おとぎ話と太宰治『御伽草子』「カチカチ山ロープウェイ」【山梨】

カチカチ山ロープウェイ
山梨県河口湖にある天上山は『かちかち山』の舞台となっている山。タヌキとウサギのオブジェが点在しています。さあ、カチカチ山ロープウェイに乗ってみましょう。

広告

『かちかち山』はこんなお話

カチカチ山ロープウェイ
『カチカチ山』はこんなお話です。昔々あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。悪いタヌキが畑を荒らすので、おじいさんはタヌキを捕まえておばあさんに狸汁を作るように言って畑へでかけました。ところがタヌキはおばあさんをだまして殺し、おばあさんの肉を刻んで作ったばばあ汁を作りました。

広告

おじいさんを騙してばばあ汁を食わせる

カチカチ山ロープウェイ
おばあさんに化けたタヌキは、帰ってきたおじいさんにばばあ汁を食べさせました。「やーい、ばばあの肉喰ってやんの♪」とあざけるタヌキ。おじいさんはショックで寝込んでしまいます。話を聞いたウサギはかたきを討つために、タヌキの住みかへと向かいました。

かちかち山のかちかち鳥の鳴く声だよ

カチカチ山ロープウェイ
ウサギは親しげにタヌキを柴刈りに誘い、タヌキの背中の柴の束に火をつけます。火打ち石の音を聞いたタヌキは「かちかち音がするけど?」と尋ねました。ウサギは「かちかち山のかちかち鳥の鳴く声だよ」と素知らぬ顔。タヌキは大やけどを負いました。

悪いタヌキは死にましたとさ

カチカチ山ロープウェイ
後日タヌキを見舞ったウサギは、カラシを薬だと言って背中に塗りました。のたうちまわるタヌキ。さらに釣りをしようと湖に誘います。ウサギは木の船に乗り、タヌキを泥の船に乗せました。泥の船は水をすってどんどん沈み始めます。ウサギは溺れるタヌキをかいでボコ殴りにして沈めました。悪いタヌキは死にましたとさ。めでたし、めでたし。

ヘビー過ぎるトラウマチックワールド

カチカチ山ロープウェイ
なんつー、ダークな話。ウサギやりすぎ。人肉食、復讐、放火、暴行、殺人(殺狸)と、子供にはヘヴィ過ぎるトラウマチックワールド。ロープウェイ入り口に掲示してある『かちかち山』のお話を見て、子供連れで来たお母さんが「ばばあ汁って……」と絶句してました。

太宰治『御伽草子・カチカチ山』の舞台

カチカチ山ロープウェイ
メルヘンなオブジェとのギャップが激しすぎて珍。しかしこのロープウェイが『かちかち山』をモチーフにしたのは、太宰治が『御伽草子』の中でかちかち山の舞台を河口湖と天井山に設定しているからです。

美少女ウサギに中年タヌキ

カチカチ山ロープウェイ
太宰版ではウサギは美少女、タヌキは美少女に恋する中年男です。ウサギの残虐性を処女特有の性質とし、タヌキをどんなに裏切られても愛さずにはいられない男として描いているのです。

惚れたが、悪いか

カチカチ山ロープウェイ
ウサギに騙され河口湖に沈むタヌキの哀しさよ。ファムファタール(悪女)とはかくも魅力的なものか。死に際にタヌキは言います「惚れたが、悪いか」。残酷で哀しいお話です。

苦い恋を噛みしめて上れ

カチカチ山ロープウェイ
可愛らしいオブジェやロープウェイなど一見子供向きの施設のようですが、苦い恋を経験している大人こそ上ってほしい。富士山に向かって「惚れたが、悪いかぁ!」と思いっきり叫べばスッキリすること請け合いです。(2007年04月15日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

カチカチ山ロープウェイ(かちかちやまろーぷうぇい)

住所 :山梨県南都留郡河口湖町浅川1163-1
電話 :0555-72-0363
時間 :09:00~17:00(季節により変更あり)
休館日:年中無休(季節・天候により変更あり)
入館料:大人往復800円(サイトに割引券あり)
駐車場:無料
関連URL:河口湖 天上山公園 カチカチ山ロープウェイ

※情報修正2018年04月

広告