駅構内に忍者が! トリックアートで遊ぼう「甲賀駅」【滋賀】

甲賀駅
忍法天井隠れの術、破れたり〜! 滋賀県JR甲賀駅は忍者で有名な甲賀市にあります。駅構内にはあちこちに7つの忍者トリックアートが描かれていますよ。天井の忍者もお見逃しなく!

広告

2005年に駅舎新築の小さな駅

甲賀駅
甲賀市甲賀町大原市場のJR甲賀駅。滋賀県統計書によると一日の乗車人員は800人弱。住宅街の真ん中にあるこぢんまりした静かな駅です。2005年の11月に駅舎新築され橋上駅化しました。

広告

名物は忍者のトリックアート

甲賀駅
地方の駅によくあるタイプの駅舎ですが、ここが普通でない珍スポットとなっているのは忍者のトリックアートがあるからなんです。駅舎のリフォームで甲賀忍者で知られる甲賀の郷ならではの面白い駅に大変身。この壁画をご覧ください。

ポーズをとって180度ひっくり返すと……

甲賀駅
これは逆さまに見るのが正しい鑑賞法。ポーズを決めて写真撮影後に180度ひっくり返してみると……。

くノ一(女忍者)が天井裏から侵入していますよ! 曲者じゃ、出会え、出会え!

恥ずかしがらずにレッツトライ!

甲賀駅
この駅の楽しみ方は、恥ずかしがらずに自分も忍者になりきって絵の中の忍者たちとコラボアートすることです。幸いそれほど乗客が多い駅ではないので堂々と写真を撮ることができますよ。お子さんとご一緒のご家族連れに良いかも。

駅構内のトリックアートは全部で7つ

甲賀駅
構内の忍者アートは全部で7つ。主に壁に描かれていますが、こんなふうに天井にもあるのでお見逃しなく。冒頭の写真は位置決めをぴったりやらないとトリックアートになりませんから、写真撮影する人(今回は旦那様にお願いしました)の腕が問われますね。

忍法分身の術でトリックアート

甲賀駅
こちらは2回に分けて撮影した写真をフォトショップで合成したもの。窓を開ける忍者と、窓から飛び込む忍者の両方を演じてみました。影と同じポーズをとってパシャリ。忍法分身の術! でも飛び込む忍者はちょっと難しい。

一番大きなトリックアートはこちら

甲賀駅
一番大きなトリックアート。天井から縄をつたって忍者が侵入していますよ。さて、あなたならどんなポーズをとる?

あれ、思ってたのとなんか違う

甲賀駅
デデンデンデン! ロープにぶら下がって天井からひらりと降り立った!……風にしたかったけど、なんかロープでぶん回されてる人みたい。真っ先にやられるタイプの忍者。

改札口の内側にもトリックアート

甲賀駅
甲賀駅構内には7つのトリックアートがありますので、スタンプラリー的に探しながら写真を撮るのも楽しいですね。切符を買ってホームに入らないと撮影できない場所もありますのでコンプリートしたい方は入場券を購入しましょう。

甲賀市・甲賀駅は「こうかし・こうかえき」

甲賀駅
ところで甲賀忍者のように「こうがえき」と読むのかと思ったら、駅名は「こうえき」とにごらないんですね。甲賀市も「こうし」だし。調べてみると市名決定の際に「こうか」「こうが」で決選投票となって、昔からの甲賀郡(こうかぐん)という読みを継承して「こうかし」になったのだそうで。地元の人じゃないと間違えちゃうね。

なぜサンタクロースの格好にしたんだ?

甲賀駅
ところで甲賀駅を訪れたのは01月だったのですが、なぜか駅前の忍者像がサンタクロースのコスプレしてたんですよ。横には恋仲のくノ一なのかマネキンも立っていてなんとも珍妙な雰囲気。なぜカップルでコスプレ? 正直忍者とクリスマスは全く合わないなあ……。(2016年01月11日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

甲賀駅(こうかえき)
住所 :滋賀県甲賀市甲賀町大原市場
関連URL:甲賀駅 – Wikipedia
※情報修正2017年11月