閻魔大王が占うあなたの極楽度&地獄度チェック「全興寺」【大阪】

全興寺
大阪全興寺では極楽度・地獄度チェックなる占いの項目に答えていくと、地獄へ行くか極楽へ行くかエンマ大王が判断してくれます。やたらリアルな鬼と奪衣婆もあなたをお出迎え。

昭和の懐かしい風景

全興寺
全興寺(せんこうじ)は聖徳太子が大阪平野の地に薬師如来像を安置し、そこから町が形作られたという由緒正しいお寺です。下町にあって地域に密着した感じのお寺。子供の姿もちらほら見えます。

お寺の隣には駄菓子屋さん博物館

全興寺
商店街に狭い小道。昭和時代にタイムスリップしたような町、平野。全興寺の隣には駄菓子屋さん博物館があります。昭和20~30年代の駄菓子やオモチャがぎっしりと展示されています。そこでは大人が子供たちにベーゴマを教えていました。ベーゴマに熱中している小学生が微笑ましいです。

地域に根付いた全興寺

全興寺
おっと本来の目的は全興寺でした。境内はこざっぱりと清められていて、ほのぼのした町のお寺だなあと思いました。ここまではどこの町にもよくあるお寺といった印象です。でも入り口にはユーモラスな鬼の看板「ウソをつくと舌をぬくぞ」。

鬼に導かれて地獄堂

全興寺
庭にある鬼の道案内。愛嬌のある表情がなかなか可愛らしいです。ほとけのくにと地獄道の二箇所を案内しています。まずは地獄堂から見てみることにしました。

あなたはどっち?

全興寺
入り口には極楽度・地獄度チェックなる占いが。「感謝して真剣に努力する」or「絶えず不平不満が多い」などの項目に答えていくと、地獄へ行くか極楽へ行くかエンマ大王が判断してくれます。ふむふむ。私は「極楽行き合格」でセーフ!

地獄の世界へ行ってみよう

全興寺
中にはいると、カラフルな地獄世界が広がっています。中央には恐ろしいエンマ大王の顔。左には地獄の官吏たちでしょうか。「はてさて、こやつは地獄行きか?」と見つめられているようでゾクリ。

やたらリアルな鬼と奪衣婆

全興寺
右手には、責め道具を持った鬼。ウソをつくとこれで舌を引っこ抜かれるのかな。隣には亡者の着物を奪い取るという奪衣婆(だつえば)。どちらもなぜかやたらとリアルに作ってあるんですよ。一部屋だけのお化け屋敷みたいです。

ほとけのくにで瞑想

全興寺
恐ろしい地獄を見た後は、仏の世界でほっとしましょう。ほとけのくにと書かれたコンクリートの建物へ向かいました。四国八十八ヶ所の砂が入った手すりを頼りに階段を下っていくとほの暗い一室。

床にはステンドグラス風の曼陀羅

全興寺
四方の壁の仏像がロウソクの明かりに照らされています。床にはステンドグラス風の曼陀羅が描かれています。この中心に座って、ゆったりと瞑想にふければ仏の世界を覗けるのかもしれません。私も靴を脱いであがってみました。

子供に愛されている幸せな珍スポット

全興寺
下からの明かりでぼんやりと浮かび上がる曼陀羅。幻想的です。私の後ろから子供たちがガヤガヤと入ってきたので早々と退散しました。子供に愛されている地獄堂とほとけのくには幸せな珍スポットですね。(2006年01月08日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

全興寺(せんこうじ)
住所 :大阪府大阪市平野区平野本町4-12-21
電話 :06-6791-2680
入場料:参拝無料
関連URL:全興寺公式HP_せんこうじ平野区
※情報修正2017年01月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。