マニア垂涎、かまぼこ板のお宝に驚愕「かまぼこ博物館」【神奈川】

かまぼこ博物館
神奈川県かまぼこ博物館はとんでもないお宝が展示されている驚きの施設です。あの人気漫画家、芸能人、有名人のかまぼこアートがあっちにもこっちにも。豪華すぎる! しかも入館無料!

老舗「小田原 鈴廣」の博物館

かまぼこ博物館
かまぼこ博物館は小田原 鈴廣(すずひろ)というかまぼこの老舗会社が運営する企業系ミュージアムです。「スーパーの端っこに置かれているかまぼこ」というイメージから、ちっちゃめの博物館かなと思ったら大間違い。このあたり一帯、料亭、市場、多目的ホール、ビール蔵そしてかまぼこミュージアムと、豪華な鈴廣関連の建物が並んでいるんです。

かまぼこのトリビアも学べる

かまぼこ博物館
館内はかまぼこの手作り体験教室やタッチパネルによるかまぼこクイズ、職人さんによるかまぼこ作りデモンストレーションなどかまぼこづくし。かまぼこはなぜ板についてるの? 水分を板が吸うので腐りにくくなるから──なんてトリビアも。

館内の撮影はかまぼこ職人さんの撮影はできません。職人さんが緊張してかまぼこ作りに専念できないからなんだそうです。他は自由に撮影できます。

かまぼこをテーマにしたアート作品

かまぼこ博物館
注目すべきはかまぼこアートの数々。これは「かまぼこ天使」というオブジェです。食材をモチーフにした作品で知られる間島領一さんの作品です。

600枚のかまぼこ板を使った絵画

かまぼこ博物館
約600枚のかまぼこ板に描かれたダイナミックな絵もありますよ。様々な魚がリアルに描かれています。かまぼこ板と言ってもあなどれませんね。

かまぼこ板絵国際コンクールの作品

かまぼこ博物館
2階には1982年より行われている「小さな美術展 かまぼこ板絵国際コンクール」の常設展示があります。コンクール受賞作品のかまぼこ板アートが並んでいます。小学生からお年寄りまでいろんな方がかまぼこ板を使ってユニークなアートに挑戦されていますよ。小学校の図工の時間のほのかな思い出が蘇ります。

創意工夫に富んだかまぼこ板アート

かまぼこ博物館
板を削ってかじったチョコレートに見立てた作品、縦と横に板を組み合わせた形を活かしたイラスト、板をつなぎ合わせてぐるりとネコを描いたアート、リアルな黒板消しのように色を塗ったもの──。かまぼこ板という小さなキャンバスに描かれたアートです。みなさん創意工夫があって素晴らしい。

有名マンガ家のかまぼこ板イラスト

かまぼこ博物館
ここからがさらに凄い! 有名イラストレータ、マンガ家のみなさんがかまぼこ板にオリジナルのイラストを描かれているのです! ダヤンシリーズの池田あきこ、『忍たま乱太郎』の尼子騒兵衛、『あしたのジョー』のちばてつや、『お笑いマンガ道場』レギュラーの鈴木義司。他にもやなせたかし、赤塚不二夫、藤子不二雄A、手塚治虫、石ノ森章太郎の作品を収蔵しています。(敬称略)

各界の有名人の作品も

かまぼこ博物館
マンガ家、イラストレータだけじゃないですよ。いまや画伯となった片岡鶴太郎、200万部のベストセラ『東京タワー』のリリーフランキー、お魚大好き・さかなクン──

なんとあの世界的巨匠の作品まで!

かまぼこ博物館
ちょ、ちょっと! 村上隆があるじゃないの! 村上隆って言ったら、サザビーズのオークションで作品が16億円で落札されたって世界的アーティストですよ。ゴクリ。こ、このかまぼこ絵、いったいいくらするの?

皇室御用達の蒲鉾

かまぼこ博物館
鈴廣蒲鉾本店に行くと、皇室の方々のお写真が飾られていました。現在の天皇陛下のご結婚の宮中祝宴において、招待者2700人に小田原 鈴廣の蒲鉾製品が配られたそうです。工場見学に高松宮様、常陸宮様をはじめ様々なセレブが訪れている様子。はあ~恐れ入りました。

予想外にゴージャスで脱帽

かまぼこ博物館
かまぼこを試食・購入できる鈴なり市場は観光客でいっぱい。豪華な駐車場に観光バスが次から次へと入って来てましたもん。みなさんジャンジャカかまぼこをお買い求めになっています。予想外にゴージャスすぎるかまぼこ博物館。スーパーの端っこに置かれてる……とか過小評価しててごめんなさい。(2009年02月28日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

かまぼこ博物館(かまぼこはくぶつかん)
住所 :神奈川県小田原市風祭245
電話 :0465-24-6262
時間 :09:00~18:00(土日祝日)09:00~19:00(ランチ営業、日曜営業)
休業日:年中無休
入館料:無料
駐車場:無料
関連URL:体験がいっぱい!「かまぼこ博物館」 | 鈴廣かまぼこの里 箱根のお土産が買える小田原・箱根の観光スポット
※情報修正2017年07月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。