お墓がある妖怪!? 油すましどんの真相は?「油すましの里」【熊本】

油すましどんの墓
妖怪・油すましを知っていますか? 水木しげる画の妖怪を思い浮かべた方も多いでしょうね。熊本県栖本町に油すましの里という場所があります。油すましの墓と言われているのですが……。

油すましの故郷・熊本県栖本町(すもとちょう)

油すましどんの墓
山深い風光明媚な熊本県栖本町(すもとちょう)。ここは妖怪油すましの故郷と言われています。説明書きにはこうあります。

河内村へ帰る老婆が小さな孫の手を引いて、草積峠(くさづみとうげ)にさしかかった時、「昔しゃーなーこがんとこれー、油すましどんの出よらいたちゅうわい。」(昔はこのような所に、油すましどんが出現していたそうだよ)と言うと、「いまもでるぞうー」と言いながら現れた。

油すましの話の初出は『天草民俗誌』(1932)

油すましどんの墓
この話は天草中学校の教師をしていた民俗学者の浜田隆一が、昭和7年(1932)発行の『天草島民俗誌』で発表し、柳田国男が妖怪として紹介したことで広く知られるようになりました。

妖怪が住んでいる街「水木しげるロード・水木しげる記念館」【鳥取】
   50年以上子供たちのヒーローであり続けているゲゲゲの鬼太郎。水木しげる氏の故郷・鳥取県境港の水木しげるロードと水木しげる記念館は、妖怪をテーマにしたスポットです。

写真右は、水木しげるロードにある油すましのブロンズ像。説明書きのカワイイキャラクタ・油すましのどんたとは全然イメージが違いますね。水木版は完全におじいちゃんだもん。

ガサッ!という音にビックリ

油すましどんの墓
案内板に従って山道をのぼっていきます。野鳥の鳴き声が山に響いていてちょっとしたハイキング気分。途中ガサッと音がしたので足元を見ると、大きな蛇が落ち葉の間をぬって山の中へと消えていきました。ああ、びっくりした! 油すましかと思った。

噂をすると現れる、妖怪・油すまし

油すましどんの墓
妖怪油すましは、噂をすると現れるという特徴があるらしいのでしきりに同行した旦那様と油すましの話をしたのですが、出現したのは結局蛇だけでした。そうこうしていると「ようこそ油すましの里」の看板が見えてきました。どうやらこの下にあるようです。

2004年の民俗調査で見つかった、油すましどんのお墓

油すましどんの墓
ここは昭和57年(2004)に栖本町老人会による民俗調査で見つかった油すましどんのお墓と言われる供養塔です。この供養塔は山道拡張工事によって別の墓地に移転されていましたが、現在はこの場所に戻されました。

おばけは死なない〜♪でもお墓はある

油すましどんの墓
じゃじゃーん! これが油すましの墓です! 『ゲゲゲの鬼太郎』主題歌では「おばけは死なない〜♪」と歌われていますが、「お墓がある妖怪」というのはかなり珍しいのではないでしょうか。

首のないお地蔵さんが手を合わせた形

油すましどんの墓
でもよく見ると不気味……。首がないお地蔵さんの像が手を合わせた形をしていて全体的に苔むしています。頭がなくなったのは拡張工事の時だと言われていますが、一緒に発掘はされなかったのかしら。小瓶に入った油は地元の方がお供えしたみたいですね。

両隣の石像も同じく顔、頭がない

油すましどんの墓
その両隣には同じように手を合わせたお地蔵様のような石像があるのですがどちらも顔が削られたり、頭がなかったり。辺りは人っ子一人おらず鳥の声だけが響いています。見学・拝観は自由のようですがこれはとても夜中に単独探訪は無理だなあ。足元悪いし怖いし。

伝承が少なく謎の多い妖怪

油すましどんの墓
天草地方の方言では「油を搾る」ことと「油をすめる」というそうです。どんは親しみをこめた呼称。油すましは他の地方ではほとんど伝承がなく、具体的にはいったいどんな妖怪なのかは謎となっています。

江戸時代に油絞りの名人が草積峠で行方不明になる事件があり、その供養としてお墓が祀られたたとの説もある。(お化けは、死んでいた?!妖怪「油すまし」の墓発見?! | ATLAS

残念ながら町文化財には指定されず

油すましどんの墓
栖本町ではまちおこしの起爆剤として油すましの墓を全面プッシュしたかったようですが、町文化財保護審議会は「ごく普通の地蔵と変わらない」として町文化財には指定されませんでした。残念。もうちょっと妖怪っぽい特徴があれば良かったのですが……。これはおそらくごく普通の供養塔なのかもしれません。

栖本町の町おこしとして油すましの知恵を借りたい!

油すましどんの墓
油すましは『ゲゲゲの鬼太郎』では準レギュラーのポジションで、映画やアニメでは天才的な切れ者として活躍しています。美しい自然に囲まれた栖本町の町おこしとして、妖怪・油すましの知恵を拝借したいところです。(2017年05月05日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

油すましどんの墓
住所 :天草市栖本町河内3883-1
電話 :0969-66-3111(天草市栖本支所産業建設係)
休業日:年中無休
時間 :見学自由(※夜はお勧めしない)
入場料:無料
駐車場:無料(5台)
関連URL:油すまし – Wikipedia
※情報修正2017年10月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。