(休館)文具好きの紳士淑女へ「ペンステーションミュージアム」【東京】

ペン・ステーション ミュージアム&カフェ
筆記具業界をリードする水先案内人という意味のパイロット。ペン・ステーション ミュージアム&カフェは、文具にまつわる貴重な収集品を集めた、国内随一の筆記具博物館です。

現在ペンステーションとカフェは営業停止中とのことです(本社社屋建替えに伴う事務所一時移転のご案内 | お知らせ | PILOT)。この素敵な博物館が見られなくなるのは本当に残念なので、なんとか再開してほしいものです。引き続き続報がありましたら記事に追記いたします。

1Fはおしゃれなカフェ、2Fが博物館

ペン・ステーション ミュージアム&カフェ
東京中央区京橋。地下鉄京橋駅を出てすぐのところにあるパイロットコーポレーション(以下パイロット)の自社ビルは、一階にカフェ、二階にペン・ステーションミュージアムが入っています。あまりのオシャレさにくらくらします。光り輝く階段をのぼるとそこは、文具マニア垂涎のスポット。

万年筆の国内シェアナンバーワン・パイロット

ペン・ステーション ミュージアム&カフェ
パイロットと言えばなんと言っても万年筆。そのシェアは国内ナンバーワン。日本で最初に万年筆を発売したセーラー、世界初のカートリッジ式万年筆を発明したプラチナ万年筆と並んで、日本三大メーカーとなっています。

パイロットの万年筆を愛用しています

ペン・ステーション ミュージアム&カフェ
個人的な話ですが、私の筆記具は万年筆オンリー。しかも所有している全ての万年筆はパイロット製です。常に業界の水先案内人でありたいという、革新的な開発、柔軟な発想に惚れ込んでいますし、何よりも安価なモデルからハイエンドモデルまで、どの万年筆も手に吸い付くような柔らかな書き味なのです。

珍スポットと呼ぶにはおしゃれ過ぎるけど

ペン・ステーション ミュージアム&カフェ
珍スポットと呼ぶにはあまりにも美しすぎるミュージアムですが、古今東西の文具に関する収蔵品は素晴らしく、文具の歴史について分かりやすく展示されており、筆記具メインという点で極めて「珍」しいスポットであることは間違いありません。しかも無料!

超高級!人間国宝の蒔絵万年筆

ペン・ステーション ミュージアム&カフェ
こちらはパイロットが誇る、蒔絵万年筆。パイロットは創業当初より日本の伝統工芸である蒔絵技法を万年筆に応用しています。人間国王が手がけた作品があっちにもこっちにも。ああ、いつかこんなペンを手にしてみたい!

数千年の文具の歴史を学べる

ペン・ステーション ミュージアム&カフェ
筆記具の歴史コーナー。紀元前4000年、最初の筆記具は粘土板に楔形文字(くさびがたもじ)を彫りつけた芦(あし)ペンでした。中世の羽根ペンから金属ペンまでの筆記具が年代順にパネルとともに紹介されています。

レトロでポップなお伺い状

ペン・ステーション ミュージアム&カフェ
これは、昭和3年(1928)〜昭和24(1949)の、お客様へのお伺い状です。レトロでポップなイラストは味があります。お客様への心遣いが憎い。

武将が愛した文具・矢立

ペン・ステーション ミュージアム&カフェ
矢立(やたて)です。矢立は戦国武将が、先陣に持参した硯箱が元になっています。墨と筆を一度に持ち運べる携帯筆記具。時代が下ると、文人や商人も使うようになりました。

朱塗りに金蒔絵のペンスタンド

ペン・ステーション ミュージアム&カフェ
朱塗りに美しい金の蒔(ま)きが入ったペンスタンド「菊水」。昭和5年(1930)の作品。なんてゴージャスでエレガントな作りでしょう! 当時の紳士が手紙をしたためるのに使ったのでしょうか。

万年筆を使う人の必需品・ブロッター

ペン・ステーション ミュージアム&カフェ
これなんだか分かりますか? 万年筆を使う人の必需品・ブロッターです。万年筆はすぐにインクが乾きませんから、吸い取り紙を挟んだブロッターで余分なインクを取り除くんですね。ハンドルがつやつやしていて、大事に使われていたことが分かります。

筆記具の革命・タイプライター

ペン・ステーション ミュージアム&カフェ
新しい時代の筆記具と言えば、タイプライターですよね。こんなスチームパンク感溢れる、アンティークタイプライターも数台展示されています。もうワクワクが止まりません。

デシモ・エラボー・フリクション

ペン・ステーション ミュージアム&カフェ
パイロットは老舗ながらも、新しい文具の開発に力を入れています。ノック式のキャップレス万年筆デシモ(愛用してます)、とめはね、はらいができる日本語に特化した万年筆エラボー。近年では、こすると消えるボールペン、フリクションシリーズも大人気ですね。

カフェでエスプレッソを飲みながら万年筆を

ペン・ステーション ミュージアム&カフェ
万年筆と言えば「男の書斎のアイテム」「ダンディな男の筆記具」と言われますが、たくさんの女性も惹きつけられる究極の筆記具です。1Fのカフェでは本格エスプレッソを飲みながら、愛用の万年筆でさらさらとノートを取るなんてのもオツですぞ。(2014年08月06日訪問)【麻理】

追記:2016年08月14日

ツイッターでいただいた情報によりますと、現在ペンステーションとカフェは営業停止中とのことです(本社社屋建替えに伴う事務所一時移転のご案内 | お知らせ | PILOT)。この素敵な博物館が見られなくなるのは本当に残念なので、なんとか再開してほしいものです。引き続き続報がありましたら記事に追記いたします。みずかんさん、情報をありがとうございました!

参考文献

地図&情報

ペン・ステーション ミュージアム&カフェ

現在ペンステーションとカフェは営業停止中とのことです(本社社屋建替えに伴う事務所一時移転のご案内 | お知らせ | PILOT)。この素敵な博物館が見られなくなるのは本当に残念なので、なんとか再開してほしいものです。引き続き続報がありましたら記事に追記いたします。

住所 :東京都中央区京橋2-6-21
電話 :03-3538-3840
休業日:日曜・祝日、年末年始、夏季休業期間
時間 :08:00~19:00(月〜金)
11:00~17:00(土)
関連URL:トップページ | PILOT
※情報修正2016年08月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。