申し訳ないのですが、写真がないので絵でご説明いたします(理由は後でわかります)。まずイルカの泳ぐスピードが弱まったら、すぐにフル装備で船から水中にエントリーします。この時イルカを驚かせないようにそろりと足から水に入ります。飛び込み厳禁。

【2】素早く海に潜る

能登島ドルフィンスイム
泳いでイルカに近づきます。イルカの背びれに注目し、イルカがこちらに向かってくるタイミングで、Mさん、K君が「今ですー!」「潜ってくださいー!」と教えてくれます。速やかに海に潜ります。だいたい3メートル〜5メートル潜って待機。

【3】イルカを必死で探す

能登島ドルフィンスイム
複数のイルカのキリキリキリというソナーが、ビリビリと体に伝わります。近くにいる! ところが海の中の透明度は著しく低く、1m先も全く見えない状態。実は能登島の海はいつもこんな感じで、あたり一面薄緑色にぼんやりとにごっているのです。イルカはどこ?とキョロキョロ。

【4】突如現れるイルカに驚く

能登島ドルフィンスイム
すると私のすぐワキをイルカたちが後ろからすーっと撫でるように通りすぎるのです。全く予想外のところから現れるのでびっくり。イルカはちらっと横目で私を見てすーっとどこかに行ってしまいます。

(1)潜る→(2)潜行→(3)イルカを探す→(4)突如現れるイルカに驚く──を何度も繰り返す状態。イルカを見られるのは一瞬のことなので、カメラを構えている余裕は全くなかったのでした。

能登島のイルカは小悪魔的

能登島ドルフィンスイム
神出鬼没な野生のイルカに翻弄されっぱなしで、一緒に泳いだという実感は薄かったかも。そしてたくさんのイルカウォッチングの船に囲まれて泳ぐことになるので、衆人環視の中、イルカにすっぽかされたときのこっ恥ずかしさも覚悟せねばなりません。それでも私は小悪魔的なイルカの魅力にメロメロでした。イルカ可愛いよ、イルカ〜。【麻理】(2012年07月14日訪問)

参考文献

地図&情報

能登島ドルフィンスイム

現在閉鎖している施設です。ご注意ください。大変残念です。楽しい想い出をありがとうございました。

住所 :石川県七尾市能登島向田町そわじ浦
電話 :0767-84-0395
料金 :大人8000円
日程:06月〜09月末まで
時間 :09: 00〜11:30と14:30〜17:00の1日2回
対象:小学校3年生以上(スノーケリング経験者)
駐車場:無料
関連URL:《公式》能登島イルカ・海洋研究所
※情報修正2016年10月

スポンサーリンク

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。