琵琶湖に人魚!? 人魚のミイラがあるお寺「願成寺」【滋賀】

願成寺の人魚のミイラ
人魚と言えば海のイメージ。でも琵琶湖には人魚にまつわる伝説が数多く残っています。滋賀県願生寺には寺宝の人魚のミイラが祀られています。悲しい琵琶湖人魚の伝説をご紹介します。

滋賀県の人魚伝説のお寺

願生寺の人魚のミイラ
私は個人的な興味から、日本全国に伝わる人魚伝説の地を訪ねています。人魚そのものや人魚を食べたという八百比丘尼の伝説には心惹かれるものがあります。人魚のミイラが残っているという東近江市の願成寺(がんじょうじ)にも足を運ぶことにしました。

沖縄離島に伝わる人魚伝説の考察「川平湾」【石垣島】
   私は日本だけでなく世界各国の人魚伝説に大変興味を持っています。今回は沖縄、特に沖縄離島に伝わる人魚伝説について考察してみたいと思います。沖縄県石垣島の川平湾を訪れました。
あなたも永遠に若く美しくなれる? 人魚伝説の寺「金川寺」【福島】
   女性諸君、永遠に若く美しくありたいか! ならば福島県喜多方市の金川寺にGO! 金川寺は元祖・美魔女の八百比丘尼(やおびくに)が作ったお寺。美しくなれるご利益があります。
ユナイタマの人魚伝説と母体回帰の池「通り池・鍋底池」【下地島】
   沖縄県伊良部島の西にある下地島。西側海岸沿いに、不思議な人魚伝説が残る通り池があります。ダイバー憧れのダイビングスポットであり、またパワースポットとして人気を集めています。
人魚を食べて不老不死になった娘「八百比丘尼入定洞・空印寺」【福井】
   人魚の肉を食べて不老不死の力を得たという八百比丘尼(やおびくに)の民話は全国各地に残っています。福井県小浜市の空印寺は八百比丘尼が入定したという洞窟があるお寺です。

聖徳太子と結び付けられた人魚伝説

願成寺の人魚のミイラ
人魚のミイラや伝説は全国各地に残っていますが、琵琶湖周辺のものは聖徳太子と結び付けられた人魚伝説が特徴です。人魚は淡水魚だったのでしょうか? 端が見えないほど巨大な湖ですから、昔の人は人魚が琵琶湖に住んでいると思ってもおかしくはありませんね。

『日本書紀』に伝えられる人魚

願成寺の人魚のミイラ
琵琶湖の人魚伝説は『日本書紀』にあります。「619年の夏に、琵琶湖にそそぐ蒲生河に人間のような異形のものがいた」という記述があります。これを人魚とするならば、日本書紀の言い伝えが最古かもしれません。また日本書紀には「摂津の国の漁師の網に、魚でも人でもない不思議なものがかかった」とも伝えられています。

聖徳太子が調査を命じた、不思議な生物

願成寺の人魚のミイラ
願成寺は聖徳太子が創建したと言われるお寺です。寺に伝わる古文書にはこう書かれています。

先の日本書紀の「人間のような異形のもの」について知らせをうけた聖徳太子は、人魚に違いないと確信します。そして人魚をそのままにしておけば災いが起こるとして供養を命じました。

美しい尼僧の世話をする謎の小姓

願成寺の人魚のミイラ
また別の伝説もあります。

昔願成寺に美しい尼僧がいました。すると美しい小姓がどこからともなくやってきて、尼僧の身の回りの世話をし始めました。やがて村人たちはこの小姓に嫉妬して、正体を怪しむようになりました。そしてある日村人が小姓の後をつけると、佐久良川の淵で小姓がスッと姿を消したではありませんか!

捉えられてミイラにされてしまった小姓

願成寺の人魚のミイラ
村人が後日川をさらってみると、人魚が網にかかりました。この人魚は小姓に化けて尼僧に近づいたのでした。仏に使える身に懸想するとはふらちな奴と、怒った村人は人魚をミイラにしてしまいました。そして以降、人魚のミイラは見世物にされたりお金持ちに買われたりして各地を転々としたのでした。

泣いたミイラは無事願成寺へ

願成寺の人魚のミイラ
しかし人魚のミイラは夜になると鬱々とした声で泣くようになったため、供養のために尼僧の眠る願成寺へと戻されました──以上が願成寺に伝わる人魚伝説。

この伝説の人魚は女ではなくて男なんですね。いや尼僧を慕う女人魚が小姓に化けていたという百合的物語もありかな。なのに人魚かわいそう……。ミイラになってまで泣いて戻りたがるなんて、純愛だと思うんだけどなあ。

願成寺の人魚伝説にはもう一つある。寺の近くの小姓ヶ淵に、三人の人魚の兄弟が住んで水を湧き出させていた。村人はその三兄弟を捕まえて見世物にした。そのうちの一人がミイラになって、願成寺に伝えられている──というもの。

人魚サミット開催の地

願成寺の人魚のミイラ
平成12年(2000)には、願成寺のある蒲生町(合併前)で「人魚サミット」が開かれました。参加したのは人魚伝説が残る和歌山県橋本市、新潟県大潟町、福井県小浜市、滋賀県日野町。これ盛り上がったのかしら? 境内は人魚サミット記念碑がポツンと残っていました。(2016年01月09日訪問)【麻理】

大変残念ながらこの人魚のミイラは、拝観や問い合わせは不可となっています。どうしてもミイラの姿を見たい方は、以下の『決定版 妖怪ミイラ完全FILE』にカラー写真が載っていますのでご覧ください。

参考文献

地図&情報

願成寺(がんじょうじ)
住所 :滋賀県東近江市川合町950
電話 :0748-55-0155
願成寺 | 東近江観光ナビ
※情報修正2017年07月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。