身長2m! 3本指の鬼のミイラを祀るお寺「十宝山大乗院」【大分】

十宝山大乗院 鬼のミイラ
大分県宇佐市四日市にある十宝山大乗院(一鬼取)という真言宗のお寺にやってきました。全身そろった三本指のミイラが祀られています。大学の調査も行われました。

内部は写真撮影禁止でしたので、この写真はフォトショップ合成で再現したものです。

日本家屋の隣が本堂

十宝山大乗院 鬼のミイラ
長い階段を上がると日本家屋が建っています。ここのご住職がお住まいなのでしょうか。声をかけたのですが、どうやらお留守のようです。隣の本堂は開いていましたので拝観させていただくことに。

全身が完全な形で残ってるミイラ

十宝山大乗院 鬼のミイラ
鬼のミイラと言われるものは、全国各地にあります。鬼の子供のミイラや頭蓋骨など写真でご覧になったことがある方もいらっしゃるでしょう。でも十宝山大乗院の鬼はかなり大きく全身が完全な形で残っていてとても珍しいのです。

桃太郎は実在した!? コンクリ像と鬼のミイラ「桃太郎神社」【愛知】
   愛知県犬山市の桃太郎神社は桃太郎の名場面を極彩色のコンクリート像で再現しています。浅野祥雲先生の作品をたっぷり堪能できますよ。鬼のミイラや鬼の金棒などの珍品も展示。
旧家の蔵から発見された鬼の頭と手「村田町歴史みらい館」【宮城】
   宮城県には鬼の頭と手のミイラを展示している博物館があります。妖怪のミイラが博物館の収蔵品となっているのは大変めずらしいケース。 多くは神社仏閣の宝物となっているからです。
真相はいかに!? 鬼の首が供養されているお寺「念興寺」【岐阜】
   山深い岐阜県中濃部に念興寺というお寺があります。ここには昔から鬼の首が供養されていて、一般にも公開されているとのこと。早速美しい川と山に囲まれた和良町へでかけてみました。

動物の死体から作られたものも多い

十宝山大乗院 鬼のミイラ
見世物や輸出用の土産ものとして、動物の死体をつなぎ合わせるなどして作られたミイラが多かったこともあると思います。大きいほど制作が難しくなりますから「鬼の体の一部分」や「子供の鬼」ということにしているのではないでしょうか。

正式に大学の調査が行われている

十宝山大乗院 鬼のミイラ
しかも十宝山大乗院の鬼のミイラが他のミイラと比べてすごいところは、正式に大学の調査が行われていることなんですよ! 人魚のミイラや河童のミイラと違って、鬼はご神体として崇められていることが多く、科学的な調査が行われることは極めて稀なんですね。

撮影禁止のため合成画像を作成

十宝山大乗院 鬼のミイラ
だけどどごめんなさい! ご神体だけあって写真撮影は禁止。代わりに以下は撮影が許可された新聞記事(1984年11/25 スポーツニッポン)の写真となります。実物をお見せできなくて残念です。

身長は約2メートル、三本指のミイラ

十宝山大乗院 鬼のミイラ
三本指の手を組んで体操座りをしています。高さは約1.5メートル。立ち上がると約2メートルでしょうか。目は落ちくぼんでいて口は笑っているかのように開いています。牙や角もしっかり確認できます。

調査の結果、女性の人骨であることが分かった

十宝山大乗院 鬼のミイラ
九州大学が60年前に学術的な調査を行った(※)結果、ミイラの骨は人骨、しかも女性であること。三本指の骨も作り物でなく骨自体が三本に分かれているとのこと。身長2メートル、三本指の女性の鬼……。目の前に座って拝むと背筋がゾクリとします。

2002年に日本テレビの番組内で、麻布大学によるX線撮影調査が行われている。その結果、歯は馬の歯、角は頭骨から生えているものではなく埋め込まれているものと判明した。

恐ろしい鬼のたたり

十宝山大乗院 鬼のミイラ
実はこの鬼のミイラには恐ろしいいわれがあるのです。以前は代々ある名家の家宝とされていたのですが、ある理由で手放され、大正14年に大乗院の檀家が5,500円(現在の価格で5000万円以上)で購入したところ、家の主人が突然原因不明の病で倒れてしまいました。

現在は仏様として信仰されている

十宝山大乗院 鬼のミイラ
鬼のたたりを怖れて大乗院で供養を頼んだところ、たちまち病は癒えました。以後大乗院で大切に安置されています。興味本位で訪れてしまいましたが、大切に供養されている鬼のミイラを見て、今は仏様として地域の方々に親しまれているのだなと感じました。(2006年12月12日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

十宝山大乗院 鬼のミイラ
住所 :大分県宇佐市四日市3761
電話 :0978-32-5290
時間 :09:00~16:00
駐車場:無料
※情報修正2016年07月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。