時代が早すぎた……天才的な加賀の豪商「銭屋五兵衛記念館」【石川】

銭屋五兵衛記念館・銭五の館
江戸時代後期の加賀。「海の百万石」と呼ばれた、天才的な豪商がいました。彼の名は銭屋五兵衛(ぜにやごへえ)、通称・銭五。全資産は300万両(約100億円)とも言われました。

銭屋五兵衛の偉業について学ぶ

銭屋五兵衛記念館・銭五の館
石川県金沢市には、銭屋五兵衛の偉業について学べる銭屋五兵衛記念館銭五の館があります。銭屋五兵衛記念館では、銭五の生涯が分かるシアターや、4分の1スケールの北前船模型、遺品やコレクションの数々が見られます。銭五の館は銭五が住んでいた館と蔵が保存されています。

残念ながら博物館の大部分は写真撮影禁止だったので、当記事では撮影許可された部分の写真を掲載します。

銭屋五兵衛とは?

銭屋五兵衛記念館・銭五の館
銭屋五兵衛という人物についてざっとご紹介しましょう。銭屋五兵衛は安永2年(1773)に現在の石川県金沢市に生まれました。代々両替商を営む家系で、屋号は銭屋といいました。

銭五が39歳の時に海運業に本腰を入れ、米の売買によって事業を大きくしました。最盛期には200艘以上の船を持ち、全国に34もの支店を持っていたといいます。50代後半には大海運業者として名を馳せ、加賀藩の金融の重要なアドバイザーとしても活躍しました。

銭五の大躍進と親友・大野弁吉

銭屋五兵衛記念館・銭五の館
ちなみに前回ご紹介した、天才発明家・大野弁吉は銭五とは大変親しい間柄でした。銭五が貧しい弁吉に援助をした一方、長崎で医学・天文学・科学を学んだ博学の弁吉は世界の情勢や海外貿易の重要性を銭五に教えたそうです。天才は天才を知るんですな。

加賀の平賀源内・大野弁吉「金沢港大野からくり記念館」【石川】
    からくりとは糸やゼンマイなどの動力を使って、人形や仕掛けなどを動かすこと。石川県金沢市、金沢港の先に、金沢港大野からくり記念館があります。からくり好きなら行くしかない!

外国からの密輸で巨額の富を得た商人

銭屋五兵衛記念館・銭五の館
そんな大商人がいたなんて聞いたことないなあ……と首をかしげる人もいるでしょうね。それは学校の授業では取り上げにくい事情があるからです。実は銭五は「外国からの密輸で巨額の富を得た商人」という顔があるのです。お上ご禁制の貿易で大成功──ってのは教育的にいかがなものかという配慮があるのかもしれません。

ロシア、香港、アメリカ合衆国

銭屋五兵衛記念館・銭五の館
当時の日本は鎖国中で外国との貿易はご法度。でも銭五の商売は加賀藩への献上金の見返りとして黙認されていたのです。全国の港には銭五の印である鵞眼銭印(ががんぜにじるし)と加賀梅鉢紋(うめばちもん)が描かれた千石船の帆がひるがえりました。

銭五の凋落(ちょうらく)

銭屋五兵衛記念館・銭五の館
蝦夷地や択捉島でロシアと貿易、アイヌを仲介にウィルタ族の他、ニブヒ族、オロチョン族などと交易、香港やアモイの商人と交流し、アメリカ合衆国ともつながりがあったと言われます。

なんとオーストラリアはタスマニアにも領地を持っていたという噂もあり、なかば伝説と化している大商人・銭五。しかし後ろ盾であった加賀藩・年寄衆筆頭の奥村栄実(おくむらひでざね)が亡くなると、急激に運気が下がり始めました。

獄死する銭五・一族は磔の刑に

銭屋五兵衛記念館・銭五の館
銭五が力を入れていた河北潟(かほくがた)の干拓・開発工事は「銭五が河北潟に毒を流した」と噂を立てられ、住民の激しい反対運動が巻き起こりました。加賀藩はその罪を咎め、銭五の一族郎党すべてを投獄・はりつけ(銭五は獄死)、財産はすべて没収してしまいました。銭五の家名は断絶となってしまったのです。

生まれる時代が早すぎた

銭屋五兵衛記念館・銭五の館
しかし明治時代以降、銭五は本当は冤罪だったのではないかという見方をされ、海外貿易の先駆者として評価されています。銭五の悲願であった河北潟干拓事業は、1963年から農林水産省による国営事業として行われ、1985年に完成したのですから、100年以上先の未来まで見据えた先見の明を持っていたと言えるでしょう。

銭五さん、息子を含め一族郎党はりつけ、自分は獄死なんて気の毒に。生まれる時代が早すぎたね。

日本なんて小せえ、小せえ

銭屋五兵衛記念館・銭五の館
恥ずかしながら屋五兵衛のことはあまり知らなかったのですが、銭屋五兵衛記念館と銭五の館で彼のことを学び、「こんなぶっ飛んだ商人がいたんだ!」とワクワクしましたよ。

日本なんて小せえ、小せえ、これからぁ世界で勝負でぇ! という銭五の声が聞こえてくるような気がしました。もっといろんな人に知ってもらいたい偉人です。(2006年07月23日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

銭屋五兵衛記念館
住所 :石川県金沢市金石本町ロ55
電話 :076-267-7744
時間 :09:00~16:30(銭五の館は10:00〜)
休館日:年中無休(12~04月は火曜休、祝日の場合は翌日休、年末年始)
入館料:記念館・銭五の館共通入館料 大人500円
駐車場:無料
関連URL:北前船の石川県銭屋五兵衛記念館・銭五の館
※情報修正2016年08月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。