弘法大師が天邪鬼に作らせた橋!?「奇岩(3)橋杭岩」【和歌山】

橋杭岩
和歌山奇岩シリーズその3・橋杭岩(はしぐいいわ)。串本の海岸から大島に向かって橋の杭が点々と置かれているようみたいに見えます。この橋杭岩には不思議な伝説があるんですよ。

弘法大師が一晩で作り上げた!?

橋杭岩
大小40の奇岩が850メートルの長さに並んでいます。この橋杭岩、その昔に弘法大師が一晩で作り上げたといわれています。いったいどうやって? 弘法大師は大島へ行脚するために、なんと天邪鬼(あまのじゃく)に手伝わせて巨大な橋をかけようとしたんですって。

橋杭岩に残る不思議な伝説

橋杭岩
言われるままにガコンガコンと岩を並べる天邪鬼。でもくたびれ果てて鶏の鳴き声を真似たところ、弘法大師は夜が明けたと思って橋の建設を中断。結局橋の杭である岩だけが残ったと言われてます。

1400万年前に起こった火成活動の結果

橋杭岩
他にも天邪鬼と弘法大師が賭をしたという説もありますが、これはあくまで伝説。実際には1400万年前にこのあたりで起こった火成活動によりマグマが上昇して冷え固まり、その後の海水の浸食によって今のような形になったそうです。

この壮大な風景を動画でどうぞ


でも私としては地質学的な説より天邪鬼説の方が断然楽しい。あなたもそうでしょ? この壮大な景色を写真でお伝えするのは難しいため、動画を撮影してみました。本当に橋みたいですよね。

不思議な橋杭岩を眺めながらのお散歩

橋杭岩
干潮の時には真ん中ぐらいにあるる弁天島まで歩いて渡ることができます。私が行ったときも岩の近くまで歩いている観光客がたくさんいました。和歌山は面白い岩がたくさんありますね。(2006年10月09日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

橋杭岩(はしぐいいわ)
住所 :和歌山県西牟婁郡串本町橋杭
電話 :0735-62-3171(串本町観光協会)
時間 :見学自由
入場料:無料
休業日:年中無休
駐車場:無料(53台)
関連URL:本州最南端の串本町(串本町観光協会)
※情報修正2017年03月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。