亡くなった2万人の若者を知る私設博物館「予科練資料館」【大分】

予科練資料館
記事をきっかけに訪れる方が増えることを願って、大分県にある戦争の資料を集めた私設ミュージアム・予科練資料館をご紹介します。元特攻隊員の館長さんにお話をうかがいました。

戦争の悲惨さを伝えるために設立

予科練資料館
予科練資料館の館長さんは大正15年生まれの川野喜一さんです。元特攻隊員の川野さんは、戦争の悲惨さや兵士として亡くなった若者たちについて人々に伝えるためこの資料館をご自宅に設立しました。

元特攻隊員の川野さん

予科練資料館
川野さんは16歳の時に茨城県土浦海軍航空隊に入隊しました。終戦の8月15日までに4回の神風特別特攻隊が出撃しましたが、川野さんは16日に出撃予定だったためギリギリで命拾いをしたわけです。

戦争を美化しているわけではない

予科練資料館
川野さんは戦争や戦死した若者たちを美化するつもりはないとおっしゃいます。しかし「戦争は悪」として歴史を教えず、なかったこととするような今の教育に対して憤りを感じていることや、資料を見て戦争について考えてほしいと願っていることをお話くださいました。

遺品や資料が並べられた館内

予科練資料館
館内にはぎっしりと戦争関係の資料や遺品が並べられています。日本国内だけでなく海外からも取材が来ているそうです。これはハンガリーの知事から送られた、平和活動・友好親善活動に対する感謝状です。川野さんはにこやかに一つ一つの資料を解説してくださいましたが、お話を伺うほど胸が詰まってくるような気がしました。

まだあどけない顔だちの青年たち

予科練資料館
天井近くには死ぬために飛行機に乗らなければならなかった特攻隊員の写真が並んでいました。20歳前後のまだあどけない顔だちです。そんなに遠くない昔の日本で、戦死された若者は18,900名(うち特攻戦死2534名)もいたそうです。

壁一面に特攻隊員の遺書

予科練資料館
壁に一面特攻隊員の遺書が写真とともに貼られていました。残された家族に宛てたものです。どれも美しい字でしたためられています。

「『どうかよく死んでくれた』とそう言ってください」

「写真は受け取ったと泣かずにほめてください」

「命のあるうちは徹底的に頑張り抜く覚悟でおります」

もうたまらないです。「僕はこんなことで死にたくない、助けて!」と書かれたものがひとつもないのが辛い。これが最後に家族に伝える言葉なんでしょうか。20歳ぐらいなんて人生で最も鮮やかで美しく楽しい時期だろうに。

遺品の航空術のノート

予科練資料館
航空術と表紙に書かれたノートには、綺麗な字でグラフや計算式が書かれていました。こんな頭の良い人が若くして亡くなるなんて国として大きな損失です。予科練を志願した学生さんたちはみんな真面目で正義感が強い人だったのかもしれません。

紛失してしまう遺品・資料

予科練資料館
生き残った隊員も現在では高齢化したり亡くなったりしています。遺品や資料が紛失してしまうだけでなく、戦争体験を語る人々が少なくなっているのが非常に残念です。川野さんがいなければ、これらの品々は散逸してしまっていたでしょう。

戦争と向き合う川野さん

予科練資料館
ご存命でも悲惨な体験を語りたくない、目をつぶりたいという方も多いと思います。そんな中、戦争と真正面に向き合って考え、人々に伝えたいという熱意を持っている川野さんは本当に勇気のある方だと感じました。(2006年12月13日訪問)【麻理】

当ブログは「日本珍スポット100景」ですが、珍スポットだけでなく真面目なスポットも数多くご紹介しています。この記事ではちゃかしたりする意図は全くなく、一人でも多くの方が訪れて下さることを願って丁寧に記事にしたつもりです。目を通して下さったあなたには言うまでもないことですが念のため。

参考文献

地図&情報

予科練資料館
住所 :大分県大分市上野が丘1-7-16 川野さん宅
電話 :097-543-1430
時間 :川野喜一さんがいらっしゃる時
入場料:100円
駐車場:1台分のみ。要事前予約。
関連URL:予科練資料館
※情報修正2016年08月

スポンサーリンク

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。