病を治すのっぺらぼうの石仏「飛鳥奇石群(10)弥勒石」【奈良】

弥勒石
飛鳥寺から歩いて10分ほど、飛鳥川のわきにある弥勒石。大きさは2.5メートルほど。石は小さなお堂の中に安置されています。石仏としてこの地の人々の信仰を集めている石仏です。

お堂の中に安置された奇石

弥勒石
3週間も続けてきた、奈良県飛鳥奇石群シリーズも今回で最後。ホントはこの地方にはもっとたくさんの奇石があるんですが、とりあえず当サイトの奇石レポートはここで終了。1日でまわった奇石群としてはなかなかの成果だったと思います。

下半身の病気が治る

弥勒石
弥勒石は地元の方に「ミロクさん」として親しまれていて、拝むと下半身の病気が治るという言い伝えがあります。そのためお堂の周りには、わらじがたくさん奉納されています。古いものから新しいものまでいろいろ。今も信仰が生きているんですね。

顔はよく分からないけど

弥勒石
ミロクさんのお顔です。ぼんやりと目鼻があるような、ないような。昔はもっとくっきりしていたのでしょうか? 仏さんのように見えなくもないといった印象。でもその素朴さが、のんびりした明日香村の雰囲気にとても合っていて素敵だなあと思いました。

飛鳥川から引き上げられた石

弥勒石
飛鳥京観光協会のサイトによると、この弥勒石は飛鳥川から村人が引き上げてお祀りしたものとありました。その時の弥勒石には、わずかに口の形があるだけで手も足もなかったとのこと。引き上げられた08月05日を記念して、毎年お祭りを行なっているそうです。

最後もやっぱり「わかりません」

弥勒石
上記サイトには、「身体の不自由な人、目の悪い人がお参りして、仏さんの顔・身体を撫でて拝むと、治してくれる」と書かれていました。下半身に限らず全身の病に霊験あらたかなんですね。そして最後の奇石レポートもやっぱり「用途は何なのか、はっきりとわかっていない」という言葉で締めたいと思います。(2013年02月03日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

弥勒石
住所 :奈良県高市郡明日香村大字岡
電話 :0744-54-5600(明日香村教育委員会文化財課)
時間 :見学自由
休業日:年中無休
駐車場:なし
入場料:無料
※情報修正2016年08月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。