クジラと魚の剥製でできた海の360度パノラマ「島の館」【長崎】

島の館
長崎県の生月(いきつき)島は人口7600人の美しい島。戦国時代にはキリシタン信仰、江戸時代には捕鯨が盛んでした。博物館・島の館はすべて本物の剥製でできたドームが見ものです。

博物館には4つのエリア

島の館
この博物館は4つのエリアに分かれています。勇魚とりの物語、かくれキリシタン、島の暮らし、シーファンタジックアリーナです。珍の嗅覚が発達している方は、4つ目がメインであることを容易にかぎ分けられるはず。でもまあ一つずつ順番に見てみましょう。

第1エリア・勇魚とりの物語

島の館
最初はクジラ漁について。大きなクジラの骨格標本が天井に浮かんでいます。これはミンククジラとツチクジラ。大きいですが、クジラとしては10mほどで小型だそうです。下には精巧に作られた鯨とりのジオラマがありますよ。

生月の捕鯨の歴史

島の館
生月では1725年から捕鯨が始まり、文政年間(1818年頃)には西海だけでなく日本一の規模を誇る捕鯨の地になりました。 1725年(享保10年)から1873年(明治6年)までの142年間に捕った鯨は21,790頭。最盛期には3000人以上の漁師さんが働いていまし た。

どうしてもこっちの方に……

島の館
迫力あるジオラマやクジラの骨格標本に目を奪われますが、どうしても珍奇なものにフラフラと吸い寄せられてしまいます。ミンククジラの心臓、胎児、眼球、性器の標本……。この手のものが苦手な方すみません。こんなにたくさんクジラの標本があるのはここぐらいではないかしら。

クジラのような大きなお相撲取り

島の館
生月島出身の力士、生月鯨太左衛門(いきつきげいたざえもん 1827~1850)の実物大人形がありました。なんと身長七尺五寸(227センチ)。当時の人の平均身長を想像すると、ものすごい巨漢ですね。私の手と比べてみてください。まさにクジラ級。でも24歳の若さで亡くなってしまったんですって。

第2エリア・隠れキリシタン

島の館
2つめのエリアは隠れキリシタンについて。教会風の展示室に戦国時代からのキリシタン信仰の品々が並んでいます。明治時代にはキリシタンの禁制は解除されたのですが、島民は潜伏時代の信仰形態をそのまま受け継いでいます。

迫力ある信仰の品々

島の館
掛け軸になった聖母子像。空には天女のような天使が舞っています。受胎告知の絵の大天使ガブリエルと聖母マリアは着物を着ています。日本史の教科書でおなじみの踏み絵魔鏡(反射の光に十字架や聖像が浮かび上がる鏡)もあって興味津々。キリスト教と島の信仰の融合を見られる貴重な資料です。

第4エリア・シーファンタジックアリーナ

島の館
3つめの島の暮らしエリアは割愛させていただいて、いよいよお待ちかねのシーファンタジックアリーナへ。生月の近海の様子をそっくり再現した一室です。ここがスゴイのは、この魚たちは模型ではなくて、全部本物の剥製だってこと!

360度の海中散歩

島の館
その数250種400匹。ジンベイザメやマンボウなんて大物から、フグ、ハリセンボンなどのカワイイものまで天井、壁、床を埋め尽くしています。さすが黒潮と日本海の海流がぶつかる生物相。真ん中に観賞用のスロープがあって360度、ぐるりと海中を見渡し海中散歩できる心憎い演出。このアイデアは素晴らしいですね。

細部まで手を抜かない凝りよう

島の館
生月に漂着した、フィリピン、中国、韓国、ロシアなどからのゴミまで展示してある凝りよう。ここまでくると単なる展示ではなくアートの域に達しています。この博物館の学芸員さんの職人芸、こだわりを感じました。(2007年11月08日訪問)【麻理】

この博物館の写真撮影は受付で住所・氏名などを書類に記入し、さらにネットで公開には使用した写真と掲載されたサイトアドレスを銘記したメールを送る必要があります。また、この博物館に限らず、このサイト上の記事の写真は事前に係の方に聞いてから撮影しています。皆様も訪問の際には、必ず一声かけてから写真撮影をしてくださいね。どうぞよろしくお願いいたします。

参考文献

地図&情報

島の館(しまのやかた)
住所 :長崎県平戸市生月町南免4289-1
電話 :090-53-3000
時間 :09:00~17:00(受付16:30まで)
休館日:年始(1日、2日)※臨時休館あり
入館料:大人510円
駐車場:無料
関連URL:平戸市生月町博物館 島の館公式サイト
※情報修正2017年06月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。