火砕流の怖さを嫌というほど体験できる「がまだすドーム」【長崎】

がまだすドーム(雲仙岳災害記念館)
平成3年の雲仙普賢岳火砕流では43人もの命が失われました。長崎県がまだすドームは火山について体験学習できるミュージアム。がまだすとは島原の方言でがんばるという意味です。

大きな被害を受けた平成噴火

がまだすドーム(雲仙岳災害記念館)
島原半島の雲仙普賢岳は活火山です。平成3年(1991)の火砕流で報道関係、消防関係、民間人など43人もの命が失われました。数多くの家屋が焼失し、土石流に埋もれ、負傷者・死亡行方不明者を出した大惨事です。

写真は普賢岳。煙を噴き出しているように見えるが、これは雲がたまたま煙のように見えている。

遊んじゃっていいのだろうか……

がまだすドーム(雲仙岳災害記念館)
がまだすドームは全国初の火山体験博物館です。パンフレットには「火山を見る、遊ぶ、学ぶ、憩う……全国初の火山体験学習施設」とあります。見る、学ぶは良いとしても、んだり、憩うのは不謹慎では……? でも地元の方々の「災害から立ち直るぞ!」という意気込みと明るさが伝わってきますね。

火砕流の速さを知る、火砕流の道

がまだすドーム(雲仙岳災害記念館)
入り口入ってすぐの火砕流の道。40メートルもの地面がガラス張りになっていて、下に焼けこげた木々や灰が積もっています。これは赤い光によって火砕流がどのくらいで流れるかが身をもって分かる展示なんです。

走って逃げ切れる?

がまだすドーム(雲仙岳災害記念館)
あなた一度は考えませんでした?「火砕流が来たら走って逃げればいいじゃん」私もそう思っていました。でも、そんなの無理! 赤い光が走り抜ける速さと言ったら! なんと時速100キロメートル。あっという間に道が真っ赤になり、スタートを切る時点で火砕流に飲み込まれてしまいました。

ドロドロと溶け出す時計

がまだすドーム(雲仙岳災害記念館)
これだけでもぞっとしますが、さらに怖い体感型展示は続きます。これは身のまわりのものは何度で燃え上がるのかというシミュレーション。温度が上がるにつれて、プラスチックの時計がドロドロになり、木製のけん玉が黒く焦げる……。これが人間ならと思うと背筋が凍ります。

席が揺れ、熱風が吹き付ける

がまだすドーム(雲仙岳災害記念館)
平成大噴火シアターでは雲仙の大噴火を直径14メートルのドームスクリーンで再現しています。巨大な岩石は飛んでくる、蒸気は吹き上げる。迫力の映像に合わせて席がガクガク揺れ、熱風が顔に吹き付けるという凝った仕掛けも。たった7分間でもぐったり。

噴火後の風景を再現したパノラマ

がまだすドーム(雲仙岳災害記念館)
もう噴火の怖さは十分……。しかし追い打ちをかけるのが焼き尽くされた風景の空間。薄暗いパノラマの室内に、焼けこげた電柱、電話ボックスなどの実物を展示してあります。画像加工で明度を上げていますが、実際にはもっと暗くて怖い雰囲気です。

報道関係者が多く犠牲に

がまだすドーム(雲仙岳災害記念館)
報道関係者のカメラは、カバーがどろどろに溶けて部品がねじ曲がっています。火砕流では特に報道関係者が多く犠牲になりました。自分の命よりも報道を優先させたんですね。まさに灼熱の地獄絵図。他の見学者もここでは無言。

最後にミュージアムショップへ

がまだすドーム(雲仙岳災害記念館)
いやという程、噴火の怖さを体感しまくれるスポットでした。このまま終わると、どよーんとした気持ちになりますので、最後におみやげ屋さんへ。がまだすドームのキャラクタがんたくんめぐみちゃんがあたたかく迎えてくれます。紐をひっぱると蒸気が出るという、ややブラックジョーク的噴火まんじゅうも名物です。(2007年11月10日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

がまだすドーム(雲仙岳災害記念館)
住所 :長崎県島原市平成町1-1
電話 :0957-65-5555
時間 :09:00~18:00(入館17:00まで)
休館日:年中無休(メンテナンス休館あり)
入館料:大人1000円
駐車場:無料(420台)
関連URL:雲仙岳災害記念館 WEB SITE
※情報修正2016年10月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。