龍の骨と天狗の爪!? 楊貴妃の鏡との関係とは「法雲寺」【埼玉】

法雲寺
ドラゴンの骨!? 埼玉県秩父市の法雲寺には龍の骨と言い伝えられている化石があります。他にも天狗の爪楊貴妃の鏡など不思議な遺物と伝承が残されています。正体はいったい何?

山深い秩父の古刹・法雲寺

法雲寺
山深い秩父の森の中にある法雲寺。秩父三十四観音のうちの第三十番札所です。苔むした岩の石段に、丁寧に刈り込まれた樹木、鯉の泳ぐ池。訪れたのは暑い7月でしたがここだけ清涼な風が吹いているような心地よさです。

朱色の観音堂に件の遺物が

法雲寺
さて件の龍の骨と天狗の爪、楊貴妃の鏡は石段を上がった観音堂に収められています。観音堂は全体が緋色に塗られていて、背景の緑とのコントラストがとても絵になります。

龍の骨や天狗の爪は外側から眺めることができる

法雲寺
ガラス窓の向こうに、龍の骨、天狗の爪、楊貴妃の鏡があります。以前は本堂のケースに収められていてご住職に見せていただかなければならなかったのですが、今は外側から自由に見ることができます。

法雲寺の不思議1:龍の骨

法雲寺
龍の骨は20センチぐらい。尖った牙のような歯が全体の三分の二ほど並んでいます。小型のワニかサメのような印象。でもこれが何であるのかはっきりしていません。

昔埼玉は海の底だった

法雲寺
でもヒントはあります。3億年前、埼玉だけでなく日本は海の底にありました。秩父の武甲山は石灰岩の採掘で知られていますが、その石灰岩は当時のイガイという貝の死骸が積もってできたと言われます。そして100万年前は地面が隆起した部分が入江となりました。秩父の川からはクジラや魚、貝の化石が見つかっています。

法雲寺の不思議2:天狗の爪

法雲寺
4センチほどの大きさの天狗の爪。いかにも天狗の手にふさわしい禍々しい外見ですが、実は鑑定の結果カルカロドン(400〜2500万年前)というサメの歯であることが分かっています。龍の骨もおそらく当時の海洋生物の化石なのでしょう。でも昔の人は秩父が海の底にあったなんて知りませんから、天狗や龍の骨だと思ったのでしょうね。

法雲寺の不思議3:楊貴妃の鏡

法雲寺
以上は科学的に説明がつくものですが、この寺宝である楊貴妃の鏡は歴史的な謎が多い珍品です。大きさ10センチほどの銅鏡が波型の彫刻の上に乗っています。『秩父観音霊験記』には、この鏡にまつわるエピソードが書かれています。

秩父霊験記に書かれた法雲寺の楊貴妃伝説

法雲寺
愛知県の熱田神宮の神官のもとに美女が鏡を持って現れ「この鏡を武蔵の国秩父深谷に奉納せよ。如意輪観音の霊言があるであろう」と告げて鏡を託しました。その美女こそ、8世紀唐の時代に玄宗皇帝の妃となり安禄山の乱で亡くなった楊貴妃でした。神官は鏡を深谷の地の一人の翁に託し、その地に法雲寺が建立されました。

真っ暗闇でわっはっはと笑う祭り「オホホ祭り 酔笑人神事」【愛知】
   真っ暗闇の中、笛の音に合わせて神官が「わーはっ、はっ〜!」と笑う祭りがあります。百聞は一見にしかず。愛知県熱田神宮で行われる不思議な奇祭、オホホ祭りをご覧ください。

本尊の如意輪観音は楊貴妃観音と言われる

法雲寺
確かに法雲寺の本尊の如意輪観音は、別名楊貴妃観音とも言われています。この如意輪観音は楊貴妃の冥福を祈るために玄宗皇帝自らが彫刻し、不空三蔵が開眼したものをここに招来安置したものです。でもちょっと時代が合わないような……。

なぜ異国の地日本に、そんなに時間が経ってから?

法雲寺
法雲寺の創建は1234年。寺の縁起によると鎌倉建長寺の道隠(どういん)禅師が如意輪観音を奉納したのが1319年。でも楊貴妃が亡くなったのは756年です。なぜ遠い異国の地に、そんなに時間が経ってから?

『観音霊験記』の翁は実は龍だった!?

法雲寺
そこで出てくるのが『観音霊験記』の鏡を託された翁です。その翁は、法雲寺を訪れた道隠禅師に、神官から受け取った鏡をわたして言いました。「私は実は悪龍でした。しかし観音様のご加護によって善龍になり生まれ変わる時がきました」そして飛び去った龍が残したのが、あの龍の骨だというのです。うーむ、はたして真相はいかに……?(2016年07月16日訪問)【麻理】

追記:楊貴妃について

楊貴妃の不思議な伝説として、山口県にある楊貴妃の墓もぜひご覧ください。なんで遠く離れた日本にこんなに楊貴妃伝説があるのかなあ。

美女・楊貴妃は日本に渡っていた!?「楊貴妃の墓・二尊院」【山口】
   クレオパトラ、小野小町と並んで世界3大美女と言えば楊貴妃。絶世の美女・楊貴妃が亡くなったと伝えられている地、山口県の二尊院で楊貴妃の墓や古文書などを見せていただきました。
楊貴妃が最期にたどりついた本州最西北端の地「川尻岬」【山口】
   本州の最も西北の端っこはここ。山口県長門市・向津具(むかつく)半島の川尻岬です。川尻岬は中国の楊貴妃が最期に漂着したと言われている伝説の地でもあります。

参考文献

地図&情報

法雲寺
住所 :埼玉県秩父市荒川白久432
電話 :0494-54-0108
休業日:境内自由
拝観料:無料
駐車場:無料
時間 :08:00~17:00(冬季は~16:30のこともある)
関連URL:秩父札所三十番 法雲寺 – 秩父三十四観音霊場|秩父札所連合会公式サイト
※情報修正2016年08月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。