歴代藩主も訪れた3万点の貝コレクション「貝寺・本覚寺」【和歌山】

貝寺 本覚寺
和歌山県白浜町に貴重な貝をたくさん収集しているお寺があると聞いて本覚寺を訪ねました。地元の方には貝寺と呼ばれて親しまれています。歴代の藩主も訪れている由緒あるお寺です。

漁民が寄進した珍奇珍種の貝

貝寺 本覚寺
本覚寺(ほんかくじ)・貝寺は200年ほど前の江戸時代から、地元の漁民が寄進した珍奇珍種の貝をコレクションしています。本覚寺は徳川御三家の紀州藩主に珍しい貝を献上していたため、歴代の藩主が何度もご来遊しているんだそうですよ。

1000種類、約3万点の貝

貝寺 本覚寺
ガラスの展示ケースに並べられた貝の数々。丁寧にラベリングがしてあって、大切に保管されているのが分かります。学術的にも貴重な品々だそうで。1000種類、約3万点の貝がずらーり。昔の漁師さんがひとつひとつ拾ったものです。

お寺の名前がついた「ホンカクジヒガイ」

貝寺 本覚寺
寺の宝となっているのがホンカクジヒガイ。昭和4年(1929)に京都帝大理学部の故・黒田徳米博士(元日本貝類学会会長)によって発見され、寺の名前にちなんで名付けられました。8センチぐらいで、つるつるした乳白色の貝です。その昔寄進されて保管されていた貝の中から見つかりました。

極めてまっとうな観光地

貝寺 本覚寺
学術的に非常に貴重なコレクションながら、非常に真面目な博物館で珍スポットではなかったです。極めてまっとうな観光地なので、普通に温泉旅行に来た方にオススメです。(2006年10月08日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

本覚寺(ほんかくじ)・貝寺(かいでら)
住所 :和歌山県西牟婁郡白浜町瀬戸620
電話 :0739-42-3771
時間 :朝〜夕方
休館日:年中無休
入館料:志納
駐車場:無料(8台)
関連URL:本覚寺 | 白浜観光協会公式サイト | 南紀白浜観光ガイド | 海と温泉のリゾート
※情報修正2017年05月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。