現代人には理解不能すぎるおかめ伝説「千本釈迦堂・大報恩寺」【京都】

千本釈迦堂 大報恩寺
ふっくらほっぺにぺちゃんこ鼻。京都上京区の千本釈迦堂はおかめ伝説の発祥のお寺です。この地に伝わるおかめの伝説と、ちょっぴりエロなおかめコレクションをご紹介しましょう。

千本釈迦堂は京都で最も古いお寺

千本釈迦堂 大報恩寺
千本釈迦堂(せんぼんしゃかどう)の正式な名前は大報恩寺(だいほうおんじ)。770年前の鎌倉時代初期・1227年に建立された、京都で最も古いお寺です。応仁の乱の戦火もまぬがれた本堂は、国宝にも指定されているんですよ。

千本釈迦堂の名前の由来

千本釈迦堂 大報恩寺
なぜ千本釈迦堂と呼ばれているかというと、本堂の釈迦如来像が古来より厚く信仰されていることと、お寺の近くをはしる千本通りからきています。

千本通りの名称は平安時代に供養のための千本の卒塔婆(そとば)が道に立てられていたため、または千本の桜が植えられていたからという説がある。

千本釈迦堂に伝わるおかめのエピソード

千本釈迦堂 大報恩寺
千本釈迦堂に伝わるおかめのエピソードをご紹介しましょう。本堂を建てるにあたって棟梁に任命されたのが長井飛騨守高次という名大工。その高次、間違えて大切な柱の一本を短く切り落としてしまいました。

夫の苦悩に妻がアドバイス

千本釈迦堂 大報恩寺
信徒から寄進された貴重な柱。高次の苦悩を見かねた妻のおかめは「柱を全部短く切って、柱の上に斗組(ますぐみ)を乗っければ大丈夫よ」と助言します。

なぜおかめは自害したのか?

千本釈迦堂 大報恩寺
妻の機転によって、本堂は無事落成。しかしおかめは突然自害してしまいます。いかに夫の危機を救ったとは言え、女の入れ知恵で建設したとなれば夫の恥になると、上棟式の前日に自らの命を絶ってしまったのです。

かえって大騒ぎになってしまうのでは

千本釈迦堂 大報恩寺
正直言って理解不能。いえね「夫の名誉を命を賭けて守る」という当時の倫理観は分かるのですが、自害なんかしちゃったらかえって「妻に助けてもらった夫」という評判を大々的に世間に知らしめる結果になるんじゃないかな。黙ってた方が夫のプライドを保てるような気が……。

おかめコレクションが珍なのです

千本釈迦堂 大報恩寺
ま、現在では美談として語り継がれてるんですけどね。さて、このお寺がなぜ珍スポットなのかというとおかめコレクションが面白いからなのです。人形、お面、食器などありとあらゆるおかめグッズが集められています。

ありとあらゆるおかめグッズ

千本釈迦堂 大報恩寺
エッチなおかめ像もちらほら。悲劇として伝えられているおかめ伝説ですが、こんなにたくさんのおかめグッズが作られ、由緒あるお寺に奉られているのですから、きっとおかめさんもお墓の下でにっこりしていることでしょう。

でもひょっとして……

千本釈迦堂 大報恩寺
でもひょっとして後世語り継がれることを計算しての自殺だったりしたらちょっと怖い。ニコニコ男子ウケの良い女子ほどお腹の中できっちり計算してたりなんかすることもありますからね。(2006年05月13日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

千本釈迦堂(せんぼんしゃかどう)・大報恩寺(だいほうおんじ)
住所 :京都府京都市上京区七本松通今出川上ル溝前町1034
電話 :075-461-5973
時間 :09:00~17:00
拝観料:大人600円
駐車場:無料(バス6台、乗用車25台)
関連URL:トップページ|千本釈迦堂 大報恩寺
※情報修正2017年02月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。