世にも美しいポンプ室「九条山浄水場ポンプ室とインクライン」【京都】

九条山浄水場ポンプ室とインクライン
琵琶湖から京都東山に流れる人口水路・琵琶湖疏水。明治時代に京都を発展させた一大プロジェクトでした。琵琶湖疏水計画を成功に導いた田辺朔郎博士と、九条山浄水場ポンプ室について。

大学卒業したての青年を琵琶湖疏水計画に大抜擢!

九条山浄水場ポンプ室とインクライン
前回の記事で南禅寺の水路閣をレポートしましたね。明治18年(1885)に着工した琵琶湖疏水計画において工事主任として任命された田辺朔郎(たなべさくろう)。彼は明治16年(1883)に工部大学(東京大学工学部の前身)を卒業したばかりで、まだ21歳の青年でした。

純和風・禅寺の大寺院の中にあるローマ「南禅寺・水路閣」【京都】
   京都市左京区の南禅寺と言えば、高い格式を持つ禅寺。純和風建築のお堂や塔が並ぶ境内に、唐突に赤レンガ作りの水路橋が姿を現します。まるでローマの風景のよう。いったいなぜここに?

卒業論文『琵琶湖疏水工事の計画』が高く評価された

九条山浄水場ポンプ室とインクライン
田辺青年の卒業論文『琵琶湖疏水工事の計画』が当時の京都府知事の北垣国道に評価され、卒業と同時に京都府の御用掛となり、琵琶湖疏水計画の主任となったのでした。これは現代の日本では考えられない大抜擢ですよね。

若者にチャンスを与える明治人の柔軟さ

九条山浄水場ポンプ室とインクライン
いくら優秀だからと言って、今の政治家が二十歳そこそこの青年をこんな巨大プロジェクトのトップに据えるなんてことがあるでしょうか。最近は「老害」──なんて揶揄されますが、若い人にチャンスを与える明治の政治家の柔軟さに学ぶことは多いですね。

琵琶湖疏水における高低差36メートルの難関

九条山浄水場ポンプ室とインクライン
山の多い京都に運河を通すことは並大抵のことではなく、第二疎水まで完成したのは明治も終わりかけの1912年でした。最大の難関は蹴上(けあげ)までと南禅寺の船だまりまでの区間。ここには36メートルもの高低差があり、貨物船や旅客船が蹴上から先に進むことができませんでした。

船を台車にのせて運ぶインクライン(傾斜鉄道)

九条山浄水場ポンプ室とインクライン
そこで考えられたのがインクライン(傾斜鉄道)です。船を台車に乗せて運河から運河へ昇降させるという画期的なアイデアでした。言うなればケーブルカーのように船を昇り降りさせて運んだんですね。

582メートルを片道10〜15分かけて運んだ

九条山浄水場ポンプ室とインクライン
これがその船用のケーブルカー。蹴上の船だまりから南禅寺の船だまりまでの延長582メートルを片道10〜15分ほどかけて運びました。蹴上のインクラインは1996年に国の史跡に指定されています。この重厚なメカメカしさにワクワクが止まりません。

当時の旅行客にとってはアトラクション感覚だったかも?

九条山浄水場ポンプ室とインクライン
建設当初は水車の動力でドラムを回転させ、ワイヤーロープを巻き上げて台車を上下させていましたが、蹴上水力発電所が完成してからは電力で巻き上げを行うようになりました。旅客も運んだので、当時の人達は遊園地のアトラクションのようにインクラインを楽しんだのかもしれません。

インクラインの運転の仕組み

九条山浄水場ポンプ室とインクライン
インクラインの仕組みです。3.6メートルのドラムを35馬力(25kw)で回転させて、直径3cmのワイヤーロープを電力で巻き上げます。水中には直径3.2メートルの滑車が設置されており台車がスムースに移動できるよう工夫されていました。

京都の人々を支える山ノ内浄水場導水管

九条山浄水場ポンプ室とインクライン
こちらは第二疎水から取った源水をインクラインから仁王門通、冷泉通、鴨川横断、御池通を通って8km先にある右京区の山ノ内浄水場まで導水する鋳鉄管です。今現在も京都の人々の大切な水資源となっている琵琶湖疏水。つくづく明治の人の発想はダイナミックですごいなあと感心しました。

惚れ惚れするほど美しい煉瓦建築・九条山浄水場ポンプ室

九条山浄水場ポンプ室とインクライン
琵琶湖疏水とインクラインをめぐる散歩でぜひ見ていただきたいオススメのスポットがこちら、九条山浄水場ポンプ室です。設計は片山東熊と山本直三郎。明治45年(1912)に竣工しました。これがもう惚れ惚れするほど美しいレンガ造りの洋館なのです。でも中はポンプがあるだけ。

皇太子時代の大正天皇をお迎えするための豪華建築

九条山浄水場ポンプ室とインクライン
単なるポンプ室なのになぜこんなに美しいのか? それは皇太子時代の大正天皇が琵琶湖疏水に船でお出ましになられた時のためにこんな豪華なたたずまいになったのです。正面玄関が運河側にあり、高官がここにずらっと並んで皇太子殿下をお迎えしたそうです。柵があるので近づくことはできませんがぜひこの見事な建築をご覧になってくださいね。(2017年02月26日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

九条山浄水場ポンプ室と蹴上インクライン
住所 :京都府京都市山科区日ノ岡夷谷町(九条山浄水場ポンプ室)
京都府京都市左京区粟田口山下町 東山区東小物座町339(蹴上インクライン)
電話 :075-746-2255(京都市産業観光局観光MICE推進室)
時間 :見学自由
関連URL:蹴上インクライン – Wikipedia
※情報修正2017年06月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。