プリンセステンコー林家一門も推薦「エビとカニの水族館」【和歌山】

エビとカニの水族館
日本童謡の園のには和歌山県すさみ町立エビとカニの水族館があります。林家一門、永六輔、プリンセステンコーなど有名人がサポーターになっている、手作り感あふれる水族館です。

童謡を聴きながらピュアな心を取り戻せ「日本童謡の園」【和歌山】
日本童謡の園は日本初の童謡を集大成した公園として生まれました。紀伊半島のおだやかな海を一望できる敷地に、童謡の歌碑が点在。自動演奏される童謡の音色に心癒やされる公園です。
広告

世界一小さなエビとカニだけの水族館

エビとカニの水族館
エビとカニの水族館は「世界一小さなエビとカニだけの水族館」として1994年4月オープン。なぜ、エビとカニなのか? それはすさみ町の主要産業・エビ網漁を表現しているからなのです。

広告

イセエビの本場は伊勢じゃない! すさみだ!

エビとカニの水族館
公式ページには「イセエビの本場は伊勢じゃない! すさみだ!」との熱いメッセージが。ええっ、そりゃ言い過ぎでは……。すさみは伊勢に比べると知名度がかなり低いと思う。正直すさみがエビ漁業やってるのって初めて知ったし。

名誉館長は海老名香葉子氏

エビとカニの水族館
しかしエビとカニの水族館は本気です。名誉館長に林家一門のゴッドマザー・海老名香葉子氏を引っ張ってきているところからも分かります。理由? そんなものは「海老(エビ)」だからに決まってます。それ以上も以下の理由もありません。

ユニークなサポーター制度

エビとカニの水族館
この水族館にはサポーター制度というユニークな試みを実践中です。1口5000円でエビやカニの仮親として寄付を募っているんです。サポーターになるとお名前が水槽の上に掲示されるんですよ。この写真のヤドカリのサポーターは、林家いっ平氏。水槽の説明書きには「ヤドカリのスイソウ曲を聞いてみたいな! イッペイいるので」。落語家さんらしい。

プリンセス・テンコーもご推薦

エビとカニの水族館
結構いろんな有名人がサポーターになってますね。名誉館長の林家一門は当然として、世界最大のカニ・タカアシガニは2代目・引田天功氏と永六輔氏。ちゃんとPRINCESS TENKOとあります。でもなぜプリンセス・テンコーと永六輔氏がペアでタカアシガニなのかは分かりません。プリンセステンコーのメッセージは「貴方も海からのメッセージを感じてください」

100種400点の甲殻類が大集合

エビとカニの水族館
すさみ町全面バックアップのイセエビから、毒ありのスベスベマンジュウガニまで100種400点の甲殻類が大集合。たださすがにエビとカニだけでは展示も難しいのか、ザリガニまでもが水槽に入ってます。確かにザリガニも仲間ですからね。

ウニやナマコ、ヒトデも触れる

エビとカニの水族館
海の生き物とふれあえるタッチングプールもありますよ。ウニやナマコ、ヒトデがさわり放題。うひょひょ。でもやさしくタッチングしようね。

可愛ければなんでもいい

エビとカニの水族館
世界最大のヤドカリ・ヤシガニのケージの隣には、ウミガメの赤ちゃんがたくさん泳いでいます。さすがにカメは関係ないんじゃ。しかも小笠原のアオウミガメだすさみ関係ないし。でもいいや、カワイイから。

江須崎島で大自然を満喫

エビとカニの水族館
童謡の園の園内にはこの水族館の他にも、国の天然記念物に指定されている江須崎島もあります。亜熱帯植物が生い茂る美しい島です。水族館で見たヤドカリを磯で見つけられるかも。立ち寄って大満足の珍スポットでした。(2006年10月09日訪問)【麻理】

島まるごと神の領域となっている神秘の島「江須崎島」【和歌山】
和歌山県の南紀白浜と言ったら、温泉や海水浴場が楽しめる一大観光地。しかし観光客もおらずひっそりとした佇まいの江須崎島は、島全体が神の聖域となっている神秘的な島なのです。

参考文献

地図&情報

エビとカニの水族館
住所 :和歌山県西牟婁郡すさみ町江住808-1(日本童謡の園公園内)
電話 :0739-58-8007
時間 :09:00~18:00(4~9月)09:00~18:00(10~3月)
入館料:大人800円
休館日:年中無休
駐車場:無料
関連URL:エビとカニの水族館
※情報修正2017年03月