巨大な手がにょっきり! 石仏の仏教パーク「三浦大仏」【神奈川】

三浦大仏
神奈川県横須賀市の三浦大仏。三浦半島の久里浜霊園という宗旨宗派不問の霊園内です。京急長沢駅から大仏が見えるんですよ。アートオブジェのような巨大な手が地面からにょっきり!

広告

風光明媚な場所──ということは

三浦大仏
三浦大仏(みうらだいぶつ)のある久里浜霊園(くりはまれいえん)は海を見下ろす風光明媚な場所にあります。ということはここまで上るのに徒歩だとちょっときついってことですね。

公式サイトに「訪れる人が無理なく気軽にお参りできれば、ご先祖様も安心なされるのではないでしょうか」とありますが、お年寄りがひょいひょい上れるような感じではありません。頂上に駐車場があるのでクルマでの参拝をお勧めします。

広告

台座はロッカー式の納骨堂

三浦大仏
この三浦大仏の大きさは13.5m。1983年に建立されました。大仏さんの台座の部分は納骨堂になっています。ロッカー式のお墓のようです。最近こういったタイプの納骨堂が多いですね。都心の方だとお一人様やご夫婦だけの世帯も多いからかな。

小学校の遠足を思い出す広場

三浦大仏
久里浜霊園は公園っぽい作りです。がらーんとした広場に、建物や石造が点在しています。小学校の時の遠足を思い出しますね。お天気の良い日はお弁当を持ってピクニックしたくなるようなのどかな雰囲気です。

高さ20メートルほどの五重塔

三浦大仏
これは五重塔。塔の朱と空の青のコントラストが美しいです。近づいてみると20メートルぐらいかと。下で見たときよりも小さく思いました。残念ながら中に入ることはできません。

広場の端っこに石仏

三浦大仏
さて大仏を背に広場に立つと端っこの方にたくさん石像が立っているのが見えます。広場を突っ切って行ってみましょう。

地面からにょっきり生えた手

三浦大仏
地面からにょっきりと生えた手。背後に大小様々な石仏が立っています。ここ、以前訪れたときには割と大きな説明書きが取り付けられていたのですが、現在は撤去されています。これらの石仏は埼玉県で起こった連続少女誘拐殺人事件の被害者の4人の少女たちを弔うためのものだからです。

20年前の連続幼女誘拐殺人事件

三浦大仏
いつ説明書きが撤去されたのか不明ですが、昨年2008年06月に犯人の死刑が執行されましたしご遺族の感情も考慮してのことかもしれません。「オタク」という言葉が全国的に浸透した連続幼女誘拐殺人事件、もう随分昔の出来事になりました。時の流れは早いものです。

知らずに訪れた方が良いのかもしれない

三浦大仏
並んでいる石仏や大仏さんは個性的な作り。連続少女誘拐殺人事件の供養のことをを知らずに訪れたなら、結構面白いスポットだと感じると思います。でもいったん知ってしまうと、なんとなくはしゃぐ気分にもなれません。

かなりレポートが書きづらかった

三浦大仏
でもこうやって誰かが思い出して手を合わせるというのも意味があることなのかもしれませんね。なんというか非常にレポートを書きづらいスポットでした。でも宗教施設としてはマイルドで押しつけがましさは全くありませんから、気候の良い季節に訪れてみてはいかがでしょう。(2009年03月02日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

久里浜霊園(くりはまれいえん)三浦大仏(みうらだいぶつ)
住所 :神奈川県横須賀市長沢1-54-1
電話 :046-848-0705
時間 :09:00~17:00
拝観料:無料
休業日:年中無休
駐車場:無料
関連URL:久里浜霊園
※情報修正2017年07月