妖怪? UMA? 不思議な河童のミイラ「松浦一酒造」【佐賀】

松浦一酒造 河童のミイラ
日本で最も知られている妖怪・河童。その全身ミイラを間近で見学できるスポットが佐賀にあるんですよ。長年の夢がようやく叶って、伊万里市の造り酒屋・松浦一酒造にお邪魔しました。

小学生の時からの夢がついに叶った!

松浦一酒造 河童のミイラ
小学生の時に学研『ムー』を読んで以来、ずっとこの河童のミイラを見たいと思ってきました。そして30年以上経ってようやく願いが叶いました。河童のミイラは日本中に数あれど、全身そろっているものは数体しかありません。中でも松浦一酒造のミイラは保存状態が良い上に一般公開している、極めて珍しい河童のミイラなのです。

創業1716年・老舗造り酒屋の松浦一酒造

松浦一酒造 河童のミイラ
松浦一酒造(まつうらいちしゅぞう)の創業は1716年。来年には創業300年を迎える老舗の造り酒屋です。2011年には春季全国酒類コンクールでグランプリを受賞、2014年全国新酒鑑評会の金賞受賞、2015年福岡国税局酒類鑑評会の金賞受賞──と様々なコンテストにおいて高く評価されています。

田尻家の収集品を展示した酒蔵

松浦一酒造 河童のミイラ
酒蔵を改造した建物の中は、松浦一酒造を営む田尻家が代々集めてきた品々が展示されています。昔の農具や、酒造りに使う道具がたくさん。なんと言っても300年の歴史がありますからね、博物館並みの収蔵品です。

河童のコレクション多数

松浦一酒造 河童のミイラ
でもやはり目をひくのが河童コレクション。入り口の石像・彫像だけでなく、河童関連の書画やおもちゃ、置物が所狭しと並べられています。

18代目・田尻社長にお話をうかがいました

松浦一酒造 河童のミイラ
そして蔵の奥に進むと、しめ縄が飾られた酒樽が見えてきました。あれが長年ずっと恋い焦がれた河童! ドキドキが止まりません! お客さんがたまたま途切れた時だったので、松浦一酒造の社長18代目の田尻泰浩氏にお話をうかがうことができました。

これがカッパのミイラだ!

松浦一酒造 河童のミイラ
大きさは40cmぐらい。立ち上がると70cmぐらいでしょうか。小動物がうずくまったような形をしています。頭頂部が陥没していて(これが河童の皿かしら?)、丸い眼窩が鼻を挟んで並んでいます。口の中には舌らしきものも見えます。あごはなく直接首につながっています。手の指は5本。足の指は3本。指の間に水かきがあります。背中に甲羅がないこと以外は、いかにも河童といった外見です。

河童のミイラが発見された屋根裏

松浦一酒造 河童のミイラ
それまでも田尻家の当主には代々「何か珍しい物がある」と口伝が残されていたのですが、それが一体何であるかはわかりませんでした。しかし1963年の06月に屋根の葺き替えをしている時に、屋根裏の柱にくくりつけられた古い木箱が見つかりました。

箱書きに「河伯」

松浦一酒造 河童のミイラ
中を開けてみると出てきたのがこのミイラ。その箱書きには「河伯」とありました。河伯とは中国の水神の名前です。水を司る神として河童と同一視されることもあります。酒造りにはきれいな水が欠かせませんから、ミイラを松浦一酒造の守護神として祀ることにしたのでした。

京都大学霊長類研究所調査団による診断

松浦一酒造 河童のミイラ
いったい何のミイラ? 新種の動物? 本物? 疑問は尽きませんが、実は1995年に一度、京都大学霊長類研究所調査団の尚絅大学・藤井尚教(ふじいひさのり)教授による診断が行われているのです。

藤井尚教教授は『サルと河童 サルと河童の強弱関係について(The Monkey and The Kappa -Why is the Monkey stronger than the Kappa?-)』などの論文があり、河童と猿についての伝承研究に詳しい。

胸椎の数は16本

松浦一酒造 河童のミイラ
このミイラの胸椎(きょうつい:脊椎・せきついの一部で、頸椎・けいついと腰椎・ようついの間の部分)の数は16本。人間やサルは12本、豚は14本、犬は13本というように胸椎の数は動物によって違います。16本の胸椎を持つ動物でこの大きさに該当するものはいません。未知の動物なのかしら?

謎は謎のままに

松浦一酒造 河童のミイラ
DNA検査など本格的な学術調査が行われれば正体が判明するのかもしれませんが、田尻氏は「謎は謎のままで」とニコニコされていました。私も賛成です。その方がワクワクするしね。観光客が首をかしげつつミイラに見入っている風景が末永く続くと良いなと思っています。

他のコレクションもぜひ

松浦一酒造 河童のミイラ
河童のミイラも素晴らしいけど、蔵の中のコレクションもぜひご覧いただきたいものばかり。見学に訪れた有名人のサイン、小島功先生の河童イラスト、明治時代のすごろくなんかが面白かったです。かっぱっぱ〜るんぱっぱ〜♪

12月01には毎年「河童祭り」を開催

松浦一酒造 河童のミイラ
松浦一酒造では毎年12月01日に、河童の供養とともに美味しい酒ができることを祈る「河童祭り」が行われるそうです。私は下戸で全くお酒が飲めなかったのですが、お酒好きの旦那様は銘酒の「松浦一」や梅酒など楽しんでましたよ。お酒好き&河童好きはレッツゴー!(2015年01月02日訪問)【麻理】

参考文献

地図&情報

松浦一酒造(まつうらいちしゅぞう)
住所 :佐賀県伊万里市山代町楠久312
電話 :0955-28-0123
時間 :09:00〜17:00
休業日:年中無休
駐車場:無料
関連URL:松浦一酒造株式会社
※情報修正2017年07月

スポンサーリンク

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

「日本珍スポット100景」書籍化

当ブログ「日本珍スポット100景」が書籍化されました。あなたの珍スポ旅行のおともにぜひどうぞ。

訪問の前にご注意

注意事項

……というのは珍スポットではよくあること。上の情報は記事掲載後に変更されている事があります。お出かけの際は事前にご確認ください。(「注意・免責事項」ページ参照

もし「もう閉鎖されたよ」「時間が変更されてた」などの情報がありましたら、早急に修正いたしますのでメールフォームにてお知らせください。あなたの情報が珍スポット(と管理人)を救う!

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。