私は夢をみていたんでせうか?「石切神社(石切劔箭神社)」【大阪】

石切神社
東大阪市石切神社はでんぼ(出来物)の神様として知られ、病に悩む人々に霊験があります。正確には神社そのものよりも参道が珍です。しかし久しぶりに訪れて愕然としました。

あれ?本当にここだったか?

石切神社
学生時代の珍スポめぐりの衝撃を再び体験できると思ってワクワクしていたのですが、行ってみて「あれ? 場所間違えてる?」と何度も道を確かめました。石切神社は全く変わってしまいました。

ねじ式の町を思い出す参道

石切神社
石切神社を思い出すときに連想するのがつげ義春の名作短編マンガ『ねじ式』。主人公の青年が「医者はどこだ」とさまよう不思議な町です。奇妙な看板が並ぶ古い路地、得体の知れない家々が並ぶ狭い道。以前石切神社を訪れた時は、夢の中をさまよっているような、何十年も前にタイムスリップしてしまったような感覚を味わいました。

あの風景はどこにいったのか

石切神社
通りにはボロボロになったポスターや、手書きの恐ろしい絵が描かれた看板が立ち並び、店先には何十年も同じモノが置かれているのかと疑うような流行遅れの服。わけのわからないヘタウマオブジェ、くすんだガラス瓶の並ぶ漢方薬店。そんな通りだったはずなのに、以前の面影がまるでありません。

入りやすい雰囲気の占いの館

石切神社
確かに参道には占いの店があっちにもこっちにもあって、一風変わった通りとなっています。でも手書きだったポスターはパソコンで美しくデザイン・印刷されたものに代わり、カラフルで明るい店構えのお店が多くなっています。

幻覚……?虚像……?

石切神社
もしかして私の記憶の石切神社参道はまったくの幻覚、虚像だったかしら。私が今歩いている参道は、全然別の場所なんだろうか。歩きながらなんだか頭の中がグルグル回りはじめてきました。

時代に合わせて変化

石切神社
ここを訪れる観光客の方々は、あやしげなお店よりも気軽に入れるお店を望んでいることでしょうし、お店の方も売り上げが上がるように時代に合わせて変化してきたのだと思います。

初見のマニアも満足

石切神社
初めて訪れる珍スポットマニアにとっても、占い店がたくさんある参道、異彩を放つ坂本昌胤記念館、ペガサス銅像の石切夢観音など見どころも多いため、十分楽しめる観光地だと思います。

私がどうこう言えることではないが

石切神社
お店の方も一般観光客も、新しく珍スポット好きになった方もみんな満足。全員「WIN WINの関係」なのですから私がどうこう言う問題ではありません。

夢をみていたんでしょうか

石切神社
ですが。本音を言うと「行くんじゃなかった」と落胆しています。私は夢を見ていたんでしょうか? 心に存在していた奇妙で懐かしい参道が現在の風景で塗り替えられ、もうあまり思い出せなくなってしまいました。(2008年08月14日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

石切神社(いしきりじんじゃ)
住所 :大阪府東大阪市東石切町1-1-1
電話 :072-982-3621
時間 :参拝自由
拝観料:無料
関連URL:石切劔箭神社(石切さん)
※情報修正2017年07月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。