船に揺られてロマンティックな橋づくしの旅「隅田川水上バス」【東京】

隅田川水上バス
隅田川は橋マニアの聖地。延長23キロメートルの隅田川には、様々な建築方法で建てられた橋が20以上も架かっています。水上バス隅田川往復コースではそのうち14の橋を見られます。

水上バス乗り場はアサヒビール本社が目印

隅田川水上バス
浅草の水上バス乗り場はビールジョッキの形のアサヒビール本社が目印。チケットを買って出発時刻まで乗り場で待ちましょう。乗船待合室には軽食も売っています。買い忘れても船内に売店がありますから大丈夫。

松本零士デザインの・ヒミコ

隅田川水上バス
水上バスの船は10種類あります。一押しはマンガ家・松本零士がデザインした「ヒミコ」。曲線的なデザインとブルーのガラスがいかにも松本零士風です(※)。メーテルが乗っててもおかしくないカッコ良さ。こ、これに乗りたいっ!……でも残念ながら私の乗った船は「竜馬」。事前に時刻表を調べれば良かった……。

ヒミコに続き2012年に松本零士氏プロデュースの「ホタルナ」が新たに登場しました。神秘的でカッコいい船ですよ。
隅田川水上バス

冷暖房完備でゆったり船旅

隅田川水上バス
「この寒い(暑い)時期に水上バスなんて!」とご心配の方々、大丈夫です。クルージングと言っても船はガラス張りで冷暖房が効いていますからノープロブレム。トイレ、売店もあります。天井もガラスなので橋の下を通るときもよく見えますよ。乗客は外国人観光客が多いですね。あとはカップルが数組。

隅田川遊覧で見られる橋たち

隅田川水上バス
浅草の乗り場で見えるのは桜橋言問橋(ことといばし)。出発すると吾妻橋(あずまばし)、駒形橋、厩橋(うまやばし)、蔵前橋、両国橋、新大橋、清洲橋(きよすばし)、隅田大橋、永代橋(えいたいばし)、中央大橋、佃大橋、勝鬨橋(かちどきばし)の順に橋の下をくぐっていきます。

ある短編ミステリの舞台になっている

隅田川水上バス
これらの橋を見てピンときたあなたは、かなり国内ミステリを読み込んでいる方ですね。これらの橋はあるミステリの舞台となっているのです。名探偵Mさんファンには感慨深いものがあります。

昔は開いた勝鬨橋

隅田川水上バス
勝鬨橋(かちどきばし)はいろんな小説や映画に登場する人気の橋です。というのもこれは跳ね橋で、橋の真ん中でぱっくりと割れる仕掛けがあるからなんです。昔は1日に5回開いていたのだとか。

開け、勝鬨橋!

隅田川水上バス
しかし昭和45年以来現在にいたるまでずっと橋は閉じたまま開かずの橋となっています。もう一度勝鬨橋が開く姿を見たい、勝鬨橋を蘇らせたいというファンが運動を起こしているそうですよ。私も見てみたい。開け、勝鬨橋!

船旅は夕暮れ時がオススメ

隅田川水上バス
水上バスは、からっと晴れた日の夕暮れ時が最も景色を楽しめると思います。夕日に照らされた橋が美しすぎて涙が出てきます。赤い夕日と黒い影になった橋のコントラストが実にロマンティック。

1時間30分の優雅な船旅

隅田川水上バス
隅田川を往復する1時間30分の優雅な船旅はデートにオススメですよ。次乗るときは絶対ヒミコに乗るぞ〜!(2005年12月22日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

東京水上バス(東京都観光汽船浅草営業所)
住所 :東京都台東区花川戸1-1-1
電話 :0120-977-311(9:30~17:30)
料金 :出発地点によって料金が変わるので公式サイト参照
運行時間 :公式ページ参照
駐車場:有料200台(台東区雷門地下駐車場)
関連URL:東京水上バス
勝鬨橋をあげる会
※情報修正2017年01月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。