日本一の石仏と地獄のぞきと百尺観音とバカ学生と「日本寺」【千葉】

日本寺
千葉県房総半島に切り立つ鋸山には、1300年前に開かれた関東最古の勅願所日本寺があります。日本一の石仏、地獄のぞき、百尺観音など見どころいっぱい。そしてがっかりスポットも。

ノコギリの歯のようにみえる採石の山・鋸山

日本寺
海抜329mの鋸山(のこぎりやま)。石を切り出した岩肌がのこぎりの歯のように見えることからそう呼ばれます。鋸山は昔から良質な房州石の産地として知られています。前回ご紹介した鉄尊様の金谷神社はこの麓(ふもと)にあります。

オーパーツ? 光り輝く謎の巨大円盤・鉄尊様「金谷神社」【千葉】
   千葉県富津市の金谷神社に安置されている巨大な円盤・鉄尊様。500年以上も前に海底から引き上げられたものです。千葉の不思議なオーパーツ・鉄尊様とはいったい何なのでしょうか?

1300年前に聖武天皇の勅勅により名僧・行基が開山した寺

日本寺
これは1700年代後半に3年の月日を費やして作られた石大仏です。大きさは31mもある日本一の石大仏。風化により崩落していましたが、昭和44年に復元されて今の姿になりました。でっかーい!

日本寺は1300年前に聖武天皇の勅勅により、名僧・行基が開山した由緒正しいお寺です。だから「日本」という国の名前がつけられているんですね。

お願い地蔵尊の地面に敷き詰められているものは?

日本寺
石大仏の隣りにあるお願い地蔵尊です。お地蔵様の下になにやら白いものがびっしり敷き詰められていますが……。

ゲシュタルト崩壊なお地蔵様

日本寺
これらは全て5cmほどのミニ地蔵さん。お地蔵様に指名を書いて奉納すると様々なお願い事が叶うそうです。近くで見るとゲシュタルト崩壊。

かなりきつい急階段が続くので要注意

日本寺
週末だったからか次から次へと大型バスが乗り入れ、観光客がたくさん降りてきました。中高年が多いようですが大丈夫かしら……。実はこの注意書きの立て札にあるように、これから結構な急階段が続くんですよ。

階段につぐ階段は結構ハードなハイキングコース

日本寺
階段、階段、また階段──。うっかりハイヒールなんて履いてきてしまったら大変です。途中でへたり込んでいる方もいらっしゃいましたよ。ハードなハイキングコースですから体力に自信のない方は別ルートをお勧めします。

切り立つ断崖絶壁の絶景

日本寺
でもそんな辛い道のりを進むと絶景が待っています。切り立つ断崖絶壁はツタで覆い尽くされ、生い茂った葉の間から木漏れ日が輝いています。思わず息を呑む美しい光景です。

【動画】まるでインドか中国のような壮大な風景


百尺観音はまるで中国かインドの磨崖仏のような壮大なスケール。昭和41年05月に6年の歳月をかけて完成した大観音石像。なんと雄大な風景でしょう。

交通安全のご利益に手を合わせる

日本寺
百尺観音は戦争で亡くなった方々の慰霊のため、また東京湾周辺の航海、航空、交通犠牲者供養のために発願されました。交通安全のご利益があるので、旅することが多い私もしっかりと手を合わせてきました。

まだまだ見どころは続きます

日本寺
日本寺の見どころはこれだけではありません。まだまだ続きますよ。もうここまでで相当足腰にきていると思いますが、もうちょっと頑張ってさらに階段を登り続けましょう。

高所恐怖症にとってまさに地獄!の地獄のぞき

日本寺
ここがかの有名な地獄のぞきです! 関東平野を一望にできる自然の展望台。いわゆるタマヒュンスポット。張り出した岩の上には一応柵が設けられているものの、高所恐怖症の人にとってはまさに地獄。

【動画】目もくらむような地獄のぞき


極度の高所恐怖症である私は、とてもじゃないけどこの岩の先に行くことはできませんでした。せめて動画を撮りましたのでこの岩がどんな場所にあるのかご覧ください。岩の先まで行ってる人、勇気あるなあ!

ぜひ晴天の日に訪れたい地獄のぞき

日本寺
目はくらむし、足はすくむしで、膝が笑ってしまってまともに歩けませんでした。私には写真を撮るのが精一杯でした。まことに申し訳ございません。この日は曇り空でしたが、晴れ渡った日はきっと気分爽快な風景なのでしょう。たぶん。

1553体の石仏が点在する東海千五百羅漢

日本寺
鋸山には上総の国の名工・大野甚五郎英令が安永8年(1779)〜寛政10年(1799)の21年間で27人の弟子とともに作った1553体の石仏が山の至る所に安置されています。これは東海千五百羅漢と呼ばれるもので、その数から言っても日本一、世界一の規模の霊場といえます。

登山者の失火によって国宝仏像やお堂が灰に……

日本寺
でもこんなに素晴らしい見どころばかりなのに今ひとつ知名度がないような……。実は日本寺は昭和14年11月に登山者の失火によって貴重な国宝仏像とお堂が灰になってしまったからです。ああ、もったいない。日本寺は長い時間をかけて復元、再現に努力されているお寺なんですね。

石仏に落書き!? 70年以上前の明大のバカ学生

日本寺
でもそんな日本寺の努力を台無しにするような連中もいます。こら! 1939年の明治大学の渡辺、伊藤、六角、佐藤! 磨崖仏の横にでっかく自分の名前を彫りおって! 明治大学の恥さらしだぞ! 78年前にもバカ学生はいたのね……。(2016年10月09日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

日本寺(にほんじ)
住所 :千葉県安房郡鋸南町鋸山
電話 :0470-55-1103
休業日:年中無休
時間 :08:00~17:00
拝観料:大人600円
駐車場:無料
関連URL:鋸山 日本寺 公式サイト
※情報修正2017年03月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。