きらめく星の数ほど無限に「海洋堂フィギュアミュージアム」【滋賀】

海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館
精巧な造形と彩色の美しさで知られるフィギュアメーカの海洋堂。滋賀県海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館を訪れました。食玩やフィギュアをジオラマ形式で展示しています。

歴史ある人気観光地・黒壁

海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館
滋賀県長浜市の黒壁は、黒漆喰の歴史的建造物で人気のある観光名所です。レトロなカフェ、工房、ギャラリーなどが並ぶアーケードの中に、異彩を放つ建物があります。入り口には等身大のケンシロウ像が睨みをきかせていますよ。

なぜ長浜市に? なんでもミュージアム設立をもちかけた不動産屋さんの社長が長浜出身だったからだそうで。

日本初のフィギュアの博物館

海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館
海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館は2005年09年07日オープン。フィギュアの博物館としては日本初です。「龍遊館」の名前は館長(海洋堂社長)である宮脇修氏が辰年生まれなので「龍が遊ぶ」と付けられました。館内には海洋堂が得意とするガチャガチャやお菓子のおまけのフィギュアがどっさり!

数百個もあるジオラマボックス

海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館
龍遊館のフィギュアはただ並べてあるだけではありません。ジオラマ形式で展示されたショーケースが実に見事なのです。このジオラマの箱は数百個もあるのですが、どれも非常に凝った作りになっていて時間を忘れて見入ってしまいます。

人と暮らす動物

海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館
「人と暮らす動物」というボックスには、身近な動物たちを民家の庭に見立てたジオラマで展示。例えば文鳥も牛もフィギュアの大きさは同じなのですが、遠近法的な配置で近くのものは大きく遠くのものは小さく見せているので違和感を感じさせません。

水族館のペンギン

海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館
水族館の風景を切り取ったジオラマの中で遊ぶペンギンたち。様々なポーズをとるペンギンが岩山やプールの中で上手く活かされていますね。人工的な氷山や岩山の表現もお見事!

南の海の海底ジオラマ

海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館
南洋の海底を再現したジオラマです。色とりどりの熱帯魚が舞い踊っています。サンゴがとてもリアルに作られていて、いったい材料はなんだろう?と見入ってしまいました。

ふしぎの国のアリスと恐竜博物館

海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館
ふしぎの国のアリスの物語を箱のなかに凝縮したジオラマ。アリスの絵柄のティーカップに沈むマッドハッター。このアイデアはなかなか思いつきません。恐竜の化石フィギュアは博物館の一室で再現。小さな人間がこれまた小さな恐竜の化石を眺めているという入れ子的な表現。

アルゴ探検隊のガイコツと仏像

海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館
『アルゴ探検隊の大冒険』の名シーン。レイ・ハリーハウゼンのストップモーションアニメそのままに、ガイコツが剣をふりあげています。仏像フィギュアはお寺のお堂に安置。光の使い方が素晴らしく、本物のお寺のよう。「海洋堂」の文字もリアルです。

ウィペットの壁面オブジェ

海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館
壁一面の犬の渦巻き。よく見ると私が飼っているウィペットのフィギュアです。可愛い犬フィギュア見せ方次第でこんなに迫力あるオブジェになるんですね。

他にもエヴァンゲリオンなどアニメのキャラコーナ、海洋堂の歴史年表や歴代フィギュア、美少女フィギュアのショーケースなどご紹介しきれないほど展示物がありました。

フィギュア塗装・ジオラマ作りの体験教室

海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館
見るだけでなく、フィギュアの塗装やジオラマ製作の体験教室もあります。未彩色のフィギュアに好きな色を塗ったり、木や石で太古の恐竜時代のジオラマ作りをしたり。お子さんだけでなく大人も楽しめます。料金は1000円と3000円。

一階はミュージアムショップ

海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館
博物館は二階にあるのですが、一階部分はミュージアムショップになっています。海洋堂のフィギュアや食玩だけでなく、ここでしか買えないオリジナルグッズもいっぱい。物欲刺激アイテムぎっしりです。数百円のものから数万、数十万のレアものまでいろいろありました。

開館10周年を迎え、今後も増殖するジオラマ

海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館
とにかく量が多いのでフィギュアがお好きな方は数時間があっという間に過ぎてしまうでしょう。館内写真撮影自由なのも嬉しい。

2015年で10周年を迎えましたが、今後もどんどんジオラマは増え続けるのだそうです。館長の「創るモノは夜空にきらめく星の数ほど無限にある」の言葉どおり、まだまだ無限に創るものがあるのですから。(2016年01月09日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

海洋堂フィギュアミュージアム黒壁(かいようどうフィギュアミュージアムくろかべ)龍遊館(りゅうゆうかん)
住所 :滋賀県長浜市元浜町13-31
電話 :0749-68-1680
入館料:大人800円(フィギュア一体付き)
休館日:不定休
時間 :10:00~18:00(4/1~10/3) 10:00~17:00(11/1~3/3)
関連URL:海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 株式会社 龍遊館/滋賀/長浜/フィギュア/博物館/海洋堂
※情報修正2017年10月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。