(休館)長年よく頑張った! 南極観測船「船の科学館・宗谷」【東京】

船の科学館 宗谷
東京品川区の船の科学館には、別館として2隻の船が展示されています。前回の羊蹄丸に続いて、今回は我が国初の南極観測船宗谷をご紹介。感動的な船です。

南極観測船・宗谷は新客船埠頭ターミナルの工事に伴う移設のため、2016年09月〜2017年03月まで公開を中止しています。別館展示と野外展示は通常通り見学できます。

南極観測船にしては小さい!

船の科学館 宗谷
宗谷は船の科学館本館羊蹄丸に挟まれた位置にあります。羊蹄丸と同じく海の上に浮かんでいる船上博物館。南極観測船は装備もしっかりした巨大船というイメージがあったのですが、かなり小さいんです。こんな小さな船で南極まで到達できたのかなと不安になるほど。

(閉鎖)超ディープな闇市を再現「船の科学館・羊蹄丸」【東京】
    東京品川区の船の博物館羊蹄丸。昭和30年代の青森をリアルすぎるほどにに再現。ぼんやり灯る裸電球。つやつやのリンゴ。ドラマチックなマネキンとともに青函ワールド全開です。

船長室の様子

船の科学館 宗谷
船長室の様子です。後ろを向いている船長さんが少々不気味。隣に立っているのは当時の防寒のための装備を身に着けたマネキン。現代のハイテク装備に比べるとこれで南極の寒さに耐えられるのかと心配になります。

宗谷の数々の遍歴

船の科学館 宗谷
不安要素はそれだけではありません。宗谷は昭和13年(1938)に旧ソ連向けの耐氷型貨物船として進水したものの、日本の貨物船・地領丸として完成。その後昭和15年(1940)には旧日本海軍の特務艦・宗谷になり、戦後には引き揚げ船・灯台補給船として活躍。そして昭和31年(1956)に南極観測船に大改造されたそうです。

決死の覚悟で南極へ

船の科学館 宗谷
本来なら引退寸前のご老体なのに、南極へ送り出すなんて無茶すぎ。費用の余裕がなかったらしいのですが、観測隊員は決死の覚悟で南極へ乗り出したのではないでしょうか。

しかし宗谷は頑張った。昭和31年11月から昭和37年4月まで6次もの南極観測に大活躍。昭和53年に引退するまで海上保安庁の巡視船として働き、今は船の科学館で博物館として余生を送っています。

観測隊員の苦労がしのばれる

船の科学館 宗谷
もちろん隊員の方々も頑張った。船室の4人部屋は狭く、ベットは成人男性ではギューギュー。プライバシーなんて二の次でしょう。また冷房施設がなかったため、赤道付近では耐えきれないほどの暑さになったそうです。

宗谷と隊員に拍手を送りたい

船の科学館 宗谷
それでも隊員は毎日の料理に工夫をこらしたり、時々パーティーをしたりして楽しみを見つけながら南極観測の任務を遂行したんですね。国民の期待を背負って精一杯頑張った宗谷と観測隊員の心意気に、拍手を送りたくなりました。

宗谷については「『奇跡の船』と呼ばれた初代南極観測船『宗谷』」というページに非常に詳しく、感動的なエピソードとともに述べられているのでぜひご一読を。

壁の文字に胸が熱くなる

船の科学館 宗谷
壁に書かれた隊員の文字。

偉大な宗谷よさようなら いつの日か又逢いに来る

胸が熱くなりますね。

このマネキンはどうなのか……

船の科学館 宗谷
ただ羊蹄丸に比べると、マネキンや小道具の作りがいまひとつなんですよ。みんな同じ顔だったり、ヅラがずれてたり……。せっかくの感動の船なのに珍の香りが立ちこめてしまっているのでした。

ゴージャスな本館に驚く

船の科学館 宗谷
ついでと言ってはなんですが、別館だけでなく船の科学館・本館の雰囲気もお伝えしておきましょう。ロビーはとにかくゴージャス。大理石にシャンデリア。財団法人日本船舶振興会(日本財団)の財力がうかがえるというもの。博物館は地下1階から6階、展望塔まであります。

海軍オタクのみなさまにも人気

船の科学館 宗谷
実物資料や模型の量もすごい。とくに軍艦の模型の充実っぷりは素晴らしく、海軍オタクのみなさまの熱い視線を集めています。船の全てが分かる船の科学館。羊蹄丸・宗谷・本館共通券の1000円はかなりお得と言って良いでしょう。(2006年08月27日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

船の科学館・宗谷(そうや)

南極観測船・宗谷は新客船埠頭ターミナルの工事に伴う移設のため、2016年09月〜2017年03月まで公開を中止しています。別館展示と野外展示は通常通り見学できます。

住所 :東京都品川区東八潮3番1号
電話 :03-5500-1111
時間 :10:00~17:00(平日)
休館日:月曜・年末年始
入場料:無料
駐車場:有料(1時間300円・以降30分100円)
関連URL:船の科学館 公式ホームページ(Museum of Maritime Science)
※情報修正2016年11月

スポンサーリンク

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。