(閉鎖)超ディープな闇市を再現「船の科学館・羊蹄丸」【東京】

船の科学館 羊蹄丸
東京品川区の船の博物館羊蹄丸。昭和30年代の青森をリアルすぎるほどにに再現。ぼんやり灯る裸電球。つやつやのリンゴ。ドラマチックなマネキンとともに青函ワールド全開です。

青函ワールドは青森港の八甲田丸に引っ越しました。2012年7月31日から一般公開しています。
ああ〜♪ 津軽海峡冬景色〜♪「青函連絡船・八甲田丸」【青森】
    青森駅の港にある青函連絡船八甲田丸は連絡船としての役目を終えてミュージアムとなっています。大正時代の船内を再現したマネキンが不必要なまでにリアルで珍度高し。

北海道と本州を結ぶ鉄道連絡航路

船の科学館 羊蹄丸
羊蹄丸は青森と函館を結ぶ鉄道連絡船として昭和40年(1965)に建造されました。以前ご紹介した青森の八甲田丸のお仲間。北海道の羊蹄山にちなんで名付けられました。引退後博物館として一般公開されています。船まるごとフローティングミュージアムです。

入り口の船長ロボットは序の口

船の科学館 羊蹄丸
船長のロボットが妙にリアルで少々気味が悪いですが、入り口の妙な動きをする船長ロボットにぎょっとするのはまだ早い。この先の青函ワールドはさらに愕然すること間違いなしであります。

あまりにリアルすぎる昭和30年代の青森

船の科学館 羊蹄丸
館内には昭和30年代の青森がリアルに、リアルすぎるほどにに再現されているのです。ぼんやり灯った裸電球。つやつやとしたリンゴ。さすがに室内は寒くないのですが、屋根につもった雪を見ると思わずブルリと身を震わせたくなります。

正確には昭和30年12月15日の青森を再現している。

ドラマチック青函ワールド

船の科学館 羊蹄丸
作り込みがとにかく細かい。マネキン一体一体にドラマが見えるんです。お腹が空いているのを我慢している子供、それを気遣う母親。縮こまってうつむいている老婆。見てるだけでどよーんとダウナーな気持ちに。重い、重すぎる……。

いや楽しさはあふれてないと思う

船の科学館 羊蹄丸
戦後の貧しく暗い時代、重苦しい雰囲気がずっしり肩にのしかかってくるようです。公式サイトには

昭和30年代の青森駅の様子を体感できる『青函ワールド』、シアターなど楽しさあふれるパビリオンです

と書かれているんですが、「楽しさ」はあふれてないでしょう。これは。

ひと味違うマネキンの顔だち

船の科学館 羊蹄丸
なんでこんなにリアルなのかというと、マネキンの作りが他の珍スポットとひと味違うんです。みんな庶民的で個性的な顔だちばかり。どこにでもいそうな感じのおじちゃん、おばちゃん、坊ちゃん、嬢ちゃん。苦労とか貧しさとか希望とかいろんなものが滲み出ている顔つき。

昭和30年代にタイムスリップ

船の科学館 羊蹄丸
青森駅前、青森駅待合室、青函連絡船という3つのエリアに分かれています。マネキンはどれも実物大なので、ちょっとポーズをとればたちまちあなたも昭和30年代にタイムスリップできます。

説明書きも重い、重すぎるよ

船の科学館 羊蹄丸
闇米を背負ってみよう! という体験コーナもありますよ。

かつぎ屋のお母さん達が家族をささえるために、骨をきしませながら背負ったお米です

という説明書きにどんより気分がぬぐい去れませんが、一応レッツチャレンジ。……って、ちょ、むちゃくちゃ重いよ! 80キロとかおばあちゃんどうやって担いだの!?

現代に生きることの幸せをかみしめる

船の科学館 羊蹄丸
青函連絡船のコーナでは、別れを惜しむご婦人が。もう会えないかもしれない恋人を見つめているのでしょうか。凍えそうなカモメ見つめ泣いていました~♪(by津軽海峡冬景色)現代に生きることの幸福さをしみじみかみしめられるスポットでした。(2006年08月27日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

船の科学館・羊蹄丸

青函ワールドは青森港の八甲田丸に引っ越しました。2012年7月31日から一般公開しています。

住所 :東京都品川区東八潮3番1号
電話 :03-5500-1111
時間 :10:00~17:00(平日)
休館日:月曜・年末年始
入場料:無料
駐車場:有料(1時間300円・以降30分100円)
関連URL:船の科学館
※情報修正2016年11月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。