今も活躍中! 日本最古の蛇腹エレベーター「東華菜館」【京都】

東華菜館・蛇腹エレベーター
黄金色の蛇腹式内扉、時計針式フロアインジケータ。そんなレトロエレベーターに乗ってみたいと思いませんか? 京都市下京区の東華菜館には日本最古の稼働中のエレベーターがあるんですよ。

京都繁華街で目を惹くクラシカル建築

東華菜館・蛇腹エレベーター
京都の繁華街である四条河原町の四条大橋西詰。鴨川沿いに人目を惹く美しい建物があります。これが老舗の中華料理店・東華菜館(とうかさいかん)です。京都で有名な北京料理と言えばここ。地元の方にも観光客の方にも人気の名店です。

アメリカ人建築家・ウィリアム・メレル・ヴォーリズが設計

東華菜館・蛇腹エレベーター
鴨川側から見た東華菜館の建物。大正時代に新しいビアレストランをイメージして、建築家のウィリアム・メレル・ヴォーリズにデザインを依頼。スパニッシュ・バロックの洋館が大正15年(1926)に完成しました。

ウィリアム・メレル・ヴォーリ(William Merrell Vories 1880〜1964)。アメリカ人建築家。英語教師として来日後、建築事務所を設立し、関西学院大学、日本基督教団 大阪教会など日本各地で西洋建築の設計を手がけた。

洋食レストランから中華料理店へ転身

東華菜館・蛇腹エレベーター
戦争中になると洋食レストランとしての営業が難しくなり、二代目店主の浅井安次郎氏が友人の中国人・于永善氏に建物を託しました。そして昭和20年(1945)の末に北京料理店・東華菜館が誕生しました。現在の店主は于純政氏で、京都市左京区に東華菜館・洛北店も1993年にオープンしました。

映画やドラマのロケにも使われる登録有形文化財の建築

東華菜館・蛇腹エレベーター
ご覧ください! この壮麗な入り口を! 繊細な彫刻が施されていますね。登録有形文化財に指定されているのも納得です。特徴的で美しい建築なのでよく映画やドラマのロケにも使われるています。アニメ『夜は短し歩けよ乙女』にも出てくるので聖地巡礼する方もいらっしゃるとか。

大正ロマンあふれる美しい内装・家具調度品

東華菜館・蛇腹エレベーター
内部も負けてはいません。あっちを見てもこっちを見てもアール・デコの美しい装飾が目に入ります。家具調度品も惚れ惚れするようなものばかり。私が好きなスチームパンクの時代よりはやや新しいのですが、こんな大正ロマンあふれる内装にもワクワクが止まりません。

蛇腹・手動式のレトロエレベーターが現役で稼働中

東華菜館・蛇腹エレベーター
東華菜館に来た一番の目的は、このエレベーターです。ガラスと木でできた入り口、蛇腹式の扉、手動式──大正時代を舞台にした映画やドラマでよく見かけるレトロなエレベーターが現役で動いているのですよ。これは超貴重!

1924年米国OTIS製のエレベーター

東華菜館・蛇腹エレベーター
1924年の米国で製造・輸入されたOTIS製です。扉の上部に設置された時計針式のフロアインジケーターは、エレベーターの箱が上がったり下がったりするのに連動して針が動くのです。このオーバーエンジニアリングなアナログ感がたまりません。

【動画】で見る東華菜館の蛇腹エレベーター


写真・動画撮影の許可をいただいて何度か乗り降りさせていただきましたのでぜひ、蛇腹式エレベーターの動きをご覧ください。内部が狭いため箱の全体を撮影することができなかったのですが、手動式のメカニカルな動き伝わればいいなあと思います。

日本一の優美な東華菜館エレベーター

東華菜館・蛇腹エレベーター
このような蛇腹式エレベーターは東京・銀座の奥野ビルにもあるのですが、キラキラと黄金色に輝く蛇腹や重厚な木製モールディングなど、エレガントさ・優美さの点で言えば日本一のレトロエレベーターと言っても過言ではありません。

ただしエレベーターのみの見学はできません

東華菜館・蛇腹エレベーター
このあまりにも美しすぎるエレベーター、きっとご覧になりたい方がたくさんいらっしゃると思います。でも一つだけご注意を。エレベーターのみの見学はできません。それはそうですよね、ここは中華料理店なのですから。ぜひランチ・ディナーとともに楽しんでください。

一般客席もあるけれどできれば個室予約をおすすめします

東華菜館・蛇腹エレベーター
大正時代のモダン建築に興味のある方は、お料理を食べるお部屋も見どころです。予約なしでも気軽に食べられる一般客席もありますが、個室を予約するとじっくりインテリアを堪能できますよ。コース料理はお一人様5000円からです。

博物館の中で食事をしているかのような空間

東華菜館・蛇腹エレベーター
お料理よりもインテリアに興味津々だったので、お皿が運ばれてくる合間にあちこち写真を撮ったりメモしたりしていました。まるで博物館の中で食事しているかのよう。でもあまりせわしないのも同行の旦那様に申し訳ないので、早々に切り上げてお食事をいただきました。

意外にリーズナブルな正統派北京中華料理

東華菜館・蛇腹エレベーター
お料理ももちろん美味しかったです! 前菜から始まって一皿ずつウエイターさんが個室の扉を開けて給仕してくださるスタイルです。正統派の北京中華料理でかなり量もありました。お値段もロケーションや歴史を考えればかなりリーズナブルだと思いました。

店主のご挨拶まで

東華菜館・蛇腹エレベーター
ふと窓に目をやるとキラキラした鴨川の流れが眩しい。食事の終わりには店主の于さんがご挨拶までしてくださる心遣い。ウェイターさん、ウェイトレスさん、スタッフのみなさんも丁寧な物腰でにこやかに対応してくださりサービスも大満足でした。

古き良き時代のエレベーターと中華料理をご堪能あれ

東華菜館・蛇腹エレベーター
西洋風の建物で中華料理とは一見ミスマッチに思えますが、様々な異文化が一般庶民にまで波及した大正時代をそのまま具現化しているようでした。古き良き時代のエレベーターと伝統の中華料理をぜひご堪能あれ。(2017年02月26日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

東華菜館(とうかさいかん)蛇腹エレベーター
住所 :京都府京都市下京区西石垣通四条下ル斎藤町140-2
電話 :075-221-1147
休業日:年中無休
時間 :11:30~21:30
駐車場:なし
関連URL:古き良き伝統 京都の東華菜館
※情報修正2017年07月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。