ぽっかり空いた穴から太陽が見える「奇岩(4)円月島」【和歌山】

円月島
和歌山の奇岩・円月島は、東西35m、南北130mの小島。正式には高島(たかしま)ですが、真ん中に丸く穴が空いているのでそう呼ばれています。太陽がちょうど重なる様は絶景です。

カメラマンに大人気のスポット

円月島
ここはカメラを趣味とする方々に大人気のスポット。毎年10月下旬から11月中旬の夕暮れ時。ちょうど夕陽が海蝕洞の位置に沈む様子がなんともフォトジェニックなんだとか。残念ながら上陸はできませんので遠くから眺めるだけですが。

フォトショップで夕暮れ時を再現

円月島
残念なことにスケジュール的に時間が合わなかったので、フォトショップでその様子を合成してみました。夕暮れ時はこんな感じかしら?

でもやっぱりホンモノには勝てない

円月島
または満月がちょうど穴にさしかかる時も幻想的でしょうね。こちらも合成作品。でもやっぱり本物の美しさにはかないません。円月島の夕陽をとらえた、美しい写真をたくさんアップされている「エバンジェリスト・ミン坊の写真日記」様の「円月島の夕陽」という記事をご覧になってください。すばらしいショットです。(2006年10月09日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

円月島
住所 :和歌山県西牟婁郡白浜町
電話 :0739-43-5511(白浜観光協会)
時間 :夕暮れ時がベスト(夏は18時30分頃、冬は4時30分頃)
※情報修正2016年10月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。