日本一長〜い名前の駅「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」【熊本】

南阿蘇水の生まれる里白水高原駅
突然ですが問題です。日本一長い名前の駅は何県にある? 答えは熊本県南阿蘇水の生まれる里白水高原駅(みなみあそみずのうまれるさとはくすいこうげんえき)は南阿蘇鉄道高森線の駅。

読み仮名22文字の、日本一長い名前の駅

南阿蘇水の生まれる里白水高原駅
いきなり出落ちで恐縮です。南阿蘇水の生まれる里白水高原駅(みなみあそみずのうまれるさとはくすいこうげんえき)を見に、熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字中松までやってきました。日本一長い表記14文字、読み仮名22文字の駅です。あまりに長いので切符には「白水高原駅」と省略されています。

実は読み仮名22文字の駅はもう一つ茨城県の「長者ヶ浜潮騒はまなす公園前駅(ちょうじゃがはましおさいはまなすこうえんまええき)」がある。ただしこちらは正式表記は13文字。正式表記で数える場合、リゾートゲートウェイ・ステーション駅と、東京ディズニーランド・ステーション駅が17文字で日本一長い駅名になる。

ログハウスのような駅舎

南阿蘇水の生まれる里白水高原駅
南阿蘇鉄道高森線、南阿蘇水の生まれる里白水高原駅の開業は1992年。十二角形の木造駅舎は牧歌的な雰囲気です。まるでログハウスのよう。雄大な阿蘇山と実にマッチしていますね。ここは開業からずっと無人駅です。

のんびりした雰囲気の木の待合室

南阿蘇水の生まれる里白水高原駅
待合室に入ってみました。中には誰もいませんでした。壁も木でできていてのんびりした田舎の駅といった風情。旅情が掻き立てられるなあ。こういう駅の待合室は大好きです。壁には観光マップが貼ってありました。

一時間に一本の単線の駅

南阿蘇水の生まれる里白水高原駅
南阿蘇水の生まれる里白水高原駅のホームは一つだけの単線。時刻表を見ると上り下りともに1時間に1本のようです。南阿蘇村は2005年02月に長陽村・白水村・久木野村の3村が合併してできましたが、住民の足はクルマが主で、鉄道を利用する人は少ないのかもしれません。

本棚のあるなつかしい待合室

南阿蘇水の生まれる里白水高原駅
私がこの待合室に好印象を抱いたのは、こんな本棚が設置してあったからです。住民の方々が持ち寄ったものでしょうか。スマホのない時代は電車が来るまでみんな本を読んで待っていたんですよね。私はこんな本棚のある空間が大好きなのです。

昔はよく見かけた駅の本棚

南阿蘇水の生まれる里白水高原駅
こっちにも別のレトロな本棚。昔は東京でもこんな本棚が設置されている駅がありましたが、もうすっかり見かけなくなりましたね。今もあるのかしら。そのまま持っていって電車の中で読んでもいいし、返すのも自由。読み終わった本を置いておいて後日なくなっていると「誰かが読んでいるのかなあ」なんて温かい気持ちになりました。

本を眺めるとノスタルジックな気持ちに

南阿蘇水の生まれる里白水高原駅
昔読んだことがある本もちらほら。アシモフにウェルズ。ハヤカワのSFは電車通学していた中高生が読んだものなのでしょうか。本との偶然の出会いがある駅の本棚を見て、ノスタルジックな気持ちになりました。こういう見知らぬ人との知のつながりって素敵ですね。

熊本地震以降運転を見合わせている

南阿蘇水の生まれる里白水高原駅
実は南阿蘇鉄道は、2016年04月14日に発生した熊本地震以来運転が見合わされています。橋梁やトンネルが破損してしまって危険であるとのこと。だから誰もいなかったんですね。

時が止まったような美しい駅

南阿蘇水の生まれる里白水高原駅
廃墟に惹かれる人が多いように、電車も来ず誰もいない駅に魅了される方は多いでしょう。南阿蘇鉄道が早く再開されることを望んでいますが、時が止まったような南阿蘇水の生まれる里白水高原駅はなんと美しい駅でしょうか。(2017年05月06日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

南阿蘇水の生まれる里白水高原駅
住所 :熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字中松
駐車場:無料
関連URL:南阿蘇水の生まれる里白水高原駅 – Wikipedia
※情報修正2017年11月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。