落書き大歓迎!? 落書き祈願のお寺「らくがき寺(単伝寺)」【京都】

らくがき寺 単伝寺
文化財に落書きするのはご法度。でも京都八幡市の単伝庵はは「どうぞ落書きしてください!」という仰天のお寺なんですよ。 願いごとを壁に書く落書き祈願の寺として知られています。

人々の不慮の災難を救うために荒れ寺を修繕

らくがき寺 単伝寺
らくがき寺の正式な名前は単伝寺(または単伝庵)。臨済宗のお寺です。今から200年前、京都・妙心寺の単伝和尚が人々の不慮の災難を救うために、荒れ放題だった寺を修繕したのが再興の由来です。

みんなの願い事をお堂に書いてもらおう!

らくがき寺 単伝寺
大黒天を安置する大黒堂が建立されたとき、「地元の人々の努力によってお堂が建てられたのだから、大黒様が見やすいようにみんなの願い事をお堂の壁に書いてもらおう」という理由で、落書き祈願が始まりました。

注意書きを守って落書きしましょう

らくがき寺 単伝寺
お堂の内部の壁は白く塗られているのですが、あっちもこっちも落書きだらけ。マジックが用意されていて、祈願料を払うと落書きができるというわけ。おっと落書きしていいのは壁の部分のみです。柱や仏像など壁以外の部分には書いちゃだめですぞ。それからでっかい文字で場所を独り占めするのもいけません。謙虚に謙虚に。

壁には願い事がびっしり

らくがき寺 単伝寺
壁を眺めてみると「落書き」とは言っても、無意味ないたずら描きや「夜露死苦」みたいなヤンキー系のものはほとんどありません。みなさん真面目な願い事が多いですね。家内安全、無病息災、合格祈願、交通安全ってとこでしょうか。

私も端っこにこっそり落書き

らくがき寺 単伝寺
「世界一になりたい←この人が世界一になりますように」「彼女にメガネをかけてほしい」というユニークな願い事も。私も隅っこの方にこっそり落書きしてきました。壁は毎年年末に塗り替えられることになっています。あなたなら何を落書きする?(2006年05月14日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

らくがき寺(単伝寺)
住所 :京都府八幡市八幡吉野33
電話 :075-981-2307
時間 :土・日・月曜の09~15時のみ拝観可
休業日:火~金曜
拝観料:参拝100円 落書き祈願300円
駐車場:有料・500円(チャリティに寄付されます)
関連URL:単伝庵(らくがき寺)|観光情報検索|京都“府”観光ガイド  ~京都府観光連盟公式サイト~
※情報修正2016年07月

スポンサーリンク

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。